サミュエル・フラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サミュエル・フラー
Samuel Fuller
サミュエル・フラーSamuel Fuller
本名 Samuel Michael Fuller
生年月日 1912年8月12日
没年月日 1997年10月30日(満85歳没)
出生地 ウースター
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Martha Downes Fuller (?-1959)
Christa Lang (1967-1997)

サミュエル・フラー(Samuel Fuller、1912年8月12日-1997年10月30日)はアメリカの映画監督

来歴[編集]

マサチューセッツ州ウースター出身[1]。本名はSamuel Michael Fuller。17歳の頃から新聞社の犯罪レポーター、パルプ小説のゴーストライター、脚本家などの職に就いた。第二次世界大戦中、北アフリカからヨーロッパでの厳しい戦闘で勲章を得る。1949年に『地獄の挑戦』で監督デビュー。この時は、わずか10日間で撮影が終了したという。

自らの裏社会での経験、戦争中の困難な体験、そして米国南部での人種差別への取材などから、独特のエキセントリックな作風を生み出している。ほとんどの作品が独立プロダクションの中で低予算で早撮りで作られた。

アメリカではB級映画監督と見なされていたが、フランスなどでは高く評価され、後に米国本土でも再評価された。 晩年は、製作の本拠地をヨーロッパに移し、時にはヴィム・ヴェンダース[2]アキ・カウリスマキの作品などにゲスト出演した。

撮影時のアクションのスタートはピストルをぶっ放して始めたというエピソードも残されている。

ジャン=リュック・ゴダール監督の作品『気狂いピエロ』(ワンシーンのみ出演)で「映画とは何か?」との質問に「映画とは、戦場のようなものだ。愛、憎しみ、アクション、暴力、そして死。要するに、エモーションだ。」と答えたことは有名。

主な作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サミュエル・フラー - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  2. ^ アメリカの友人』(1977年)