フランク・ロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・ロイド
Frank Lloyd
生年月日 1886年2月2日
没年月日 1960年8月10日(満74歳没)
出生地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンタモニカ

フランク・ロイドFrank Lloyd, 1886年2月2日 - 1960年8月10日)は、英国スコットランド生まれの米国の映画監督。第2回(1928年 - 1929年)および第6回(1932年 - 1933年)の米国アカデミー監督賞受賞者である。

略歴[編集]

スコットランドグラスゴー出身。1913年米国に移住、俳優としてデビューしたあと、脚本と映画監督に転じる。10代の終わり頃には有名な文学の映画化(『二都物語』(1917年)や『レ・ミゼラブル』(1917年)など)や西部劇を監督するようになる。

ロイドの有名な映画は、ロン・チェイニーがフェイギンを演じた『オリバー・トゥイスト』(1922年)やアカデミー監督賞を獲得した『情炎の美姫』(1929年)などがある。第2回アカデミー賞では『情炎の美姫』『ウィリー・リヴァー』『愛の曳き船』の3本が同時に監督賞にノミネートされ、18世紀のイギリス海軍提督ホレーショ・ネルソンとの恋愛で有名な「オーキッド・レディ」こと、駐ナポリ大使夫人エマ・ハミルトンとの物語『情炎の美姫』がその名誉を得たのである。

スケールの大きいロイドの作風はいかにもアカデミー賞向きだったらしく、『カヴァルケード』が第6回アカデミー賞作品賞監督賞、室内装置賞を、『戦艦バウンティ号の叛乱』は作品賞をそれそれ獲得している。1955年の『アラモの砦』まで演出した映画は約80本。1930年代を代表する監督の一人である。

ロイドは米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の36名の創立者の一人である。また『情炎の美姫』はアカデミー作品賞にノミネートされていないのにアカデミー監督賞を獲得した、現在まで唯一の作品である。また1934年から1935年にかけてAMPASの代表を務めていた。

主なフィルモグラフィ[編集]

外部リンク[編集]