逃走迷路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
逃走迷路
Saboteur
予告編より
監督 アルフレッド・ヒッチコック
脚本 ピーター・ヴィアテル
ジョーン・ハリソン
ドロシー・パーカー
製作 フランク・ロイド
出演者 ロバート・カミングス
プリシラ・レイン
音楽 フランク・スキナー
撮影 ジョセフ・A・ヴァレンタイン
編集 オットー・ルドウィグ
製作会社 フランク・ロイド・プロダクションズ
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 インターナショナル・プロモーション映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1942年4月22日
日本の旗 1979年4月28日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

逃走迷路』(とうそうめいろ、原題: Saboteur)は、 アルフレッド・ヒッチコック監督による1942年アメリカ映画

あらすじ[編集]

カリフォルニア州グレンデールの航空会社で働くバリー・ケインは、軍需工場への破壊工作: saboteur)(サボタージュ)の濡れ衣を着せられる。親友のメイソンに渡した消化器にガソリンが詰めてあったとして事件の容疑者に仕立てられる。手がかりはバリーに消化器を渡した男フライだったが、従業員ではなかった。彼が落とした封筒にあった住所「ディープ・スプリングス牧場」に向かう。だが、大牧場主のトビンは、フライという男など知らない、と言い放つ。トビンの孫が何気なく手紙をバリーに渡す。フライからの電報で「ソーダシティに向かう」と書いてあった。しかし、トビンの通報で駆けつけた警察にバリーは逮捕。護送中、スキをついてバリーは橋から飛び降りて逃げる。人目のつかない小屋に避難し、盲目のミラー(マーティン)という紳士に助けられる。広告看板にもなっている姪のパットは「市民の義務」だから当局に引き渡そうとするが、無実を主張するバリーに心動かされ、犯人捜しを手伝うことに。サーカスの一団がかくまってくれたり、捜査網をくぐり抜けるうちに、2人は愛し合うようになる。ソーダシティーに着いた2人は廃墟の中にナチの破壊工作員たちの連絡場所を見つける。工作員に接触し、自分もメンバーのふりをしてニューヨークに発つ。ニューヨークで、バリーはパーティーたけなわの豪華マンションに連れて行かれる。そこには逃れたはずのパットが警察に事実を話そうとしたとして捕えられていた。バリーはパーティーの客たちに主催者がナチの工作員であることを告げようとするが、地下に監禁される。スプリンクラーを作動させ、消防隊を呼び、騒ぎに乗じてマンションを逃げ出す。新聞でブルックリンのキアニーヤードで進水式があることを知ったバリーは工作員のひとりが何度も「キアニー」という言葉を口にしていたことを思い出す。彼らの目的は、戦艦アラスカ号爆破だったのだ。造船所に急行したバリーはついにフライともみ合う。ロックフェラー・センターから自由の女神像へと逃げ、パットが追いかける。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TV版 BD版
バリー・ケイン ロバート・カミングス 田中秀幸 高橋広樹
パット プリシラ・レイン 潘恵子 小林沙苗
フライ ノーマン・ロイド 納谷六朗 檀臣幸
トビン オットー・クルーガー 中村正 金尾哲夫
ミラー(パットの叔父) ボウハン・グレイザー 佐々木敏
フリーマン アラン・バクスター 家中宏
トラック運転手 マレイ・アルパー 後藤哲夫

TV版:日本テレビ金曜ロードショー」 放送日:1987年5月22日

備考[編集]

原題『Saboteur』とよく似たタイトルで、同じヒッチコック作品である1936年イギリス映画Sabotage(別名:The Woman Alone、邦題:サボタージュ)』と間違われることがあるが「破壊活動者」の意味で完全な別作品である。

本作のクライマックスシーンは公開当時は撮影方法が公表されなかったため、「このアングルをどのように撮影したのか?」と話題を呼んだ[要出典]

当初ヒッチコックは、ヒロインにマーガレット・サラヴァンバーバラ・スタンウィックの起用を希望していたが、結局プリシラ・レインが演じることになった[1]

脚注[編集]

  1. ^ Saboteur (1942) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]