ベルリン国立歌劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルリン国立歌劇場

ベルリン国立歌劇場(ベルリンこくりつかげきじょう、: Staatsoper Unter den Linden)はドイツの著名な歌劇場(オペラハウス)である。本拠地はベルリン市ウンター・デン・リンデン通りに面したところにある。オペラ公演のほか、付属するオーケストラベルリン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ベルリン)の名称で活動することでも知られる。別名リンデン・オーパー(リンデン・オペラ)。東西分裂時代は東ドイツの統治する東ベルリン側に属し、西ベルリンで活動したベルリン・ドイツ・オペラは別団体である。

初期の歴史[編集]

ベルリン宮廷歌劇場(1832年)

最初の建物はプロイセン王フリードリヒ2世の命により1741年7月に起工された。これは「フリードリヒ広場」を構成する最初の建築物でもあった。建物は未完成ながら、1742年12月7日にカール・ハインリヒ・グラウンの『クレオパトラとシーザー』の上演で開場した。この上演が、国立歌劇場および16世紀に遡る起源をもつ管弦楽団の250年にわたる成功した協力の始まりであった。

1842年、ゴットフリート・ヴィルヘルム・タウベルトはオーケストラの定期公演の制度を作った。同年、マイアベーアスポンティーニの後任として総支配人に就任した。また、メンデルスゾーンもシンフォニーコンサートの指揮者を1年間務めた。

1843年8月18日、ウンター・デン・リンデンの劇場は火災で焼失する。翌1844年、建築家カール・フリードリヒ・ラングハンスによる新劇場が竣工し、マイアベーアの『シュレジアでの野営』の上演で開演した。

1849年にはニコライの『ウィンザーの陽気な女房たち』を作曲家自身の指揮で初演している。

20世紀[編集]

ベルリン国立歌劇場(1941年)

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ベルリン国立歌劇場にはヴァインガルトナームックR.シュトラウスブレッヒなどの傑出した指揮者が登場した。

1918年ドイツ帝国の崩壊後、歌劇場は「ウンター・デン・リンデン国立歌劇場」(リンデン・オパー)、宮廷管弦楽団は国立歌劇場管弦楽団に改称された。

1920年代にはフルトヴェングラーE.クライバークレンペラーツェムリンスキーヴァルターらが指揮台に登った。1925年にはベルクの『ヴォツェック』の初演が、E.クライバーの指揮で作曲家を前にして行われた。

1928年4月には徹底的な近代化改修を経て『魔笛』の新演出で公演を再開した。同年有名なロシアバス歌手シャリアピンディアギレフロシア・バレエ団と指揮者のアンセルメが客演に加わった。1930年、E.クライバーが指揮してミヨーの『コロンブス』を初演した。しかし1934年ベルクの『ルル』組曲がクライバー指揮で演奏されると、ナチ党がスキャンダルを扇動し、クライバーは亡命を余儀なくされる。

ヒトラーによるナチ党掌握後、ユダヤ系の団員は解雇された。クレンペラーブッシュなど、歌劇場に関わる多くのドイツ人音楽家が亡命した。第三帝国支配下ではロベルト・ヘーガーヨハネス・シューラーおよびカラヤンが楽長を務めた。1944年、カラヤンの指揮で最初のステレオ録音が実施された。

第二次世界大戦中、歌劇場の建物は2回の爆撃を受けて完全に破壊された。最初(1941年)の爆撃後は速やかに修復されたが、2回目の破壊(1945年)からの再建は長期を要した。再開にあたって、2回ともヴァーグナーの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』が上演された。また、1945年にはベルリン・ドイツ国立歌劇場と改称された。

戦後の復興[編集]

ベルリン国立歌劇場(2009年)

1955年に再建され、ヴェーバーの『オイリアンテ』の上演で幕を開けた。1961年ベルリンの壁が築かれると、東ベルリンに属するこの歌劇場は西側世界からは隔絶されたが、古典派からロマン派に加え近代現代バレエとオペラを含む広範囲なレパートリーを維持し、西側への海外公演なども行われた。この時期にはコンヴィチュニーレーグナースウィトナー等が音楽監督を務めている。

東西ドイツの再統一後は、過去上演されていた重要な作品が再発見されてベルリン・ドラマトゥルギーの枠組みで改めて議論された。特に『クレオパトラとチェーザレ』『クロイソス』『グリセルダ』などバロックオペラが注目の的となった。これらの作品はフランデレン出身の指揮者ルネ・ヤーコプスベルリン古楽アカデミーおよびフライブルク・バロック管弦楽団によりオリジナル楽器で演奏された。

1992年アルゼンチン生まれのイスラエル人指揮者・ピアニストのバレンボイムが音楽監督に指名された。2002年のベルリン音楽祭ではバレンボイムが指揮し、演出家ハリー・クプファーとの協力で制作されたヴァーグナー作品の連続公演が10回にわたり開催された。

2010年からは、老朽化した建物を修復する為に、3年間に亘る大改装が予定されている。その間は西ベルリンの別の劇場、ビスマルク通りにあるシラー劇場を使って公演が続けられる事となる。

ベルリン国立歌劇場(シラー劇場)(2012年)

音楽総監督[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度31分00秒 東経13度23分42秒 / 北緯52.51667度 東経13.39500度 / 52.51667; 13.39500