ユーリズミックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーリズミックス
Eurythmics
1987年ドイツ}
1987年ドイツ
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ブルー・アイド・ソウルニュー・ウェイヴシンセポップ
活動期間 1980年 - 1990年
1999年 - 2005年
レーベル RCAレコードアリスタ・レコード
共同作業者 The CatchThe Tourists
公式サイト Eurythmics.com
メンバー
アニー・レノックス
デイヴ・スチュワート

{{{Influences}}}

ユーリズミックスEurythmics,ユーリズミクス)はイギリス二人組ミュージシャン。1980年代にヒット曲を連発し高い人気を誇った。

歴史[編集]

1980年アニー・レノックスデイヴ・スチュワートによって結成、1981年にデビュー。二人はユーリズミックス結成以前に「トゥーリスツ」(The Tourists)というバンドにおり、互いの音楽的才能を認め合う恋人同士の関係でもあった。しかし二人での音楽活動を続けるにあたって関係を解消している。トゥーリスト時代には、「二人だけのデート」のカバーがスマッシュヒットしている。

バンド名の由来は、レノックスが子どものころ通ったヴァルドルフ学校で学んだ、ルドルフ・シュタイナーが提唱した舞踏芸術(Eurythmy,いわゆるオイリュトミー)の授業からである。

1983年、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの波に乗って「スイート・ドリームス」が全米1位の大ヒットを記録した。クールなエレクトリック・ポップのサウンドと、短髪で男性的なレノックスのビジュアル・イメージは強烈な印象を与えた。またミュージックビデオでの男装や、「セックスクライム」というタイトルのシングル曲(後述)などで、性表現に厳しいアメリカの放送ではたびたび規制されることもあった。続く「ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン」は、ブルー・アイド・ソウルとエレクトロニクス・サウンドの組み合わせで、以後アニー・レノックスのソウルフルな歌唱を生かした曲が、増えていくことになる。

1984年、マイケル・ラドフォード監督の映画『1984』(ジョージ・オーウェルの同題小説の映画化)のサウンドトラックに参加。そのうちレノックスが歌う Sex Crime をシングルで発売した(日本でのタイトルは『1984年のテーマ』)。

スティーヴィー・ワンダーハーモニカで参加したことで話題になった1985年の「There must be an Angel(ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル)」は彼らの代表曲の一つで、全英1位を記録。歌い出しのスキャットが非常に印象的で、日本でも人気が高く、カバーバージョンやCM音楽でたびたび取り上げられており、ルチアーノ・パヴァロッティとのデュエットヴァージョンも存在する。また1985年にレノックスはアレサ・フランクリンとのデュエットでウーマンリブをテーマにした「Sisters Are Doin' It For Themselves」をヒットさせた。

1986年にリリースされたアルバムRevengeは、全世界で1500万枚以上という爆発的なセールスを記録した。

1990年にユーリズミックスとしての活動を停止、両者のソロ活動を経て1999年に再結成している。

アルバム[編集]

  • 1981年 In The Garden
  • 1983年 Sweet Dreams (Are Made of This)
  • 1984年 Touch
  • 1984年 1984 (For The Love Of Big Brother) (サントラ盤)
  • 1985年 Be Yourself Tonight
  • 1986年 Revenge
  • 1987年 Savage
  • 1989年 We Too Are One
  • 1991年 Greatest Hits
  • 1999年 Peace
  • 2006年 Ultimate Collection

日本公演[編集]

6月10日 渋谷公会堂、11日,12日 中野サンプラザ、14日,15日 東京厚生年金会館
3月13日,14日 大阪フェスティバルホール、17日,18日 国立代々木競技場第一体育館
12月17日 横浜アリーナ

外部リンク[編集]