ギレルモ・デル・トロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギレルモ・デル・トロ
Guillermo del Toro
Guillermo del Toro
2011年9月
本名 Guillermo del Toro Gómez
生年月日 1964年10月9日(49歳)
出生地 メキシコの旗 メキシコ ハリスコ州グアダラハラ
主な作品
ミミック
ブレイド2
ヘルボーイ』シリーズ
パンズ・ラビリンス

ギレルモ・デル・トロまたはギジェルモ・デル・トーロ[1](Guillermo del Toro, 1964年10月9日 - )はメキシコグアダラハラ出身の映画監督脚本家小説家

来歴[編集]

10代のはじめから映画に興味を持ち、『エクソシスト』の特殊メイクを手がけたディック・スミスに直接手紙を送り、大学卒業後アメリカに渡り彼の元で学ぶ。メキシコに帰国後特殊メイク・造形の会社を立ち上げ10年以上特殊メイクに関わった後、29歳で本格的に映画監督に乗り出す。

日本のマンガや特撮映画、ロボットアニメに影響を受けており、中でも円谷英二を尊敬しているという[2]大友克洋の『童夢』を映画化するという計画があったが、2009年現在頓挫している様子である。

マイク・ミニョーラの大ファンであり、『ヘルボーイ』の映画化は彼が長年夢見ていた企画であった。だが原作者ミニョーラとともにヘルボーイ役にロン・パールマンの起用を主張したため、ジョン・トラヴォルタなどより知名度の高いスター俳優を望んでいたスタジオと対立。説得に7年を要し、製作費を大幅に削減されたが、デル・トロは「それでもロン抜きでは考えられなかった」と語っている。本作のヒットにより、製作会社を大手ユニバーサル・スタジオに移し続編『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』が製作され2008年に公開された。また『ヘルボーイ』準備期間中だった2001年、『ヘルボーイ』映画化へ向けての実験を兼ね、同じくコミック原作のアクション映画である『ブレイド2』の監督を引き受け、マイク・ミニョーラを美術監修に招いてのプラハロケを敢行。前作『ブレイド』を超えるヒットとなった。

2006年、スペインで製作した『パンズ・ラビリンス』は世界的に高い評価を得、ファンタジー映画のヒットメイカーとして広く認知された。

2007年、『バベル』でアカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、デル・トロが2001年にスペインで製作した『デビルズ・バックボーン』の製作総指揮を務めた縁のあるペドロ・アルモドバルら2人のメキシコ人映画監督と共にメキシコで製作会社「チャチャチャ(Cha-Cha-Cha)」を設立。

2008年、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの前日譚である『ホビット』2部作の監督に就任し、製作総指揮のピーター・ジャクソンらと共に脚本も担当することになったが、相次ぐ資金や権利関係のトラブルなどで製作スケジュールが大幅に遅延したため、2010年に降板が発表された。監督はジャクソンが引き継ぐことになったが、脚本にはデル・トロの名前は変わらずクレジットされている。

2009年にはチャック・ホーガンとの共著で初の小説『ザ・ストレイン』を発表。尚、この小説のオーディオブック版ではロン・パールマンによる朗読を聴くことが出来る。

フィルモグラフィ[編集]

作品名 クレジット
監督 脚本 製作
1986 Dona Herlinda and Her Son (製作総指揮)
1993 クロノス
Cronos
Yes Yes
1997 ミミック
Mimic
Yes Yes
1998 Un Embrujo Yes
2001 デビルズ・バックボーン
The Devil's Backbone
Yes Yes Yes
2002 Asesino en serio Yes
ブレイド2
Blade II
Yes
2004 Crónicas Yes
ヘルボーイ
Hellboy
Yes Yes
2006 Hellboy: Sword of Storms Yes
パンズ・ラビリンス
Pan's Labyrinth
Yes Yes Yes
2007 Hellboy: Blood and Iron Yes
永遠のこどもたち
The Orphanage
(製作総指揮)
2008 While She Was Out Yes
ルドandクルシ
Rudo y Cursi
Yes
Cosas insignificantes Yes
ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー
Hellboy II: The Golden Army
Yes Yes
2009 スプライス
Splice
(製作総指揮)
2010 BIUTIFUL ビューティフル
Biutiful
(製作助手)
ロスト・アイズ
Julia's Eyes
Yes
2011 カンフー・パンダ2
Kung Fu Panda 2
(製作総指揮)
ダーク・フェアリー
Don't Be Afraid of the Dark
Yes Yes
長ぐつをはいたネコ
Puss in Boots
(製作総指揮)
2012 ガーディアンズ 伝説の勇者たち
Rise of the Guardians
Yes
ホビット 思いがけない冒険
The Hobbit: An Unexpected Journey
Yes
2013 パシフィック・リム
Pacific Rim
Yes Yes Yes
ホビット 竜に奪われた王国
The Hobbit: The Desolation of Smaug
Yes
2014 ホビット ゆきて帰りし物語
The Hobbit: There and Back Again
Yes

著書[編集]

受賞歴[編集]

部門 作品名 結果
2007 アカデミー賞 オリジナル脚本賞 パンズ・ラビリンス ノミネート
2007 英国アカデミー賞 非英語作品賞 パンズ・ラビリンス 受賞
2007 英国アカデミー賞 オリジナル脚本賞 パンズ・ラビリンス ノミネート
2006 カンヌ国際映画祭 パルム・ドール パンズ・ラビリンス ノミネート
2007 インディペンデント・スピリット賞 作品賞 パンズ・ラビリンス ノミネート
1998 サターン賞 脚本賞 ミミック ノミネート
2007 サターン賞 監督賞 パンズ・ラビリンス ノミネート
2007 サターン賞 脚本賞 パンズ・ラビリンス ノミネート
2008 サターン賞 ジョージ・パル記念賞 受賞

脚注[編集]

  1. ^ 「ギジェルモ」は欧米で一般的な人名ウィリアム(英)/ヴィルヘルム(独)/ギョーム(仏)のスペイン語対応形である。
  2. ^ ジャパコンTV「ジャパンカルチャーの伝道師」出演時のコメント

外部リンク[編集]