アン・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アン・リー(李安)
Ang Lee.jpg
プロフィール
出生: 1954年10月23日(60歳)
出身地: 台湾の旗 台湾屏東県
職業: 映画監督
各種表記
繁体字 李安
簡体字 李安
拼音 Lǐ Ān
英語名 Ang Lee
テンプレートを表示

アン・リー中国語李安1954年10月23日 - )は、アカデミー監督賞二回、ゴールデングローブ賞 監督賞一回を受賞した台湾外省人映画監督である。

来歴[編集]

1954年に台湾南部の屏東県(へいとうけん)の外省人の家庭に生まれ、台湾の国立芸術大学を卒業した後、1979年にアメリカへ渡り、イリノイ大学ニューヨーク大学で映画制作を学ぶ。在学中にスパイク・リーと知り合い、彼の映画の製作を手伝ったこともある。

太極拳の使い手としても知られ、デビューの作品『推手』において、太極拳を重要な要素として使っている。ただし、演出上においては、武術的なものとエンターテイメントを分けて考えていると発言している。

ウェディング・バンケット』と『いつか晴れた日に』でベルリン映画祭金熊賞を、『グリーン・デスティニー』でアカデミー外国語映画賞を受賞。『いつか晴れた日に』で本格的にハリウッド進出して以来、異なるジャンルで優れた作品を多数発表している。

ブロークバック・マウンテン』では第78回アカデミー監督賞を受賞。2006年、中華民国政府より、二等景星勲章を授与される[1]

第64回ヴェネツィア国際映画祭に出品した『ラスト、コーション』では、『ブロークバック・マウンテン』に引き続き、2度目の金獅子賞を獲得した。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』では第85回アカデミー監督賞を受賞。

2012年11月、フランス芸術文化勲章のシュヴァリエ章を授与される[2]。2013年、中華民国政府より、一等景星勲章を授与される[3]

アメリカに住み、アメリカの市民権を有しているのでアメリカ国民でもある[4]。次男は俳優のメイソン・リー(李淳)。

監督作品[編集]

監督以外の作品[編集]

主な受賞[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://japanese.cri.cn/881/2013/02/27/181s205201.htm
  2. ^ http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1130&f=entertainment_1130_006.shtml
  3. ^ http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=378553&ctNode=3591&mp=202
  4. ^ アンジー、中国でうっかり「失言」―夫ブラピと共に人気急落ウォール・ストリート・ジャーナル、2014年6月11日

外部リンク[編集]