ジュリアン・カサブランカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Julian Casablancas
}
基本情報
出生名 Julian Fernando Casablancas
別名 Jules
出生 1978年8月23日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
ジャンル インディー・ロックニュー・ウェーブオルタナティブ・ロックガレージロック・リバイバルポストパンク・リバイバル
職業 歌手、作曲家
担当楽器 ボーカル、キーボード、ギター、ベース、ドラム、ギターシンセサイザー、マウスハープ
活動期間 1998–現在
レーベル Cult Records, ラフ・トレードRCASony BMG
共同作業者 ザ・ストロークスクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジThe Lonely Islandデンジャー・マウスN.E.R.DSantigold
公式サイト Official Website

{{{Influences}}}

ジュリアン・フェルナンド・カサブランカスJulian Fernando Casablancas 1978年8月23日- )は、アメリカのロックバンド、ザ・ストロークスのボーカルとソングライティングに置ける中心人物。独特のしわがれたロックヴォイスを持ち、ライブでの飄々とした立ち振る舞いも相まってバンドの雰囲気を決定づけている人物。非常に熱心な野球ファンで、地元のニューヨーク・メッツをこよなく愛する。2009年、ソロアルバムを発表した。

略歴[編集]

ニューヨークで、カタルーニャ系アメリカ人である実業家のジョン・カサブランカス(エリート・モデル・マネジメント創始者)[1]デンマークの元モデルで1965年にミス・デンマークに選ばれたジャネット・クリスチャンセンの間に生まれた[2]。祖父は織物業界では有名な実業家であるフェルナンド・カサブランカスである[3]。9歳のときに両親は離婚し、彼はニューヨークで母親に育てられた[4]。ほどなくして母は画家のSam Adoqueiと再婚し、彼の好んでいたドアーズフィル・コリンズがジュリアンに大きな影響を与えたという。

ザ・ストロークス[編集]

まず出合ったのは後にストロークスのベーシストになるニコライ・フレイチュアだった。ジュリアンとニコライはニューヨークのフレンチスクールであるリセ・フランセ(Lycée Français de New York)に通っていた。(ニコライは1997年[5]、ジュリアンは1996年に卒業[6]。)しかし14歳の時、ジュリアンは学校の前で飲酒しているところを捕まえられ、週二度ほど麻薬常習者更生センターの更生プログラムを受けさせられていた[7]。その後すぐ、父によってスイスの名門寄宿学校であるル・ロゼへ送られた[8]。そこでの少しの滞在の間に、将来ストロークスのギタリストとなるアルバート・ハモンドJr.に出会い[9][10]ニューヨークへと帰国。 Dwight Schoolへ入学し、その後ストロークスのもう一人のギタリストとなるニック・ヴァレンシ、ドラマーとなるファブリツィオ・モレッティと出会う[11]

私生活[編集]

2005年2月にストロークスの元アシスタントマネージャーであるジュリエット・ジョスリンと結婚し[12]、2010年1月に息子のCalが生まれた[13]

エピソード[編集]

コートニー・ラブの2004年のアルバム「America's Sweetheart」に収録されている曲"But Julian, I'm a Little Bit Older Than You"のジュリアンとはジュリアン・カサブランカスのことであり、彼に向けて書かれた曲である[14]

ディスコグラフィー[編集]

ストロークス[編集]

  • Is This It
  • Room on Fire
  • First Impressions of Earth
  • Angles
  • Comedown Machine

ソロアルバム[編集]

  • Phrazes for the Young (2009) - UK #19 AUS #55 NZ #34 US #9
  • I Wish It Was Christmas Today (EP)

出典[編集]

外部リンク[編集]