ルイ・アームストロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・アームストロング
ルイ・アームストロングの舞台での雰囲気はぴかぴかのトランペットと合っていた。アームストロングはかすれた歌声でも有名。}
ルイ・アームストロングの舞台での雰囲気はぴかぴかのトランペットと合っていた。アームストロングはかすれた歌声でも有名。
基本情報
出生名 ルイ・ダニエル・アームストロング
別名 サッチモ、ポップス、ディッパー・マウス
出生 1901年8月4日[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州 ニューオーリンズ
死没 1971年7月6日(満69歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州, ニューヨーク市
ジャンル ジャズ, ディキシーランド・ジャズ, スウィング・ジャズ, トラディショナル・ポップ
職業 トランペッター, 歌手
担当楽器 トランペット, コルネット
活動期間 c.1919–1971
共同作業者 キング・オリヴァー, フレッチャー・ヘンダーソン

{{{Influences}}}

ルイ・アームストロングLouis Armstrong, 1901年8月4日[1] - 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人ジャズミュージシャンである。

サッチモ (Satchmo) という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。

サッチモという愛称は「satchel mouth」(がま口のような口)というのをイギリス人記者が聞き違えたとする説や、「Such a mouth!」(なんて口だ!)から来たとする説などがある。その他、ポップス (Pops)、ディッパー・マウス (Dipper Mouth) という愛称もある。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

アームストロングが生まれ育ったのは、ニューオーリンズアフリカ系アメリカ人が多く住む比較的貧しい居住区であった。子供の頃に祭りで浮かれ、ピストルを発砲して少年院に送られた。その少年院のブラスバンドコルネットを演奏することになったのが、楽器との最初の出会いとなった。その後、町のパレードなどで演奏するようになり人気者となる。

メジャーデビュー[編集]

1923年シカゴに移りキング・オリヴァーの楽団に加入。同年、初のレコーディングを行う。1924年にはニューヨークに行きフレッチャー・ヘンダーソン楽団に在籍。この時期、ブルースの女王ベッシー・スミスとも共演。その後シカゴに戻り、当時の妻リル・ハーディン・アームストロング(ピアノ)らと共に自分のバンドのホット・ファイヴを結成。同バンドが1926年に録音した楽曲「Heebie Jeebies」は、ジャズ史上初のスキャット・ヴォーカル曲として知られる[2]。1925年11月~1932年、オーケー・レーベルで録音が行われた。

1930年代にはヨーロッパ・ツアーも行う。第二次世界大戦時には慰問公演も行った。しかし人種差別が法的に認められていた当時のアメリカでは、公演先でも白人と同じホテルへ泊まれない他、劇場の入り口さえ別々というような差別を受け続けた。1932年にビクター専属となり、1939年からデッカで録音が行われた。

幅広い活躍[編集]

1950年代には「バラ色の人生」や「キッス・オブ・ファイア」等が大ヒット。また、1953年には初の日本公演を行う。1956年にはエラ・フィッツジェラルドとも共演。1960年代、時代がビートルズを代表とするポップ・ミュージック一色となる中でも、多くのアメリカ国民に受け入れられた。特に「ハロー・ドーリー!」は1964年5月9日付けの全米NO1を記録し、その年の2月から3ヶ月間1位を独占していたビートルズの連続1位の記録をストップさせ、当時63歳のルイの偉業は全米を驚愕させた[3]

1967年には、「この素晴らしき世界 (What a Wonderful World)」が世界的なメガヒットとなった。1968年にはウォルト・ディズニー映画の曲を取り上げたアルバム『サッチモ・シングス・ディズニー』を発表し、ジャンルに縛られない柔軟な姿勢を見せ付けた。

1969年には、『女王陛下の007』の主題歌に近い挿入歌、「愛はすべてを越えて (We have all the time in the world)」を発表。イギリスでは1994年に、「ミュージック・ウィーク」誌で、最高位3位を獲得している。

高い音楽性と、サービス精神旺盛なエンターテイナーぶりが評価され、映画にも多く出演した。代表作はフランク・シナトラビング・クロスビーと共演した『上流社会』や『5つの銅貨』、『ハロー・ドーリー』等。

家族[編集]

1918年、デイジー・パーカーと結婚。いとこの息子クラレンス・アームストロング(幼少期のけがで知的障害があった)を養子にする。アームストロングは一生彼の面倒を見た[4]

1923年離婚。

1924年、リル・ハーディンと結婚。リルはキング・オリヴァー・バンドのピアニストだった。アームストロングがツアーに明け暮れていたこともあり、1931年別居、1938年離婚。歌手で作曲家でもあった彼女は悲恋歌『just for a thrill』を1939年に発表。20年後、1959年にレイ・チャールズがカバーした。

その後、長年の恋人アルファ・スミスと結婚。[5] 三番目の結婚は4年間続き、1942年離婚。

同年コットン・クラブの歌手ルシール・ウィルソンと結婚。1971年に彼が亡くなるまで添い遂げた。[6]

アームストロングは四度結婚し、子供たちを愛したが、実子はなかった。[7] しかし、2012年11月に、57歳のSharon Preston-Foltaが「自分はアームストロングの娘である」と主張した。主張によればコットン・クラブのダンサーだったLucille "Sweets" Prestonとアームストロングの1950年代の情事から生まれたとのことである。[8]

ディスコグラフィー[編集]

編集・再発盤[編集]

  • 1983年『タウン・ホール・コンサート(完全盤)』:1947年5月17日ニューヨークでのコンサート模様。(ソニー)
  • 1990年『What a Wonderful World』(MCA)
  • 1995年『サッチモ・アット・シンフォニー・ホール』:1947年11月30日ボストンでのコンサート。(デッカ)
  • 1995年『Butter & Eggman』(ライノ・レコード)
  • 1996年『Struttin'』 (エドモンド・ホール楽団との共演盤)(Drive Archive)
  • 1997年『The Complete Ella Fitzgerald & Louis Armstrong』(1956 - 1957年録音)(ヴァーヴ
  • 1997年『What a Wonderful Christmas』:クリスマス・アルバム(Hip-O Records)
  • 2000年『ケン・バーンズ・ジャズ~20世紀のジャズの宝物ールイ・アームストロング [Limited Edition]』(ソニー)
  • 2000年『Hot Fives & Sevens』ボックス(1925~1930年録音音源の編纂盤、4枚組、JSPレコードから発売)
  • 2000年『Louis Armstrong and Duke Ellington: The Great Summit/Complete Sessions』(Roulette)
  • 2001年『サッチモ・シングス・ディズニー(デジタル・リマスター盤)』
  • 2001年『Best Live Concert 1: Jazz in Paris』(1965年パリでのライブ) (Umvd Labels)
  • 2001年『Best Live Concert Vol.2 』(1965年パリでのライブ) (Musidisc)
  • 2001年『ハロー・サッチモ!~ミレニアム・ベスト ルイ・アームストロング』:日本編集盤ベストアルバム。ジャケットは藤子A不二雄
  • 2002年『Louis Armstrong Hot Five and Hot Seven Sessions』(1925~1928年の音源集)
  • 2002年『ルイと仲間たち』(ユニバーサル ミュージック クラシック)
  • 2006年『It's Louis Armstrong』:10枚組廉価版ボックス(メンブラン)
  • 2008年『ホッター・ザン・ザット』【メンブラン10CDセット】廉価ボックス
  • 2008年『Hotter Than That Vol.2』【メンブラン10CDセット】廉価ボックス
  • 2010年『Five Pennies』:映画『五つの銅貨』サントラ
  • 2011年『Live in Amsterdam 1959』:1959年アムステルダムでのライブ。(SOLAR)
  • 2011年『Ambassador of Jazz Box』:10枚組ボックス(Universal I.S.)
  • 2011年『Essential Collection』:廉価盤3枚組ベスト(Not Now UK)
  • 2011年『Complete Louis Armstrong & the Dukes of Dixieland』:白人ディキシーランド・バンドとの共演集。3枚組。
  • 2012年『Louis Armstrong: Okeh Columbia & RCA Victor Recordings-1925-1933』:10枚組ボックス(ソニー・レガシー)

評価[編集]

アームストロングは明朗な性格と高い音楽的技術をあわせ持つカリスマ的かつ独創的な演奏者であり、洗練されていない地方的なダンスミュージックをポピュラーな音楽形態であるジャズへ発展させた。トランペット奏者、歌手としても有名。ジャズ界でも稀であるほどの天才トランペット奏者と言われ、ウィントン・マルサリスは「色々なトランペット奏者の良い所を盗もうとしたけど、アームストロングだけは盗めなかった。とにかく凄すぎるからさ」と賞賛[9]。歌の方でもスキャットという手法を広めたことで知られ、「サンセット・カフェ」で出会ったキャブ・キャロウェイにスキャットを教えた。マイルス・デイヴィスは「アームストロングは喋りまでジャズになっている」と語っている[10]

ルイ・アームストロングと彼のホット・ファイブ(Louis Armstrong and His Hot Five)による「ウェスト・エンド・ブルース」(1928年6月28日録音)について、当時、ボルチモア女郎屋で下働きをしていた少女ビリー・ホリデイは、「この歌声は、私にとって実に多くの意味を持つ歌に聞こえた。ある時は私をさめざめと泣かせたし、ある時はこの上なく幸福な気分にさせた」と述べている[11]

著書[編集]

アームストロングは優れた文筆家でもあった。

  • 『Swing That Music』(1936年):最初の自伝
  • 『Satchmo - My Life in New Orleans』 (1954年):二冊目の自伝
  • 『In His Own Words』(1999年、オックスフォード大学プレス):雑誌への寄稿文・妻への手紙・若者へのアドバイス記事などを編纂したもの

注釈[編集]

  1. ^ a b アームストロングは自分がいつ生まれたのか正確には知らないと言っていたが、7月4日の誕生日を祝っていた。彼は公に話すときは1900年生まれであると言っていた(とはいえ、社会保障や他の政府の書類には1901年を用いていた)。彼の祖母が彼に洗礼を受けさせたときのローマ・カトリック教会の文書を用いて、ニューオーリンズの音楽研究家タッド・ジョーンズ Tad Jones はアームストロングの誕生日が1901年8月4日であると立証した。他にもこれを立証する各種の証拠により、この日付はいまやアームストロングを研究する学者に受け入れられている。
  2. ^ 通説では、アームストロングが歌詞を忘れたためと言われているが、音楽評論家のマイケル・ブルックスは2002年の編集盤『ザ・ベスト・オブ・ホット5・アンド・ホット7・レコーディングス』のライナーノーツで、アームストロングがわざとスキャットで歌った可能性を指摘している
  3. ^ NHKラジオ「いとしのオールディーズ」にゲスト出演した湯川れい子は「今の日本で言えばAKB48の連続1位を北島三郎さんがストップさせたようなもの」と例えていた。
  4. ^ "Satchuated" Gary Giddins, Village Voice April 16–22, 2003. Retrieved October 17, 2007.
  5. ^ http://www.redhotjazz.com/lil.html
  6. ^ http://www.louisarmstrongfoundation.org/louis.php
  7. ^ Louis Armstrong: FAQ”. Louis Armstrong House Museum. 2012年12月18日閲覧。
  8. ^ Jacqui Goddard (2012年12月15日). “Louis Armstrong's secret daughter revealed, 42 years after his death”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/9747518/Louis-Armstrongs-secret-daughter-revealed-42-years-after-his-death.html 
  9. ^ 『ぴあMOOK ジャズワンダーランド』(ぴあ、2005年)p.128参照
  10. ^ 岩浪洋三『これがジャズ史だ〜その嘘と真実〜』(朔北社、2008年)p.84参照
  11. ^ 『ルイ・アームストロングの肖像1928』、油井正一解説、CBS/SONY、20AP1466

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 細川周平、後藤雅洋、村井康司、寺島靖国、小川隆夫、加藤総夫、柳沢てつや、北里義之、大村幸則、瀧口秀之、西島多恵子、山下泰司、黒田京子、桜井圭介、上野俊哉、米田栄、田辺秀樹、高橋順一、川竹英克、田村和紀夫、大宅緒、高見一樹、島原裕司、柴俊一 『新版 ジャズを放つ』 洋泉社、1997年、32-37頁。ISBN 4896912500
  • Frank Tirro 『ジャズの歴史 その誕生からフリー・ジャズまで』 音楽之友社、1993年、196-208頁。ISBN 4276232511
  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、22-23頁。ISBN 491555709X