ブラビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニー > ブラビア


ブラビア(BRAVIA)とは、ソニービジュアルプロダクツ(2014年7月まではソニー)から開発・発売されているデジタルハイビジョンテレビのブランド名。

本ブランド名は、日本国外においても用いられているが、本項では主に日本国内における製品について記載する。

TVCMには女優の川口春奈を起用している。それ以前は女優の篠原涼子とミュージシャンの矢沢永吉を起用しており、篠原はV5およびEX700シリーズ、矢沢はF5、W5シリーズとモデルによって使い分けていた時期もあった。また、2010 FIFAワールドカップオフィシャルテレビ[1]ということもあって、サッカー日本代表・内田篤人鹿島アントラーズ)を起用したCMもあった。

特徴など[編集]

BRAVIAはBest Resolution Audio Visual Integrated Architectureの略称で、2005年8月にソニーの経営不振の主要な原因になっていたテレビ部門の復活をこめて、ブランド変更された。以前のブランド名はWEGAであった。一方、同社の業務用液晶カラービデオモニターのブランド名は「LUMA」(ルーマ)である。韓国サムスン電子との合弁会社S-LCD(韓国牙山市)で生産する液晶パネル及び液晶モジュールを使用することで、短期間で液晶テレビの供給体制を整えた。

2005年の年末商戦で成功し、シャープのシェアを圧迫するまでに売上が回復した。国内では「液晶はシャープ」のイメージが強く、AQUOSが圧倒的に強いが、海外ではソニーのブランド知名度の方が高く、2006年の液晶テレビ世界シェア(金額ベース)1位はソニーだった。 2007年にはフルスペックハイビジョンのラインナップ拡充が遅れたためシェアを落としたが、同年9月に市販品としては最大の70V型を含むフルHDの15製品を一挙に発売した。また、2008年3月にはソニー最小の16V型を発売した。 2008年2月26日にはソニーは、シャープが堺市堺泉北臨海工業地帯に建設する液晶パネル工場(→シャープ堺工場)にソニーが資本参加すると発表した。新工場の建設と運営をシャープとソニーの合弁会社が行なう形となる。[2]。ソニーは、サムスンからの提携から撤退し、シャープとの合弁会社から液晶パネルの供給を受ける。

リアプロジェクションテレビ(リアプロ)はフルスペックハイビジョンのSXRDパネルを採用し、色域や応答速度、コントラストを従来モデルより引き上げたAシリーズと透過型小型液晶パネルを使用した廉価版のEシリーズがあるが、2007年11月までに全機種生産終了し、ソニーは長年生産してきたリアプロから撤退した(2008年9月には、大手メーカーで最後までリアプロを製造していたビクターも撤退し、事実上日本国内からリアプロが消滅した。)。

高画質機能として、アナログ映像からハイビジョン映像まで様々な映像信号をリアルタイムに解析し、高コントラストで精細感のある映像を作り出す『ブラビアエンジン』を2010年までに生産された大部分の機種に搭載。さらに2011年からは、超解像技術を応用した新エンジン『X-Reality』を搭載する。加えて大部分のモデルでは倍速液晶技術『モーションフロー』を搭載する。『モーションフロー』は、1/60秒(60i)のコマとコマとの間に発生する「ぼやけ」を補正して補間映像を生成する『IBリダクション機能』を業界で初めて搭載した。また倍速液晶技術に関しては、1/60秒(60i)のコマとコマとの間に3コマの補間映像を生成し挿入する、世界初の4倍速液晶技術が2008年にBRAVIAに搭載され、現在も上位モデルを中心に普及している。 全シリーズ共通のユーザーインターフェイスとしては、クロスメディアバー(XMB)の採用が特徴。当初は2005年9月に発売されたXシリーズのみに採用され、携帯電話のような折りたたみ形のリモコンも特徴であったが、2006年9月に発売されたX2500シリーズではこれらのものを廃止し、使いやすさや見やすさを重視した新シンプルリモコンが採用されている。その後、2007年4月に発売されたJ3000/J5000シリーズからクロスメディアバーが復活し全シリーズに採用されるようになったが、2011年春モデルからは再び廃止され、新しいUIが採用された。2007年9月以降に発売された一部機種には、無線通信を使用し画面に向けなくても操作できる「おき楽リモコン」が付属している。

シャープの「亀山モデル」に対抗して「稲沢モデル」を名乗ったり(後述)、ワンセグ対応携帯電話でも「AQUOSケータイ」に対抗して「BRAVIAケータイ」を発表したりと、「AQUOS」を意識している傾向が見られる。

なお、地上デジタルテレビジョン放送非対応機のみが最後まで生産されていたトリニトロンカラーテレビが2007年4月に生産を終了したため、ソニーはブラウン管テレビおよび地デジ非対応テレビがラインアップから消滅した。また、WEGAブランド時代はプラズマテレビの販売もしていたが、BRAVIAブランドのプラズマテレビはラインアップされていない。

ソニーは当初から37型及び42型の液晶テレビは販売せず、その代わりに40型を販売している(近年は競合他社も37型と42型を廃止して40型に統合するメーカーが増加している)。

型番法則[編集]

2013年春モデル以降の型番法則は、以下のとおりである。

  • ハイビジョンモデル:KDL-画面サイズ+W+シリーズを表す3桁の数字(900系は最上位機、800系は大型の上位機、700系は中型の上位機、600系は普及機、500系は中型の普及機)+世代を表すアルファベット
  • 4K UHD(3840×2160)パネル搭載モデル:KD-画面サイズ+X+シリーズを表す4桁の数字(9000系は最上位機、8000系は上位機)、9200シリーズ以降の機種では世代を表すアルファベットが付記される。

過去の型番法則[編集]

2010年春モデル~
KDL-画面サイズ+シリーズを表すアルファベット(LXは3D対応4倍速機、HXは3Dメガネは付属しない3D対応高画質4倍速機、NXはモノリシックデザイン4倍速機、EXは普及機、BXは32型以下のHDD搭載機、CXは小型機)+シリーズを表す数字(9は最上位機、8は上位機、7はLED搭載の普及機、5は普及機、4は2011年春モデルの小型機、3は2010年春モデルの小型機)+世代を表す数字(2010年春~夏発売のモデルは0、2010年秋発売のモデルは1[注釈 1]、2011年春発売のモデルは2[注釈 2]、2012年春発売のモデルは5[注釈 3])+録画機能、スピーカーを表す数字(0は録画非対応またはUSBHDD録画対応モデル、HはHDD搭載モデル、RはHDD+BD搭載モデル、Sは大型スピーカー搭載モデル)
2008年春モデル~
KDL-画面サイズ+シリーズを表すアルファベット(XRは最上位機、Xは上位機、Wは4倍速対応高画質機、Fは高画質機、Vは普及機、Jは小型機、Mは超小型機)+世代を表す数字(2008年発売のモデルは1、2009年発売のモデルは5)
2007年春モデル~
KDL-サイズ+シリーズを表すアルファベット(Xは最上位機、Wは上位機、Vは主力機、Sは普及機、Jは小型機中心の最下位機)+シリーズを表す数字(受注生産モデルは7000、倍速搭載モデルは5000、倍速非搭載モデルは3000)
2005年秋モデル~(液晶)
KDL-サイズ+シリーズを表すアルファベット(Xは最上位機、Vは主力機、Sは普及機、Jは小型機)+世代を表す数字(2005年秋発売のモデルは1000、2006年春発売のモデルは2000、2006年秋発売のモデルは2500)
2005年秋モデル(リアプロジェクション)
KDF-サイズ+シリーズを表すアルファベット(2005年秋モデルのリアプロはE)+世代を表す数字(2005年秋モデルは1000)
2006年秋モデル(リアプロジェクション)
KDS-サイズ+シリーズを表すアルファベット(2006年秋モデルのリアプロはA)+世代を表す数字(2006年秋モデルは2500)

現在のラインアップ[編集]

ブラビアは2014年4月現在、24V型/32V型/40V型/42V型/46V型/48V型/49V型/50V型/55V型/60V型/65V型/70V型/85V型の13サイズをラインナップしており、画面解像度は24V型はハイビジョン、32V型はハイビジョンとフルハイビジョンの2種類、40V型~48V型と50V型・60V型はフルハイビジョン、55V型はフルハイビジョンと4K UHDの2種類、49V型と65V型以上は4K UHDとなる。

ホテル客室など非家庭用市場向けにはメーカーオプションで仕様変更改造が可能となっている。(例:本体ボタンを全て無効にする、外部入力を無効にする)

  • X9500Bシリーズ - 新たに設定された4K UHDプレミアムモデルの最上位機。映像の明るさに応じてLEDバックライトを発光するエリアごとに制御する部分駆動において、独自のアルゴリズムに基づいて、映像の暗い部分の電流を明るい部分に集中させ、電流の集中度合いを最大約3倍に高めた高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッドダイナミックレンジ・プロ)」を新たに搭載したことで、電力消費を抑えながら高いピーク輝度と黒の再現性を両立し、光の表現力を向上。併せて、「ブラビア」の4K対応モデルでは初めて「直下型LED部分駆動」を採用し、より緻密にコントロールすることで暗いシーンでの奥行き感や微妙なディテールまで美しく再現できる。スピーカーは本体下部に配置した2つの大容量スピーカーボックスに長いダクトを折りたたんで収納し、ダクトを通すことで豊かな中低音域を再現し、音のひずみを少なくすることで音声が聞き取りやすくなる「ロングダクトスピーカー」を採用。また、高精度なデジタル信号処理によって理想的な音響特性に補正する「Clear Phase(クリアフェーズ)テクノロジー」、スピーカーだけでマルチサラウンドスピーカーシステムの音場をバーチャルに再現できる「S-Forceフロントサラウンド」、全体の音量を変えずに声の音量のみを調整できる「ボイスズーム」で構成されたデジタル音声信号処理技術「ClearAudio+」も採用された。さらに、電源オフから1秒前後で素早く起動できる「高速起動」や放送番組・録画番組などをリモコンの「番組チェック」で素早く呼び出して選択・再生できる「番組チェック」機能を備えた「快速設計」に加え、スマートフォンのような操作ができ、対応のXperiaではスマートフォンやタブレットの画面をそのままテレビに映し出せるワンタッチミラーリングにも対応した「タッチパッドリモコン」を同梱した。また、マイク内蔵コミュニケーションカメラやポートリプリケーターも同梱される。
KD-85X9500B (85V型)
KD-65X9500B (65V型)
  • X9200Bシリーズ - X9200Aシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデル。本シリーズにも電流の集中度合いを最大約2倍に高めた高輝度技術「X-tended Dynamic Range(エクステンティッドダイナミックレンジ)」を採用。LEDバックライトは「エッジ型LED部分駆動」となる。音質面ではデジタル音声信号処理技術「ClearAudio+」を備えたほか、X9200Aシリーズから継続採用している磁性流体スピーカーを改良し、新たにグラスファイバー製の振動板を採用するとともに、本体構造をくさび形にして筐体内に大容量のスピーカースペースを確保したことで背面に設置していたサブウーファーを前面左右下部に移動し、すべての音域での高音質と締まりの良い低音を実現した。X9500シリーズ同様、高速起動に対応し、「番組チェック」機能を搭載。タッチパッドリモコンとポートリプリケーターを同梱しているが、マイク内蔵コミュニケーションカメラは本体に内蔵した。
KD-65X9200B (65V型)
KD-55X9200B (55V型)
  • X8500Bシリーズ - X8500Aシリーズ後継の4K UHDプレミアムモデル。X9500B/X9200Bシリーズ同様、デジタル音声信号処理技術「ClearAudio+」が新たに備わったほか、高速起動に対応し、「番組チェック」機能を搭載。タッチパッドリモコンとマイク内蔵コミュニケーションカメラを同梱している。また、サイズラインナップを拡大し、アクティブシャッター方式の3D方式に対応し、X9500Bシリーズ同様にロングダクトスピーカーを搭載した70V型と、4K UHD対応「ブラビア」では最小サイズとなる49V型が新設されて4サイズとなった。
KD-70X8500B (70V型)
KD-65X8500B (65V型)
KD-55X8500B (55V型)
KD-49X8500B (49V型)
  • W920Aシリーズ - W900Aシリーズ後継のフルハイビジョンプレミアムモデル。W900Aシリーズ同様、超解像エンジン「X-Reality PRO」、「トリルミナスディスプレイ」、4倍速技術とLEDバックライト制御技術を組み合わせることでくっきりとなめらかな映像を表示できる「モーションフローXR960」、「ロングダクトスピーカー」を搭載。新機能として、全体の音の大きさを変えることなく映像に応じて声の音量だけを調整することができる「ボイスズーム」を搭載した。
KDL-55W920A (55V型)
KDL-46W920A (46V型)
KDL-40W920A (40V型)
  • W900Bシリーズ - 既存の42W800Bの上位機種として2014年8月に新設したフルハイビジョンプレミアムモデル。超解像エンジン「X-Reality PRO」に加え、「トリルミナスディスプレイ」、X9200Bシリーズに搭載されている高輝度技術「X-tended Dynamic Range」、倍速稼働パネルとバックライトオン/オフ技術を組み合わせることで4倍速相当の滑らかな映像を実現する「モーションフローXR240」を搭載。LEDバックライトは映像をブロック単位に分けて部分制御し、シーンに応じて不要な発光を抑えることで高コントラストを実現する「エッジ型LED部分駆動」に、スピーカーはW920Aシリーズと同じ「ロングダクトスピーカー」にスペックアップされる。
KDL-42W900B (42V型)
  • W800Bシリーズ - W802Aシリーズ後継のフルハイビジョンハイスペックモデル。W802Aシリーズ同様、超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載。また、W920Aシリーズ同様に「ボイスズーム」を搭載したほか、「S-Forceフロントサラウンド」は5.1ch信号入力をダイレクトに5.1ch処理が可能となり、広がり感や包みこむような空気感までリアルに表現できるようになったことで、W802Aシリーズで搭載済みの「Clear Phaseテクノロジー」とあわせてデジタル信号処理技術「ClearAudio+」にグレードアップされた。また、電源オフから1秒前後で素早く起動する「高速起動」や放送番組・録画番組などをリモコンの「番組チェック」で素早く呼び出して選択・再生できる「番組チェック」機能も備わった「快速設計」となり、番組を見ながら関連ツイートをチェックできる「ソーシャル視聴/Twitter連携」やワンボタンでサッカー視聴用に最適化された画質・音質モードに自動切替する「サッカーモード」も搭載された。ルームリンク連携も強化され、ルームリンクに対応したBDZnasneで録画した番組を「番組チェック」や「録画リスト」で探したり、TV側の番組表で録画機器への録画予約を設定したり、録画機器側で作成されたチャプターを利用してみたいシーンを探すことができるようになり、TV側のリモコンで録画機器の操作が可能となった。スタンドも簡単に壁掛けができる「壁掛け対応テーブルトップスタンド」となった。一方で、W802Aシリーズに設定されていた47V型が廃止となり、42V型と50V型の2サイズの設定となり、倍速技術とLEDバックライト制御を組み合わせた「モーションフローXR240」は50V型のみの搭載となった。50V型は3D方式が従来のパッシブ方式からアクティブシャッター方式に変更となった。
KDL-50W800B (50V型)
KDL-42W800B (42V型)
  • W700Bシリーズ - 2014年春モデルで新たに設定された中型のフルハイビジョンハイスペックモデル。機能面は前述の42W800Bと同等で、32V型のみの設定である。なお、32V型でフルハイビジョンモデルが設定されるのは2012年春モデルの32HX750以来となる。
KDL-32W700B (32V型)
  • W600Bシリーズ - W650Aシリーズ後継のフルハイビジョンハイスペックモデル。W700B/W800Bシリーズ同様、「ボイスズーム」を備えた「ClearAudio+」や「快速設計」・「ソーシャル視聴/Twitter連携」・「サッカーモード」・改良型ルームリンクを搭載。W800Bシリーズでは搭載されている明るさセンサーと3D視聴機能が省かれており、W650Aシリーズに採用されていた「壁掛け対応テーブルトップスタンド」が非採用となった。サイズラインナップは40V型に加えて48V型と60V型を追加して3サイズとなり、60V型には倍速技術とLEDバックライト制御を組み合わせた「モーションフローXR240」も搭載される。
KDL-60W600B (60V型)
KDL-48W600B (48V型)
KDL-40W600B (40V型)
  • W600Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したハイビジョンスタンダードモデル。32V型は据置スタンドを壁掛け金具として使用できる「壁掛け対応テーブルトップスタンド」を採用。2013年8月にナチュラルブラックとホワイトの2色から選べるパーソナルサイズの24V型を追加。
KDL-32W600A (32V型) ※生産完了
KDL-24W600A (24V型)
  • W500Aシリーズ - 32W600A後継のハイビジョンスタンダードモデル。スリムアルミフレームを採用することで省スペースで設置できる。スタンダードモデルにも全体の音量を変えることなく声の音量だけを調整できる「ボイスズーム」を備えている。なお、32W600Aに採用していた「壁掛け対応テーブルトップスタンド」は非採用となった。
KDL-32W500A (32V型)

過去のモデル[編集]

2005年秋-1000シリーズ-[編集]

XMBや折りたたみリモコン、ベガゲートなどは液晶WEGAから引き継がれている。

  • X1000シリーズ - 初代BRAVIAの最上位モデル。XMB搭載
KDL-46X1000 (46V型)
KDL-40X1000 (40V型)
  • V1000シリーズ - 初代BRAVIAの主力モデル。ベガゲート搭載。
KDL-40V1000 (40V型)
KDL-32V1000 (32V型)
  • S1000シリーズ - 初代BRAVIAの普及モデル。ベガゲート搭載。
KDL-40S1000 (40V型)
KDL-32S1000 (32V型)
  • E1000シリーズ - 透過型LCDパネルを3枚搭載し(3LCD)、美しく迫力のある大画面が省電力・省スペース・低価格で楽しめる液晶プロジェクションテレビ。ベガゲート搭載。
KDF-50E1000 (50V型)
KDF-42E1000 (42V型)

2006年春-2000シリーズ-[編集]

この機種から「新シンプルリモコン」が登場しXMBやベガゲートなどのナビゲーション機能は排除された。

  • V2000シリーズ -
KDL-46V2000 (46V型)
KDL-40V2000 (40V型)
KDL-32V2000 (32V型) (32V型はフルHDパネル未搭載)
  • S2000シリーズ
KDL-46S2000 (46V型)
KDL-40S2000 (40V型)
KDL-32S2000 (32V型)
KDL-26S2000 (26V型)
KDL-23S2000 (23V型)
KDL-20S2000 (20V型)

2006年秋-2500シリーズ-[編集]

  • X2500シリーズ - 「ライブカラークリエーション」や「ブラビアエンジンプロ」をはじめ、ソニーの高画質技術が惜しみなく投入されたフラッグシップモデル。D5端子を搭載。「フルHDパネル」を搭載。また環境に応じて6色のボディーカラーを用意している。ただし先代のX1000シリーズに搭載されていたi.LINK端子は本シリーズ以降搭載されていない。(なお、X2550は外枠をピアノブラック仕上げに変更した注文生産品。)
KDL-52X2500/X2550 (52V型)
KDL-46X2500/X2550 (46V型)
KDL-40X2500/X2550 (40V型)
  • V2500シリーズ - 「黒」の美しさを、さらに際立たせるクール&モダンデザイン。「ライブカラークリエーション」、「フルHDパネル」搭載した量産モデル。
KDL-46V2500 (46V型)
KDL-40V2500 (40V型)
KDL-32V2500 (32V型) (32V型はフルHDパネル未搭載)
  • S2500シリーズ
KDL-40S2500 (40V型)
KDL-32S2500 (32V型)
  • A2500シリーズ - フルHDパネル「SXRD」搭載プロジェクションテレビ。フィルムのような滑らかな高精細画像と、豊かな黒の再現力。映画の美しさを描く。
KDS-60A2500 (60V型)
KDS-50A2500 (50V型)

2007年春-3000/5000シリーズ-[編集]

  • J5000シリーズ - ソニー10bitカラーパネル、ブラビアエンジンの高画質化にライブカラークリエーションを採用、モーションフロー(倍速駆動)で60フレームから120フレームへの変換、更に業界初の24フレームを120フレームへ変換、DLNAアクトビラといったネットワークシステムも対応、新スタンダードモデル。初代に搭載されていたXMBも若干仕様(デザインなど)を変更して復活した。
KDL-40J5000 (40V型)
KDL-32J5000 (32V型)
  • J3000シリーズ - Sシリーズの後継。ブラビアエンジンの高画質化にライブカラークリエーションを採用(32インチ以上のみ)、DLNAといったネットワークシステムも対応、新スタンダードモデル。
KDL-40J3000 (40V型)
KDL-32J3000 (32V型)
KDL-26J3000 (26V型)
KDL-20J3000 (20V型)
※40V型は2007年秋に生産完了。

2007年秋-3000/5000/7000シリーズ-[編集]

  • X7000シリーズ - フラッグシップモデル。機能面は当時のX5000シリーズと同等でバックライトを蛍光管からトリルミナスへ変更し色再現性を高めている。市販されている液晶テレビとしては最大の70V型のみで受注生産、市場価格は400万円。2007年9月より販売開始。
  • また、タイの王様使用というピアノブラックの部分がゴールドのタイプも存在する。世界に2台位 価格500万円以上
KDL-70X7000 (70V型)
  • X5000シリーズ - 「ライブカラークリエーション」や「ブラビアエンジンプロ」等、X2500からの技術を受け継ぐと共に120Hz駆動「モーションフロー」に対応。単なるフレームレート倍増にとどまらず、元々動きがぼやけた映像を補完する効果もあるIBリダクションを搭載。また、"x.v Color"や"30bit,36bit deep colorへの対応、さらに10bit処理による階調表現の向上などX2500から大幅に機能が追加され名実共にフラグシップ製品となっている。2007年9月より販売開始(X5050は外枠をピアノブラック仕上げに変更した注文生産品)。
KDL-52X5000/X5050 (52V型)
KDL-46X5000/X5050 (46V型)
KDL-40X5000/X5050 (40V型)
  • W5000シリーズ - デザインとスピーカーの仕様が異なる以外はX5000シリーズとほぼ同一仕様。フレームがより細くなりX5000シリーズよりコンパクト。
KDL-52W5000 (52V型)
KDL-46W5000 (46V型)
KDL-40W5000 (40V型)
  • V5000シリーズ - 倍速駆動や高音質スピーカーではないなど高品質機構が省略された上級型普及モデル。
KDL-52V5000 (52V型)
KDL-46V5000 (46V型)
KDL-40V5000 (40V型)
  • V3000シリーズ - V5000に比べておき楽リモコン、地上アナログ放送のゴーストリダクションなどを省略した普及モデル。
KDL-46V3000 (46V型)
KDL-40V3000 (40V型)

2008年春-F1/V1/J1/JE1/M1シリーズ-[編集]

  • F1シリーズ - デザイン重視の新モデル。倍速駆動を搭載している。32Vは非フルHD。V1シリーズとほぼ同じ仕様ながら、従来モデルよりもより細くなったフレームの採用と薄型化が特徴的。
KDL-46F1 (46V型)
KDL-40F1 (40V型)
KDL-32F1 (32V型)
  • V1シリーズ - V3000/V5000シリーズの後継。大画面の普及モデル。V3000/5000とは違い倍速駆動も対応した。(ただし、シングルチューナーであることやHDMI端子の数、倍速駆動の駆動数などで上位モデルとの差がある)
KDL-52V1 (52V型)
KDL-46V1 (46V型)
KDL-40V1 (40V型)
  • J1/JE1シリーズ - J3000シリーズの後継。エントリーモデル。JE1は低消費電力版。
KDL-32JE1 (32V型)
KDL-32J1 (32V型)
KDL-26J1 (26V型)
KDL-20J1 (20V型)
  • M1シリーズ - 小型モデル。ソニー最小の16V型も初めてラインナップに加わった(なお、16Vはシャープが2007年3月に初めて発売)。
KDL-20M1 (20V型)
KDL-16M1 (16V型)

2008年秋-XR1/X1/W1/ZX1シリーズ-[編集]

  • XR1シリーズ - 2008年秋モデルのフラッグシップ。バックライトを蛍光管からトリルミナスへ変更し色再現性を高めている。さらにバックライトの部分駆動によりダイナミックコントラスト比を向上させている。
KDL-55XR1 (55V型)
KDL-46XR1 (46V型)
  • X1シリーズ - X5000シリーズ後継。
KDL-52X1 (52V型)
KDL-46X1 (46V型)
KDL-40X1 (40V型)
  • W1シリーズ - W5000シリーズ後継。世界初の4倍速駆動モデル。
KDL-46W1 (46V型)
KDL-40W1 (40V型)
  • ZX1シリーズ - 世界最薄モデル。チューナー分離型で、チューナー部とディスプレイ部の間は映像・音声とも無線伝送。
KDL-40ZX1 (40V型)

2009年春-W5/F5/V5/J5シリーズ-[編集]

  • W5シリーズ - W1シリーズ後継。世界初4倍速液晶「モーションフロー240コマ」搭載のダブルチューナーモデル。おき楽リモコンには、Felicaポートを搭載したほか、環境に配慮し、電源コードを抜かずに電源オフ時の電力をほぼ0Wにできる主電源スイッチを新たに搭載している。
KDL-52W5 (52V型)
KDL-46W5 (46V型)
KDL-40W5 (40V型)
  • F5シリーズ - F1シリーズ後継。世界初4倍速液晶「モーションフロー240コマ」搭載のシングルチューナーモデル。ただし32Vは非フルHDで2倍速駆動。シングルチューナーである以外は、W5シリーズと性能・機能はほぼ同一。
KDL-46F5 (46V型)
KDL-40F5 (40V型)
KDL-32F5 (32V型)
  • V5シリーズ - V1シリーズの後継。テレビの前から人が離れると自動で消画状態になり、再び人の動きを検知すると自動的に画面オンになる世界初の「人感センサー」や電源コードを抜かずに電源オフ時の電力をほぼ0Wにできる主電源スイッチを搭載した大画面省エネ機能搭載モデル。カラーはブラックとホワイト。
KDL-46V5 (46V型)
KDL-40V5 (40V型)
  • J5シリーズ - J1/JE1シリーズの後継。低消費電力設計により消費電力を削減。インテリアとしての上質なデザイン、カラーバリエーションを追求したエントリーモデル。リモコンはシンプルリモコンを採用。カラーは、クリスタルブラック・セラミックホワイト・アンバーブラウン・サファイアブルー。
KDL-32J5 (32V型)
KDL-26J5 (26V型)
KDL-22J5 (22V型)
KDL-19J5 (19V型)

2009年秋-ZX5シリーズ-[編集]

  • ZX5シリーズ - ZX1シリーズの後継モデル。ZX1同様、世界最薄モデル。チューナー分離型で、チューナー部とディスプレイ部の間は映像・音声ともに無線伝送。世界初4倍速液晶「モーションフロー240コマ」を搭載。おき楽リモコンは、リンクメニュー対応で、Felicaポートを搭載。
KDL-52ZX5(52V型)
KDL-46ZX5(46V型)

2010年春-LX900/HX900/HX800/HX700/NX800/BX30H/EX700/EX500/EX300シリーズ-[編集]

  • LX900シリーズ - 3D対応モデルの最上級シリーズ。LEDバックライトのオン/オフ技術により動きのある映像をさらになめらかにする「クリアモード」を追加した「モーションフロープロ240Hz」を搭載。LEDはパネルのエッジ部のみに配列した「エッジ型LEDバックライトパネル」を採用。また、液晶パネル部と前面のガラス板の間に新開発の樹脂を挟み込んだことでくっきりとした映像を映し出す「オプティコントラストパネル」を採用した。また、顔認識機能と動き検知機能付の「インテリジェント人感センサー」を搭載。かしこく節電できる3つのセンサーモードを搭載している他、画面に近づきすぎると映像が消えてメッセージとアラーム音で知らせる「近すぎアラーム」機能や座る場所を気にしなくても左右の音声バランスと映像を最適な状態に自動調整する「視聴位置自動調整」機能も備える。3D視聴に必要な3Dシンクロトランスミッターを内蔵しており、3Dメガネも最初から2個付属している。
KDL-60LX900 (60V型)
KDL-52LX900 (52V型)
KDL-46LX900 (46V型)
KDL-40LX900 (40V型)
  • HX900シリーズ - XR1シリーズ後継。先進の映像技術を結集した3D対応最高画質モデル。超解像技術「インテリジェントイメージエンハンサー」を搭載するほか、圧縮時に生じる特有のノイズを高精度で除去する「インテリジェントMPEGノイズリダクション」を搭載。さらに、4倍速液晶技術にLEDバックライトのオン/オフ制御技術を追加し、動きのある映像をさらにくっきりと再現する「クリアモード」を備えた「モーションフロープロ240Hz」を搭載する。LEDバックライトもシーンの明るさに応じて部分制御する直下型「インテリジェントダイナミックLED」を搭載し、映像本来の黒の深みを再現した。主電源スイッチ搭載、「ブラビア ネットチャンネル」対応。なお、3D映像を視聴するには、別売りの3Dシンクロトランスミッターと3Dメガネが必要となる。
KDL-52HX900 (52V型)
KDL-46HX900 (46V型)
  • HX800シリーズ - スリムベゼルデザインを採用した4倍速3D対応モデル。バックライトにエッジ型LEDバックライトを採用し、ブラビアでは初となるエッジ型LEDバックライトの部分駆動を実現する「ダイナミックエッジLED」を搭載。またパネルには光の分散や反射を抑える「クリアブラックパネル」を採用。さらに動きのある映像をさらにくっきりと再現する「クリアモード」を備えた「モーションフロープロ240Hz」も搭載する。3D映像を視聴するには、別売りの3Dシンクロトランスミッターと3Dメガネが必要となる。
KDL-46HX800 (46V型)
KDL-40HX800 (40V型)
  • HX700シリーズ - F5シリーズ後継。画面に当たる光の反射や拡散を大幅に低減し、画面がぼんやりと白っぽく見える「白ぼやけ」を最小限に低減した「クリアブラックパネル」を採用した4倍速モデル。「ブラビア ネットチャンネル」対応。
KDL-46HX700 (46V型)
KDL-40HX700 (40V型)
  • NX800シリーズ - リビングに調和する「モノリシックデザイン」を採用したLED+4倍速モデル。小型サイズのLEDをパネルのエッジのみに配列した「エッジ型LEDバックライトパネル」により、省電力と薄型化を可能にした。また、光の反射や拡散を大幅に低減し、「白ぼやけ」を最小限に低減した「クリアブラックパネル」も搭載する。「ブラビア ネットチャンネル」に対応し、無線LAN機能も搭載した。
KDL-46NX800 (46V型)
KDL-40NX800 (40V型)
  • BX30Hシリーズ - ブラビア初のHDD内蔵モデル。今視聴中の番組をリモコンの録画ボタン一つで録画でき、録画した番組を見るときも消去する時もリモコン一つで操作可能。地上デジタル放送画質で最大65時間の録画を実現している。〈ブラビア〉エンジン3搭載。カラーはブラックとホワイトの2色。
KDL-32BX30H (32V型・500GB HDD内蔵)
KDL-26BX30H (26V型・500GB HDD内蔵)
KDL-22BX30H (22V型・500GB HDD内蔵)
  • EX700シリーズ - V5シリーズ後継。ブラビアネットチャンネル対応ハイスタンダードモデル。高画質回路「ブラビアエンジン3」を採用するほか、倍速液晶技術「モーションフロー120Hz」を搭載し、さらに白色LEDをパネルのエッジのみに配置した「エッジ型LEDバックライト」を採用することで、更なる高画質を実現した。またV5シリーズの「人感センサー」、「主電源スイッチ」を継承し、さらにバックライトにLEDを採用することで、さらなる省電力化を実現した。カラーはブラックとホワイトが選べる(KDL-52EX700はブラックのみ)。なお、EX700シリーズは32V型もフルハイビジョンパネルを採用する。
KDL-52EX700 (52V型)
KDL-46EX700 (46V型)
KDL-40EX700 (40V型)
KDL-32EX700 (32V型)
  • EX500シリーズ - 高画質回路「ブラビアエンジン3」や倍速液晶技術「モーションフロー120Hz」を搭載し、インターネット動画を大画面で視聴できる「ブラビア ネットチャンネル」に対応したフルハイビジョン液晶搭載の大画面ベーシックモデル。
KDL-40EX500 (40V型)
  • EX300シリーズ - J5シリーズ後継。高画質回路「ブラビアエンジン3」を搭載し、インテリアにあわせて選べるカラーバリエーションをそろえた「ブラビア ネットチャンネル」対応エントリーモデル。カラーはホワイト、ブラック、ブラウン、ピンクの4色(ピンクはKDL-22EX300のみ設定)。
KDL-32EX300 (32V型)
KDL-26EX300 (26V型)
KDL-22EX300 (22V型)

2010年秋モデル-HX80R/EX30R/EX710シリーズ-[編集]

  • HX80Rシリーズ - ブラビア初のBlu-ray Discドライブ&HDD搭載モデル。2番組同時録画も可能。性能面はHX800シリーズと同等で、3D映像の視聴にも対応する(3Dシンクロトランスミッター・3Dメガネは別売り)。
KDL-55HX80R (55V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
KDL-46HX80R (46V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
KDL-40HX80R (40V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
  • EX30Rシリーズ - Blu-ray DiscドライブとHDDを搭載した録画対応モデル。2番組同時録画も可能。性能面はEX300シリーズと同等。
KDL-32EX30R (32V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
KDL-26EX30R (26V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
  • EX710シリーズ - 前述のEX700シリーズの狭額フレームタイプ。フレームを狭くしたことで高さと幅が小さくなったため、EX700シリーズに比べ、32V型で約11%、40V型で約10%スリム化されており、大画面ながら省スペースで設置できる。機能面はEX700と同等で、人感センサー、LEDバックライト、倍速液晶「モーションフロー120Hz」などが搭載されている。「ブラビア ネットチャネル」対応。前述のEX700シリーズ同様、32V型もフルハイビジョンパネルを採用する。
KDL-40EX710 (40V型)
KDL-32EX710 (32V型)

2011年春モデル-HX920/HX820/HX720/NX720/EX52H/EX42H/EX720/EX72S/EX420/CX400シリーズ-[編集]

「ブラビア ネットチャンネル」対応機種であれば、現行の「Sony Entertainment Network」内のほとんどのサービスが利用可能である。

  • HX920シリーズ - HX900シリーズ後継。映像を高精度に解析し、映像ソースに合わせた高画質化処理を行う「X-Reality(エックスリアリティ)」に高画質化技術"DRC"をベースに進化させた画質回路「XCA7」を組み合わせて構成された「X-Reality PRO」を搭載。映像本来の鮮鋭感を蘇らせることで、映像表現力を向上した。さらに、ソニー独自の4倍速表示に映像の表示タイミングに合わせてバックライトを高速駆動させる「バックライトブリンキング」を行うことで16倍駆動相当の動画性能を実現させた「モーションフローXR960」を搭載した。バックライトには直下型LED「インテリジェントピークLED」を採用し、3D映像ではより明るく、2D映像でもバックライトの発光を最適制御することで本来の黒の深みを表現した。また、こまめに節電をサポートする「インテリジェント人感センサー(顔認識機能付)」、従来のHX900シリーズでは別売りだった3Dシンクロトランスミッターを搭載し、外付けUSBハードディスクによる録画に対応した。インターネットテレビ機能に関しても「ブラビアネットチャンネル」・Skypeに加え、新たにFacebookなどのアプリが追加され、さらに充実した(3Dメガネは別売り)。2011年11月には現行のブラビアの中で最大サイズとなる65V型を追加発売した。
KDL-65HX920 (65V型)
KDL-55HX920 (55V型)
KDL-46HX920 (46V型)
  • HX820シリーズ - HX800シリーズ後継。バックライトブリンキング技術を採用することで8倍速相当の残像低減を実現する「モーションフロー XR480」を搭載するほか、エッジ型LEDバックライトの部分駆動を実現する「ダイナミックエッジLED」を搭載する点以外はHX920シリーズと共通。HX800シリーズでは必要だった3Dシンクロトランスミッターを新たに搭載した(3Dメガネは別売り)。
KDL-55HX820 (55V型)
KDL-46HX820 (46V型)
  • HX720シリーズ - HX700シリーズ後継。無線LAN機能のオプション化(別売りのUSB無線LANアダプター対応)、「クリアブラックパネル」・「人感センサー」を採用する点を除いてはHX820シリーズと共通(3Dメガネは別売り)。
KDL-46HX720 (46V型)
KDL-40HX720 (40V型)
  • NX720シリーズ - 高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」や倍速稼働とバックライト制御を行うことで4倍速稼働相当のなめらかな映像を実現する「モーションフローXR240」を搭載。無線LAN機能やインテリジェント人感センサーを搭載しており、別売りの3Dメガネを利用することで3D映像も楽しめる。
KDL-46NX720 (46V型)
KDL-40NX720 (40V型)
  • EX52Hシリーズ - 本体だけで最長約65時間の録画ができるHDD内蔵フルハイビジョンモデル。エッジ型LEDバックライトや「イーゼルスタンド」を採用するほか、映像をよりなめらかにする倍速駆動パネル+「モーションフロー120」も搭載されている。
KDL-40EX52H (40V型・500GB HDD内蔵)
  • EX42Hシリーズ - 本体だけで最長約65時間の録画ができるHDD内蔵モデル。エッジ型LEDバックライトと「イーゼルスタンド」の採用はEX420シリーズと同等だが、映像エンジンは「ブラビアエンジン3」を採用する。カラーはブラックとホワイトの2色。
KDL-32EX42H (32V型・500GB HDD内蔵)
KDL-22EX42H (22V型・500GB HDD内蔵)
  • EX720シリーズ - EX700シリーズ後継。新たに高画質技術「X-Reality(エックスリアリティ)」を搭載するとともに、従来の倍速駆動にLEDバックライトを上下2分割にしてON/OFFのバックライト制御を行うことで4倍速駆動相当のなめらかな映像を実現する「モーションフローXR240」を搭載。さらに3Dシンクロトランスミッターを内蔵しており、別売りの3Dメガネをかけることで3D映像も堪能できるスタンダードモデル。「ブラビア ネットチャンネル」・Skype対応。
KDL-60EX720 (60V型)
KDL-55EX720 (55V型)
KDL-46EX720 (46V型) 
KDL-40EX720 (40V型)
KDL-32EX720 (32V型)
  • EX72Sシリーズ - 前述のEX720に40W(20W+20W)の高出力を実現するTVサウンドバーを追加した高音質モデル。機能面はEX720と同等である。「ブラビア ネットチャンネル」・Skype対応。
KDL-46EX72S (46V型)
KDL-40EX72S (40V型)
KDL-32EX72S (32V型)
  • EX420シリーズ - 新高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」を採用。また、エッジ型LEDバックライトや人感センサーを搭載した他、「ブラビア ネットチャンネル」やSkypeに対応。一枚の絵画のように映像を飾る新デザインスタンド「イーゼルスタンド」を採用したスタイリッシュモデル。カラーはブラック、ホワイト、ブラウン、ピンクの4色(ピンクはKDL-22EX420のみ設定)。
KDL-32EX420 (32V型)
KDL-26EX420 (26V型)
KDL-22EX420 (22V型) 
  • CX400シリーズ - 新高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」や人感センサーを搭載。「ブラビア ネットチャネル」やSkypeに対応したスタンダードモデル。
KDL-32CX400 (32V型)
KDL-22CX400 (22V型)

2012年春モデル -HX850/HX750/HX65R/EX550/EX540シリーズ-[編集]

  • HX850シリーズ - HX820シリーズ後継。「X-Reality PRO」を改良し、新たに3D超解像機能を追加。参照するデータベースの映像ソースに「3D(飛出し用)」と「3D(奥行き用)」を追加したことで、よりリアリティな3D超解像処理ができるようになったほか、映像ソースから人間の顔を認識し、肌色の質感などをより自然で美しく見せるように処理する「美肌コントロール」も追加。また、HX820シリーズよりもランクアップした倍速機能「モーションフローXR960」には新たにインパルスモードを追加。各コマを4度書きして一番安定した4番目のコマのみバックライトを発光させることで非常にくっきりした映像を楽しめる。さらに、インターネットテレビ機能を拡充し、新たに設けられた「"Sony Entertainment Network"ポータル」に機能を集約。リモコンの「SEN」ボタン一つで簡単に起動することができる。液晶パネルの透過率とLEDバックライトを高精細制御する「ECOパネル制御」も搭載し、さらなる省エネを実現した。サイズラインナップを拡充し、新たに40v型を追加した。
KDL-55HX850 (55V型)
KDL-46HX850 (46V型)
KDL-40HX850 (40V型)
  • HX750シリーズ - HX720シリーズ後継。高画質回路を「X-Reality」に、倍速機能を「モーションフロー XR480」に(インパルスモードはHX850シリーズ同様に搭載)、バックライトをエッジLEDに変更している点以外はHX850シリーズと同等。サイズラインナップを拡充し、新たに55v型と32v型を追加した。
KDL-55HX750 (55V型)
KDL-46HX750 (46V型)
KDL-40HX750 (40V型)
KDL-32HX750 (32V型)
  • HX65Rシリーズ - Blu-ray Discドライブ&HDD搭載モデル。新たに2番組同時にフルハイビジョン11倍録画が可能になったほか、2番組同時録画中でもBD-ROMの再生ができるなど、マルチタスク性能も向上。また、外付けUSBハードディスク録画にも対応するうえ、アナログ外部入力録画にも対応しており、VHSテープをHDDにダビングしてBlu-ray Discに保存することができる。ブラビアの「X-Reality(エックスリアリティ)」に加え、ブルーレイレコーダーのBDZに採用されている「CREAS 4」の2種類の高画質回路を搭載することで、映像より美しく再現することができる。サイズラインナップが一部見直され、55V型を廃止する代わりに、32V型を新設した。
KDL-46HX65R (46V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
KDL-40HX65R (40V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
KDL-32HX65R (32V型・500GB HDD内蔵・BDドライブ搭載)
  • EX550シリーズ - 高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」とエッジ型LEDバックライトを採用し、「Sony Entertainment Network」に対応したスタンタードモデル。
KDL-32EX550 (32V型)
  • EX540シリーズ - EX550シリーズ同様に、高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」とエッジ型LEDバックライトを採用し、「Sony Entertainment Network」に対応。さらに、一枚の絵画のように映像を飾るデザインスタンド「イーゼルスタンド」を採用した小型スタンタードモデル。22v型はブラックとホワイトの2色展開である。
KDL-26EX540 (26V型)
KDL-22EX540 (22V型)

2012年秋モデル -X9000/HX950/EX750シリーズ-[編集]

  • X9000シリーズ - フルHDの4倍の画素数を持つ4K UHD液晶パネルを採用することでフルHDの半分の距離まで近づいても画素が気にならず、また、視野角が約60度あるのでまるで実物を見ているようなリアルで美しい映像が広がる。また、既存のデータベース型複数枚超解像高画質回路「X-Reality PRO(エックスリアリティ プロ)」に超解像技術のパターン分類を学習型としたアルゴリズムを採用し、4K対応液晶テレビ用に最適化した高画質回路「XCA8-4K」を組み合わせた「4K X-Reality PRO」を搭載。低解像度のネット動画からデジタル放送やブルーレイディスクのHD解像度までの映像を4K解像度にアップスケールさせて超解像処理を行うことで高精細で美しく、質感が高い4K映像に変換して表示するとともに、アップスケールする必要がない4K映像も超解像処理行い、アルゴリズムの最適化を行うことで、更に美しい映像に作り替えて表示する。音にもこだわり、ツィーター2つ、ウーファー4つ、サブウーファー4つの計10個を構成し、センターの視聴ポジションで最適な音響効果が得られるように内側に約10度の角度を付けた「10ユニットライブスピーカー」システムを搭載。このシステムは両サイドに装備しているが、オーディオシステムとのセットアップに配慮し、スピーカー部は取り外しができるようになっている。3Dにも対応しており、電源を使わないパッシブ型3Dメガネが2個同梱される。「Sony Entertainment Network」・「ソニールームリンク」対応。本シリーズは4K対応液晶テレビとしては最大クラスとなる84V型のみの設定で、メーカー希望小売価格が税抜価格で160万円と非常に高価な機種となっていた。
KD-84X9000 (84V型)
  • HX950シリーズ - HX920シリーズ後継。直下型LED「インテリジェントピークLED」は暗部のバックライト減光で抑えた電力を利用して明るい部分の輝度を高める上乗せ量をアップしたことで暗部の表現を保ちながら鮮烈な輝きを両立する高コントラスト映像を実現。また、高画質回路「X-Reality PRO」、倍速技術「モーションフローXR960」を継続採用し、パネルには液晶パネル部と表面のガラス板の間に特殊樹脂を充てんして一体化することで内部での外光の反射とパネルからの映像光拡散を低減するとともに、フレームと画面の段差がなく一枚板のようなガラスパネル造形とした「オプティコントラストパネル」を採用。スタンド部は軽快で上質な美しさを追求した新形状の「ループスタンド」を採用。さらに、液晶パネルの透過率とLEDバックライトを高精細制御する「ECOパネル制御」も搭載し、さらなる省エネを実現した。外付けハードディスク録画や「Sony Entertainment Network」に対応。Felicaポートを搭載した「おき楽リモコン」を付属する。HX920シリーズでは設定されていた46v型が廃止となり、大画面専門のシリーズとなった。
KDL-65HX950 (65V型)
KDL-55HX950 (55V型)
  • EX750シリーズ - EX720シリーズ後継。倍速機能「モーションフロー」の性能を向上。駆動パネルを倍速から4倍速に変更し、既に搭載済みのバックライト制御と組み合わせることで8倍速駆動相当のよりなめらかな映像を楽しめる「モーションフローXR480」を搭載し、残像感を低減した映像のみバックライトを点灯することでスポーツなどの素早い動きをくっきり映し出す「インパルスモード」も搭載した。また、バックライト制御により高コントラスト化と消費電力を両立した「ECOパネル制御」を搭載。外付けUSBハードディスクによる録画に対応しており、本シリーズではダブルチューナー搭載により、録画中でも別の番組の視聴が可能となり、放送中の番組を一時停止して続きから見ることができる「TVポーズ」機能も搭載した。なお、本シリーズでは3D機能が非対応となり、サイズラインナップも40V型のみとなった。
KDL-40EX750 (40V型)

2013年春モデル -X9200A/W900A/W802A/W650Aシリーズ-[編集]

  • X9200Aシリーズ - 「ブラビア」の4K対応モデル1号機であるKD-84X9000の技術をベースに、設置しやすいサイズとより購入しやすい価格とした4K対応フラッグシップモデル。KD-84X9000と同様、HD解像度は4K映像にアップコンバートして超解像処理を行い、アップコンバート不要の4K映像にも超解像処理を施すことでより美しい映像に変換して表示する「4K X-Reality PRO」を搭載。さらに、アメリカのQD Vision社が開発した発光半導体技術を取り入れることで従来のLEDバックライトディスプレイよりも色の再現領域を大幅に拡大した「トリルミナスディスプレイ」を採用し、「トリルミナスカラー」に対応したソニー製ビデオカメラ・デジタルスチルカメラで撮影した映像を撮影時の色合いのまま大画面で楽しむことができる。音質面では液晶テレビとしては初となる磁性流体スピーカーを採用。ダンパーレス構造としているので歪みの原因となる2次音圧を発生せず、ボイスコイルから振動板までの伝達経路を短くしたことでスリム化と伝達ロスの軽減を実現。この磁性流体スピーカーをウーファーに採用し、パッシブブラジエーター、ツィーターと共に「オプティコントラストパネル」と融合したデザインのフロントサイドスピーカーとして装備し、さらに、背面にはサブウーハーも装備。実用最大出力65Wのハイパワーアンプで駆動することで映像と一体化した迫力のあるサウンドを実現した。「Sony Entertainment Network」に対応するとともに、NFC技術を搭載した「Xperia」を付属のワンタッチリモコンにタッチするだけですぐに接続できる「ワンタッチミラーリング」やあらかじめ専用ソフトをインストールしたスマートフォンやタブレット端末でテレビ番組の関連情報などを楽しむことができる「TV SideView」に対応。また、本体下部にはイルミネーションLEDの色で動作状況が確認できる「インテリジェントコア」も搭載した。
KD-65X9200A (65V型)
KD-55X9200A (55V型)
  • W900Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」とX9200Aシリーズにも採用されている色再現性に優れた「トリルミナスディスプレイ」を搭載したプレミアムモデル。4倍速技術とバックライト制御で動きの速い映像も滑らかに描写する「モーションフローXR960」も搭載するほか、スピーカーには全長約1.2mのダクトを折り畳んで収納し、この長いダクトを通すことで豊かな中低域音を再現するとともに、共鳴による中低域の増幅により歪の少ない音を実現し、ニュース番組のキャスターの声が聞き取りやすい「ロングダクトスピーカー」を搭載。アクティブシャッター方式の3Dに対応するとともに、「Sony Entertainment Network」・「ワンタッチミラーリング」・「TV SideView」にも対応。
KDL-55W900A (55V型)
KDL-46W900A (46V型)
KDL-40W900A (40V型)
  • W802Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したハイスペックモデル。「モーションフロー」を倍速+バックライト制御とした「モーションフローXR240」に、3D方式をパッシブ方式にそれぞれ変更し、「ロングダクトスピーカー」など一部の機能を非搭載にしている点以外はW900Aシリーズと同等。
KDL-55W802A (55V型)
KDL-47W802A (47V型)
KDL-42W802A (42V型)
  • W650Aシリーズ - 超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載したフルハイビジョンスタンダードモデル。据置スタンドを壁掛け金具として使用できる「壁掛け対応テーブルトップスタンド」を採用。
KDL-40W650A (40V型)

2013年秋モデル -X8500Aシリーズ-[編集]

  • X8500Aシリーズ - 手持ちのホームシアターシステムなどのオーディオ機器と組み合わせて設置しやすいシンプルなデザインを採用し、その分、本体幅が短くなって設置性を向上。スピーカーは本体下部に設置した2Wayバスレフ型スピーカーと背面に搭載したアシストウーファーの組み合わせにより高音から低音まで広い音域で豊かなサウンドを再現する2.1ch サウンドシステムを採用。3Dはアクティブシャッター方式となる。これ以外の性能・機能はX9200Aシリーズと同等である。ファームウェア更新により、前シリーズのX9200AシリーズとX8500Aシリーズは、HDMIバージョン2.0にアップデートされる予定。(2013年以内)4k UHD入力信号が30フレームまでとなっていたのが、更新により60フレームに対応する。[3]
KD-65X8500A (65V型)
KD-55X8500A (55V型)

稲沢モデル[編集]

BRAVIAは、店頭でメーカーの「稲沢産」というPOPがついているが、これはシャープの「亀山モデル」を意識したものと思われる。BRAVIAの設計、一部電子部品の製造、製品の組み立て、検査、梱包などは、愛知県稲沢市にあるソニーEMCS株式会社稲沢テック(旧ソニー稲沢株式会社)で行われている(そこは、かつてソニーが誇った独自技術であるトリニトロン方式のブラウン管の主力製造工場だったことで知られる)。

しかしながら、シャープの「亀山モデル」とは違い、ソニーの場合は液晶テレビの重要デバイスであるアモルファスTFT液晶ディスプレイパネルS-LCDなどの海外や、堺市の堺ディスプレイプロダクトで生産している。S-LCDはサムスン電子とソニーの合弁会社であり、堺ディスプレイプロダクトはシャープが約46%出資して、ソニーが約7%出資している会社である。そこで生産されているパネルはサムスン電子もしくはシャープの基礎技術がベースとなっている。

なお、Aシリーズ、Eシリーズのリアプロに関しては、SXRDパネル・透過型液晶パネルの生産はソニーセミコンダクタ九州熊本テック、セット組み立てはソニーEMCS一宮テックでソニー独自の手によって行われている。

欧州向けはスペインバルセロナスロバキアのニトラ、米州向けはメキシコティファナなどでも製造している。

CMソング[編集]

以前のブランド[編集]

ハッピー〈ベガ〉(KDL-S19A10)
WEGA(ベガ)
ブラウン管テレビでは最後まで使用されていた。
KIRARA BASSO(キララ・バッソ)
1991年に登場。「WEGA」の登場までは主力ブランドだった。キララは輝く様な高画質を、バッソはイタリア語で低音を意味している。従来のトリニトロンブラウン管より平坦な「スーパートリニトロン管」を採用し、ブラウン管フレームと一体になった高音質スピーカー「バッソ・スピーカー」や、「ふしぎリモコン」と呼ばれるジョグダイヤル式のリモコンが付属していた点が特徴だった。初期の頃のCMにはマイケル・ジャクソンが出演[4]。激しいダンスを披露し、視聴者に強いインパクトを与えた。
PROFEEL STAR(プロフィール・スター)
1985年に登場。高画質・高音質・高機能を両立させ、「キララバッソ」の発売までソニーの最高級カラーテレビとして(クリアビジョン(EDTV)対応のED1/ED2シリーズの販売期間を除く)の役割を担った。後期型ではドルビーサラウンドシステムやBOSE製スピーカーを搭載するなど、特に音質面でのこだわりが見られた。
なお、「プロフィール・スター」と同時期に展開された大型カラーテレビ(カタログでは「ファミリーステレオテレビ」と表記された)のブランド名称は、年代別に「L.AND(ランド)」(1985年 - 1987年)「ゆとりにとろん[5]1988年 - 1991年)「ドラマゾーン」(1989年 - 1991年)となる。
ジャンボ・ジェットセンサー
1978年に登場。当時最大級の27インチブラウン管を用いたテレビであった。価格も家庭用テレビジョンとしては最大級でありソニーのフラッグシップという位置づけであった。テレビCMには飛行機が用いられていた。

競争他社製品[編集]

23V型以下の日立リビングサプライ扱いのものは松下電器のOEMである(ブラウン管は三菱電機OEM)。これはWoooを名乗っていない(デザイン・外観・機能は松下ビエラと全く同じ)。

BRAVIAケータイ(→BRAVIA Phone)[編集]

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズNTTドコモ向け、およびKDDI沖縄セルラー電話の各auブランド向けに販売している携帯電話

競合他社製品として、シャープのAQUOSケータイ、日立のWoooケータイ、パナソニックのVIERAケータイ、東芝(→富士通東芝MC)のREGZAケータイ(→REGZA Phone)などがあげられる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ シャープとソニーが大型液晶の生産合弁会社設立 AV watch 2008年2月26日
  3. ^ 『X8500Aシリーズ』2機種を発売 ソニープレスリリース 2013年9月5日
  4. ^ 海外ではこの映像がマイケルのアルバム『デンジャラス』のCMで使用されている。
  5. ^ 所ジョージがテレビを運ぶCMが有名だった。

注釈[編集]

  1. ^ 2010年秋モデルのHX80RシリーズEX30Rシリーズは例外。
  2. ^ 2011年春モデルのCX400シリーズは例外。
  3. ^ 2012年春モデルのEX540シリーズは例外

外部リンク[編集]