ダニー・ボイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニー・ボイル
Danny Boyle
Danny Boyle
本名 Daniel Boyle
生年月日 1956年10月20日(57歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド グレーター・マンチェスターベリーラドクリフ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画監督映画プロデューサー
活動期間 1980年 -
主な作品
トレインスポッティング
28日後...
スラムドッグ$ミリオネア
127時間

ダニー・ボイルDanny Boyle, 1956年10月20日 - )は、イギリス映画監督映画プロデューサー

来歴[編集]

生い立ち[編集]

グレーター・マンチェスターベリーラドクリフにて、アイルランド・カトリック教徒の労働者階級の両親の元に生まれる。

バンゴア大学在籍中に女優のフランシス・バーバーと恋愛関係にあったことが知られている。尊敬している監督としてリドリー・スコットの名前を挙げている。

キャリア[編集]

ウェールズバンゴア大学卒業後、ジョイント・ストック・シアター・カンパニーの舞台監督としてキャリアを始め、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーでも5つの作品を手掛けた。その後、イギリスのテレビ界に入って『モース警部』などの制作で知られるようになる。

1994年に初監督作品『シャロウ・グレイブ』を発表。1つの死体と大金を巡り、親しかった3人のルームメイトが互いに疑心暗鬼に陥ってゆくストーリーで、ブラックユーモアとスタイリッシュな映像が話題となった。1996年には2作目の『トレインスポッティング』が大ヒットし、イギリス映画史上最も興行収入をあげた作品のひとつとなった。翌年1997年に『普通じゃない』でハリウッド映画へ進出。(ここまでの3作品とも、すべて主演にユアン・マクレガーを起用)

2000年にはレオナルド・ディカプリオ主演で『ザ・ビーチ』を監督。ボイルは当初主演にユアン・マクレガーを考えていたが、スタジオ側がよりヒットを狙える集客力のあるスターを望み、最終的にディカプリオが起用された。しかし結果的にこの作品は低評価に終わり、興行収入も1億5000万ドル弱に留まった。[1]

2002年、当時無名だった俳優のキリアン・マーフィーを主演に抜擢し、低予算で製作したSFホラー映画『28日後...』が世界的にヒット。2007年公開のSF映画『サンシャイン2057』では、国際色豊かなキャストを起用し、その中の一人として真田広之も出演している。

2008年公開の『スラムドッグ$ミリオネア』では、インドスラム街で育った無学の青年がクイズ$ミリオネアで快進撃を成してゆく数奇な運命を含蓄に富んだ演出で描き、アカデミー監督賞を始めとする多数の映画賞を受賞した。2010年には、実在の登山家アーロン・ラルストンの遭難体験を映画化した『127時間』で、前作に続き英国アカデミー監督賞にノミネートされるなど、映画監督としての手腕を改めて証明する形となった。

2012年ロンドンオリンピック開会式の芸術監督に選ばれ、式典演出を担当した[2]

脚本(TVシリーズ)ダニエル・ボイル名義[編集]

  • モース警部シリーズ 1991~1992
  • マクベス巡査 1995~1997
  • コナン・ドイルの事件簿 2001

監督作品[編集]

脚註[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ ボイル監督、硬軟織り交ぜた演出/開会式 日刊スポーツ 2012年7月28日閲覧

外部リンク[編集]