ツイ・ハーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徐 克
Tsui Hark
徐 克Tsui Hark
生年月日 1950年2月15日(64歳)
出生地 ベトナムの旗 南ベトナムサイゴン
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
配偶者 施南生

ツイ・ハーク繁体字: 徐 克; ピン音: Xú Kè; 粤ピン音: Chuei4 Hak1, Tsui Hark:, 1950年2月15日 - )は、香港映画監督脚本家映画プロデューサーである。

略歴[編集]

祖先は広東省海豊県出身。ベトナムに生まれ、少年時代を過ごす。ベトナム戦争の難民として1966年香港に渡り、1966年米国へ留学。テキサス州立大学で映画を学んだ。

当初はテレビの制作に携わっていたが、1979年に映画監督としてデビュー。香港映画の代名詞的存在であるワイヤーアクションをいち早く取り入れ、多数の娯楽作品を制作、ヒットさせてきた。「香港のスピルバーグ」と呼ばれることもある。1981年に『夜来香』で金馬奨最優秀監督賞を、1992年に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』で香港電影金像奨最優秀監督賞を受賞。1997年ジャン=クロード・ヴァン・ダムデニス・ロッドマン主演の『ダブルチーム』でハリウッドでの監督デビューも果たしている。ジョン・ウーが彼よりも早くハリウッドに進出した際には契約問題で苛めるなど嫉妬深い一面を見せたこともあり、巨匠キン・フーは悪知恵の働きすぎる人物としてツイ・ハークを評価していた[1]

蜀山奇傅 天空の剣』で香港映画で初めて本格的SFX作品、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー スーシン』では香港映画初の長編アニメーションを手掛けるなど、近代香港映画界では常に先駆者としてその位置を保っている。金庸梁羽生を初めとする武侠小説の大ファンであり、近年の武侠片及び古装片(時代劇)の映画化ブームの礎をも作っている。また、近年では梁羽生の武侠小説『七剣下天山』を映像化する事業に力を注いでおり、2005年に映画『セブンソード』が公開され、テレビドラマ『セブンソード 〜七剣下天山〜』も2006年に放送された。

また、俳優としてのカメオ出演も多い。

主な監督作品[編集]

監督以外の作品[編集]

文化的言及[編集]

1988年アメリカ合衆国のバンド、スパークスのアルバム『官能の饗宴』の中に、ツイ・ハークへのトリビュート・ソング『ツィ・ハークは映画監督』(原題:Tsui Hark )という曲が収録されている。スパークスは後に「ロン・メイル&ラッセル・メイル」名義で1998年の『ノック・オフ』の音楽を担当した。

参照[編集]

  1. ^ 『キンフー武侠電影作法』より

外部リンク[編集]