マグマ大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マグマ大使』(マグマたいし)は、手塚治虫漫画作品、およびこれを原作にした実写の特撮テレビ番組およびOVA。そして、これらの作品の主人公の名である。

漫画版[編集]

マグマ大使とは、地球の創造主アースが、地球侵略を狙う「宇宙の帝王」ゴアとの戦いのために生んだ「ロケット人間」である。マグマ大使は、アースがマモル少年に与えた特殊な笛によって呼び出される。マモル少年たち正義の味方と、地球征服を企む宇宙の帝王ゴア、ゴアの差し向けた敵との戦いを描く。

少年月刊誌『少年画報』に1965年5月号から1967年8月号まで連載。テレビ版と異なり、怪獣はほとんど登場せず、どんな人間にも変身できる人間モドキや一つ目の種族サイクロップスなどの等身大の怪人が多く登場しており、また、宇宙の帝王ゴアもテレビ版以上に積極的な活躍を見せた。ラストが異なるものがあり、ゴアの正体には、蜘蛛のようなものとテレビ版のゴアゴンゴン風のものの二種類ある。

後半はバラエティに富んだ展開ではあったが、作者である手塚の過密スケジュールのため、別の人物による代筆となっている。この為、代筆部分を自分名義の作品とすることを手塚自身が容認できず、後半のサイクロップス編は単行本化されていない[1]

登場人物[編集]

マグマ大使
アースに地球を守るために作られた「ロケット人」。武器は頭部の2本のアンテナから出す熱線砲。両手は高速回転するとジェット気流を巻き起こす。胸部からは様々な種類のミサイルを撃ちだす。
モル
マグマの妻。アースの助手をすることが多い。
ガム
マグマとモルの子供。マモルをモデルに作られた。
村上マモル
村上厚
ゴア
アース
ブラックガロン
カオス
人間モドキ
ダバ
ゴアが連れてきた諜報部員の一人。半人半馬のケンタウロスの姿の宇宙人。マグマの破壊とアースの居所の探索の任を受けて砂漠に降り立つ。竜巻を作り出す手裏剣で砂に磁力をつけて、マグマを砂で固め、更には砂の巨人を作り出し襲わせた。マグマに鎖で縛られて、雷雲の中で雷を受けて倒された。
ゾロリ
ゴアが連れてきた諜報部員の一人。エリダヌス座デルタ星第三伴星の魚型の宇宙人。星一番のブ男で、ゴアの能力で星一番の美しい姿に整形してもらうのが望み。マグマの破壊とアースの居所の探索の任を受けて海に降り立つ。テレポーテーションと腹からナイフを撃ちだす能力を持つ。アースの隠れ家を突き止めるが、アースに土くれに変えられる。
コイダマリネ
ゴアが連れてきた諜報部員の一人。植物型の宇宙人で名前通り大根に似ている。マグマの破壊とアースの居所の探索の任を受けて山に降り立つ。根を伸ばして遠くのものを探ることができる。マグマを発見するも、マモルに大量の農薬を駆けられて、溶けてしまう。

テレビ版[編集]

1966年(昭和41年)7月4日から1967年(昭和42年)9月25日まで全64回(52話 + 再放送12話)がフジテレビ系で毎週月曜日19:30 - 20:00(39話まで)、19:00 - 19:30(40話から)に放送された。本作品は、日本初の全話カラー放送された特撮ドラマであり、放映初日は『ウルトラマン』に13日先んずるものである[2]

概要[編集]

本作は、前番組の『W3』が裏番組の『ウルトラQ』に視聴率を奪われたことから、フジテレビがこれに対抗しうる特撮番組制作を企画したことに始まる。フジテレビはこれを東急エージェンシーに依頼。

これに先駆けて、ピー・プロダクションは『クラブ君の冒険』(秋玲二原作)というテレビ特撮番組の白黒パイロットフィルムを制作していた[3]。ピープロ社長のうしおそうじによると、この作品を虫プロで試写した際に、同席していた東急エージェンシーのプロデューサー上島一男の目に留まることとなった。これを買い付けた上島はスポンサーにロッテをつなぎ、局に打診したところ、ロッテ側から「もっと知名度のあるものを」との声が上がった。これを受けてうしおが、当時手塚治虫が雑誌連載中だった『マグマ大使』の映像化を思いつき、箱根で忘年会中だった旧友手塚の元へ直接談判に向かい、実現させたのが当作である。手塚側は実写化に当たって、当初この『マグマ大使』と『ビッグX』の二者を候補に挙げたという[4]

うしおから実写特撮ドラマ化の話を持ちかけられた当初、原作者の手塚治虫は1959年実写版『鉄腕アトム』が1年間に及ぶ人気作となったものの、原作のイメージと余りにもかけ離れていたため、自分の漫画を実写にすることに対し不信感を抱き難色を示していた。こうした経緯もあり、手塚が『マグマ大使』の実写化を許諾したことは、うしおによれば業界の内外でも大きな驚きをもって受け止められたという。後年、手塚はこの作品に関して、「当時の予算と技術力としては最高水準の出来栄えであり、本当に素晴らしい作品だった」と語っている。

ただ、フジテレビ側では前代未聞の特撮ヒーロー番組企画に及び腰の声が強く、「この企画が通ったのはひとえに東急エージェンシーの上島プロデューサーの熱弁があったおかげ」と、うしおは語っている。こうして制作が決定したが、放映開始までの製作期間に余裕がないために、第1話は脚本を製作する暇がなく、そのため原作漫画をほぼそのまま使用したとのことで、「ジェット気流」の説明のくだりなどは未映像化に終わっている。

番組予算はうしおによれば、一本につき500万円[5] で、決して低い額ではないが、やはり手間暇のかかる特撮ドラマだけに、ストーリーは基本的に4話で完結する方式を取っていた。しかし、あまりにも長いストーリー展開に当時の視聴者が難色を示したため、41話以降は2話完結に変更されている。そのため、シナリオも1冊に4話、もしくは2話分のエピソードがまとめられ、後継作の『怪獣王子』も同路線になった。うしおによれば、番組開始前のプランニングには映画畑の人材が集められたが、その中には田原総一朗の姿もあったという[6]

アニメ制作会社でもあるピープロ作品の特徴として、実写とアニメーションの合成が多用されている。 縮小化した「ミクロン人間」が動き回るカットなど、他社には見られない画作りとして高い効果を上げていた。オープニングや、第1話の始祖鳥のカットなどのリアル・アニメーションの作画は、戦前のアニメ映画で活躍した政岡憲三が担当する豪華さだった。また、これもピープロの特色として、渡辺善夫による緻密な合成作画が「マモルの家」など随所に使われ、独特の雰囲気を画面に生み出している。

漫画版と異なり、放送開始当時の「怪獣ブーム」の牽引役として、マグマ大使と怪獣の戦いを見せ場とし、視聴者から募集したものも含めて多くの怪獣が登場。商品化された怪獣も多かった。劇中で怪獣に破壊されるミニチュアの製作は、円谷英二の下で活躍した入江義夫が中心となっており、日本各地の名所・旧跡の精巧なミニチュアが話題となった[7]東大寺のミニチュアなどは、中にしっかり大仏まで作り込まれているこだわりようで[8]、うしおそうじはこれらのミニチュアについて「現在のテレビ番組では(予算的にも技術的にも)作るのは到底不可能だろう」と語っている。プロデューサーの瀬戸口によると、東大寺を破壊した際には宗教界から苦情が殺到し、脅しめいた手紙まで届いたという[9]

ピープロとしても初の実写特撮番組でもあり、放映開始に先立ち、うしおそうじは師匠の円谷英二に挨拶をしている。その後円谷は『ウルトラマン』の放送準備で円谷特技プロダクションが大わらわになっている中、「鷺巣(うしお)くんところのマグマ大使は大丈夫かな」とウルトラマンそっちのけでマグマ大使の心配ばかりしていて、息子の円谷粲らが「親父、少しはウルトラマンの心配をしてくれよ」と頼んだほどだった。

主題歌、劇中音楽は山本直純[10] が担当。うしおそうじによると、山本自身手塚の大ファンであり、「手塚さんの番組の音楽を担当できるなんて夢みたいだ」と大喜びで作曲してくれたそうである。また、当初は「0戦はやと」とのつながりから渡辺岳夫を予定していたという。

製作途中、特撮監督の小嶋伸介が特撮に苦戦していた『怪獣王子』への応援に京都へ移ったため、助監督であった堺武夫が特撮演出に昇格した[11]

視聴率は30%台をマークし、「第一次怪獣ブーム」の牽引役となった[3]

アメリカでは『スペース・ジャイアンツ』のタイトルでテレビ放映された[12]

2013年7月6日(土)の午前11:00、NHKBSプレミアムの「手塚治虫×石ノ森章太郎 TV作品初回・最終回大集合!」内で初回、最終回が放映された。ただしオープニング、エンディングはノンテロップである。

スタッフ[編集]

主な登場キャラクター[編集]

マグマ大使(演:魚澄鉄也
アースに生み出された金色のロケット人間。基本の身長は6m。怪獣と戦う際にはこれに対応して巨大化する(なお序盤では巨大化はせず、初の巨大化戦闘は第13話のアロン戦である)が、ワンカットで見せる巨大化描写はついぞなく、文献などでも「(視聴者には)非常にわかりづらい」と評されるものだった。武器は頭部アンテナからの熱線砲と腹部からのミサイル(これはロケット形態でも使用可能)。そして、中盤から登場したジェット気流。これはアースに封印されていたもので、ロケット形態で回転しながら飛び回ることですさまじい竜巻を起こす技である。また、アースから武器を与えられることもある。
マグマ大使ら「ロケット人間」は、特殊金属の体を持ち、人間型とロケット型に変形する。ただし人型でも空を飛ぶ事は可能。日本を遠く離れた無人の火山島を基地としており、出入り口はその火口にある。
演技者は魚澄鉄也。体力の必要な役柄を考慮し、うしおは魚澄に食事をどんどん採らせ、20キロ近く肥らせたが、1967年8月に製作されたパイロット版『豹マン』の主人公・銀河系太郎役は素顔での出演のため、逆にダイエットしなければならなかったそうで、結局、太めの体格のまま撮影に至ったという。
マグマ大使の造型は大橋史典開米栄三。大使の髪の毛はカツラ形式で、希少で高価な中国産のヤクの毛が使われ、水に濡れるなどするとすぐに使い物にならなくなるため、常時5つほど用意され順次取り替えていたという[16]。頭はFRP製、胴体はラテックス製発泡ウレタンだったが、金色塗料による腐食で劣化が激しく、放映中、何体も新調されている。
マグマ大使、ゴアのぬいぐるみ着ぐるみ)の手は当初、原作漫画同様4本指だったが、第2話から5本指に変更されている。
パイロットフィルム版では、マグマの顔は演者・魚澄の素顔に直接金粉メイクを施して撮影されている。手塚治虫の原作漫画のイメージに非常に近くスタッフや関係者からも好評だったが、着ぐるみによるアクションの熱で金粉の下の顔が真っ赤になることや、何よりも番組の海外への売り込みを考慮し[17]、本放送ではこの演出を断念。被り物のマスクによる撮影に変更された。
アメリカ放映版での名称はゴールダー[12]
モル(演:應蘭芳
マグマの妻。銀色のロケット人間で、人間と同じ大きさ[18] 。人間同様に呼吸しているようで、ドクロ島への海中からの潜入の際にはアクアラングを装備した。マグマ大使と同様に、頭にヘアバンド式のアンテナを付けているが、マモルたちの元へ来る際にはスーツと同色の、アンテナのついた銀色のスイムキャップ状の被り物を着ける。
ガム(演:二宮秀樹吉田次昭[19]
マグマの子供。マモルをモデルにつくられたロケット人間で、人間の子供と同じ大きさ。赤白模様のロケットに変形する。一度アースによって人間になったことがあるが、また元のロケット人間に戻った。なお、モルとガムもマグマと同じく熱線砲とミサイルを使えるが、二人は人間と同じ大きさであるため、マグマのものより威力は数段劣る。
アンテナ付きのヘルメットを被っており、このヘルメットはゴムの耳覆いのついたものだったが、9話からは一体型の耳覆いが付いたタイプに変更された。この際水色から、白地の中央に赤い縁付きの青いラインが入るものに変更された。
大使がマモル少年と関わったことから、マグマ夫妻も子供が欲しくなり、その願いを聞き入れたアースがマモル少年をモデルに長男・ガムを誕生させた。ガムという名はスポンサーがロッテだったためと言われている。主人公のマモルと固い友情で結ばれており、年恰好も似ていることから、マモルがまず呼び寄せるのはたいていガムだった。
アース(演:清水元
地球の創造主で、長く白い髪と髭をした人間の男性老人の姿をとっている。ゴアへの対抗のためにマグマ一家を作り出した。地球を創造し、人間を創ったが全能というわけでもなく、植物は自然発生したものなので御せず、植物体である人間モドキにはお手上げだった。
マグマ大使らを助け、様々なアイテムを授ける。最終話では寿命の来たことを悟って入滅し、大宇宙にある神々の里オリンポスへ帰還する。
ゴア(演:大平透遠矢孝信菊池英一[20]
自称「宇宙の帝王」、「地球の征服者」。これまでに数多くの星を征服しており、住民を自軍の戦力として取り込んでいる。また、サルタンらは「地球人は宇宙征服をたくらむ残忍な生き物である」と吹き込まれて戦力参加させられていた。我欲が強く、怒りっぽく残忍な性格であるが、滅ぼした星々の子供たちを円盤内で養うという意外な一面も持っている。ゴアの声にはエコー処理が施された。
造型は大橋史典。大橋は当時「日本電波株式会社」との契約問題がこじれてうしおそうじ宅に匿ってもらっており、大使、ゴア、大恐竜(アロン)の着ぐるみは、うしおの自宅で製作された。
大平は当初声優としての起用だったが、「セリフのタイミングが合わせづらい」として、うしお社長に「どうしても自分でやりたい」と申し出て、第1話から自らスーツアクターを務めた。その際に着ぐるみの作り直しの費用が発生することを考慮して、「スーツアクターとしてのギャラは不要」と申し出ている。この大平透の申し出に合わせ、うしおの自宅で大平の顔の石膏型が取られ、大平の顔に密着したマスクが作られた。
ゴアの部下
ゴアの円盤で使役される生命体。黒ストッキングを被ったようなのっぺらぼうで、全身真っ黒な姿をし、赤い裏地の黒いマントを羽織っている。銃火器で武装しているが、少年のマモルに投げ飛ばされるなど、戦闘能力は低いようである。名前も顔もないが、働きによっては第43話のガベルのように、ゴアに顔や名を与えられた者もいる。
人間モドキ
ゴアの命令で、ルゴース星人が作り出した植物生命体。黒ストッキングを被ったような容姿をしており、人間態で暗躍する。弱点は「GGH9」という細菌兵器。
人間モドキがガムの熱線にやられてドロドロに溶ける特撮シーンには、寒天が使われた。
怪獣
ゴアが大宇宙から呼び寄せ、地球を襲う。正体は巨大怪獣だが、普段は人間態でいるものも多い。
怪獣デザインは入江義夫が行い、開米栄三が造形を行った。当時は怪獣制作に使うウレタンマット素材の業者卸などなく、開米は布団のマットを購入し、ウレタンを取り出して使用したと当時の苦労を語っている。これも開米によれば、独創的なスタイルのダコーダは、特撮監督の小嶋伸介のデザインである[21]

キャスト[編集]

本作のキャスティングは、岡田眞澄應蘭芳イーデス・ハンソンなど、子供番組の枠を超えた幅広いものだが、これは東急エージェンシーのプロデューサー、上島一男の尽力による。

村上マモル
江木俊夫
正義感の強い、勇敢な少年。父が「NPI通信社」の記者を務める関係で、ゴアとマグマ大使両者と関わるようになる。アースの下に招かれ、「ロケット型の笛」をもらう。この笛を「一度」吹けばガムが、「二度」吹けばモルが、「三度」吹けばマグマ大使が超音速でマモルの下へ駆けつける。
フレニックスによって音波が吸収されて超音波笛が使えなくなった時には、アースによって、「一回」撃つとガムが、「二回」撃つとモルが、「三回」撃つとマグマ大使がやってくる信号弾銃が代わりに与えられた。番組宣伝用の火山島セット内の特写スチルで、超高速怪獣バドラ(第5~8話登場)と村上マモルのツーショットで写ったものがあるが、マモルは右手にこの信号弾銃を持っていて、この小道具が流用されたものらしい。
また、この笛の音は録音したものでも有効で、第43話では、録音された笛の音があちこちで吹き鳴らされて、マグマ一家がおおわらわになっている。なお本編で使われた超音波笛はガムのロケットを基にデザインされたものだったが、パイロット版ではロケット型ではない金色の笛だった。最初の設定では超音波笛はなく、マモルが「マグマ大使ーッ!」と叫べばどんなに遠距離でも頭にあるアンテナでマモルの声を正確に聞き分けることができるという設定だったという。
第25話では、アースから熱線銃をもらったが、数話の使用にとどまった。
村上厚
岡田眞澄
マモルの父で、「NPI通信社」の記者。資産家の家柄らしく、伊豆に執事つきの別荘を持っている。
村上友子
八代万智子
マモルの母。夫も息子もすぐにいなくなるため心配が絶えない。第9話でルゴース2号にすり替えられ、行方不明となり、第25話でようやく無事帰還する。
水野デスク
睦五郎
村上厚の上司。第12話までの登場。
木田記者
黒丸良
村上厚の同僚で、名古屋支局の記者。村上とともに何度も死線を潜り抜けている。準レギュラーだったが、第26話から東京支社に転属されレギュラーとなる。
リズ
イーデス・ハンソン
第9話から第25話まで登場した、村上厚の同僚の白人女性カメラマン。
海老名隊長
北島一男
第26話より登場する国際緊急出動隊(通称スクランブル)の日本本部隊長。
ナレーター
田口計(第13話より)

声優[編集]

  • マグマ大使の声:金内吉男
  • ゴアの声:大平透
    • ゴア役の大平は第50話で緑の花を発見した細菌研究所の藤波博士の役で、顔出しでも出演しており、大平登場直後に場面が変わってゴアが登場し、人類が緑の花を発見したことを悔しがるという趣向となっている[22]
  • ガムの声:野沢雅子 (第41、42話のみ[23]

ゲスト出演者[編集]

  • ゴアの使い(第1話):樋口功
  • 牛乳配達 (第1話):片桐襄二
  • 子供たち(第1話):劇団ひまわり
  • 野球帽の少年(第1話):古谷徹
  • 中央気象台地震課所長(第3話):吉沢久嘉
  • 中央気象台地震課課長(第3話):鈴木泰明
  • カーラジオの声(第3話):能村庸一
  • 防衛庁長官(第4話):南道郎
  • 中継アナウンサー(第4話):能村庸一[24]
  • YS-11旅客機機長(第5話・第8話):守田比呂也
  • 旅客機副操縦士(第5話):田中淑隆
  • 名古屋大学・西川教授(第5話・第6話):幸田宗丸
  • ナレーター、中継ナレーター、カーラジオ・ニュースの声(第5話):能村庸一
  • スチュワーデス(第5話):松尾佳子
  • 対策本部空自参謀(第6話):永谷悟一
  • 対策本部警察幹部(第6話):入江正徳
  • 宇宙人の子供たち(第6話):劇団ひまわり
  • アラン星のチクル(第6話~第8話):山本智子
  • チクルの声(第6話~第8話):松尾佳子
  • 中京原子力発電所所長(第6話・第7話):落合義雄
  • 中京原発所員(第6話・第7話):菊池英一
  • TVニュースの声(第8話):能村庸一
  • まもるの友達(第9話):水谷豊
  • まもるの友達(第9話):劇団ひまわり
  • 国立科学博物館天文所員、ニュース・アナウンサー(第9話):津嘉山正種
  • ルゴース2号(第9話~第12話):菊池英一
  • 岡崎警部補、人間モドキ10号(第10話~第12話):石橋雅美
  • テレビ時代劇の侍(第10話):菊池英一
  • セントラル病院看護婦(山科鈴子)、人間モドキ13号(第10話・第11話):炎加世子
  • 国連事務総長(第11話):ハロルド・コンウェイ
  • 村上家別荘の徳造老人(第13話・第14話):小笠原章二郎
  • パル遊星人キング(第13話・第16話):片山滉
  • パル遊星人王姫リーザ(第13話~第16話):高見理紗
  • アロン人間体(第13話):奥村公延
  • 岩崎博士本部長(ルゴース3号)(第14話・第15話):穂積隆信
  • 岩崎博士の部下(第14話):増岡弘
  • TVアナウンサー(第14話・第15話):岩佐徹
  • ドクロ島の人間モドキ(第14話):ジャック・ウンガン
  • N.P.I.次長長谷(第15話):川喜多雄二
  • N.P.I.次長(第17話~第20話):笠間雪雄
  • モッズ病院の医師(第17話・第18話):鎗田順吉
  • モッズ病院の看護婦(第17話・第18話):田村奈巳
  • スポーツカーの青年(大原)(第17話):山口暁
  • 青年の彼女(大原悦子)(第17話・第18話):山口千枝
  • 悦子の弟(大原京一)(第17話・第18話):榊原秀春
  • ガレオン人間体(第17話):仙波一之
  • ドロックス人間体(第17話・第18話):田中一
  • 作業員(第18話): 西尾徳
  • 警部(第18話): 阪脩
  • マリア荒木(第19話・第20話):岡田恭子
  • ザンバ(第19話・第20話):保科三良
  • バランゴ島空港管制官(第19話・第20話):飯塚昭三
  • 宇宙科学研究所・山科博士(第21話~第24話): 新井和夫
  • N.P.I.関西支局・川島部長(第21話~第24話): 真木祥次郎
  • スペクター1号(第21話・第22話):鹿島信哉
  • スペクター2号(第21話~第24話): 西山連
  • スペクター3号(第21話~第24話): 井上弦太郎
  • 国連・スニーダ博士(第21話):ハロルド・コンウェイ
  • 新倉博士(第22話~第24話): 小池明義
  • スペクター4号(第23話・第24話):国島英慈
  • セスナ機整備士(第24話):村上允俊
  • サルタン(第25話~第28話):滝恵一
  • 田中(第25話~第28話):田中一
  • 荒船(第25話~第28話):小倉雄三
  • ミクロン人間の暗殺団(第27話):菊池英一、松島映一
  • ゴア円盤内の部下(第28話):菊池英一、松島映一
  • 科学者のひとり(第28話):鈴木泰明
  • 姥子ホテル支配人(第29話): 里木佐甫良
  • 姥子ホテル番頭(第29話~第31話): 里見たかし
  • ザムザ人間・猟師の舟山(第29話~第31話): 根元嘉也
  • ザムザ人間・旅行者の木村(第29話~第31話): 立川雄三
  • 宇宙科学研究所神川博士(第29話~第31話): 若宮忠三郎
  • 木村の妻・秀代(第30話・第31話): 青木和子
  • ラジオ・ニュース(第31話): 小林大輔
  • オリンポス星・宇宙の神ゼウス(第32話):瑳川哲朗
  • スクランブル・レーダー係(第33話・第34話・第36話): 渡辺晃三
  • TVニュースの声(第33話):田口計
  • 野球をする子供たち(第33話):劇団ひまわり
  • リード博士(第34話~第36話): ピエール・ピロッツ
  • ゴアの部下・安部峠の猟師(第35話): 二見忠男
  • TVアナウンサー(第35話・第36話): 岩佐徹
  • 国際緊急出動隊・矢澤隊員(第33話~第39話):灰地順
  • MM団シュナイダー(第37話~第40話):菊池英一
  • ゴアの部下バラモン(第37話~第40話):田中一
  • ジョージ山口(X26号)(第38話・第39話):大月ウルフ
  • ゴアの部下・ガベル(第43話・第44話):石橋雅史
  • 国際緊急部隊・隊員(第43話・第44話):渡辺晃三
  • ニュースの声(第44話):能村庸一
  • 原田五助(宮司)(第45話~第48話):高塔正康
  • 原田ヒデ(その妻)(第45話~第48話):神谷千史
  • 交番巡査(第45話):松島映一
  • 海坊主(第45話・第46話):鹿島邦義
  • 日光の病院院長(第47話・第48話):筈見純
  • カニックス(第47話・第48話):三山登士
  • ニュースの声(第48話):小林大輔
  • 国際緊急出動隊員(第49話~第51話):松島映一
  • 山形大学細菌研究所・藤波博士(第49話・第50話):大平透
  • 赤ん坊の母親(第51話):西朱実
  • ゴアゴンゴン(第51話):鹿島邦義

放送リスト[編集]

※各怪獣の詳細はマグマ大使の登場怪獣を参照。

話数 サブタイトル 登場怪獣 脚本 監督
1 わたしがゴアだ
  • 大恐竜
若林藤吾 加戸 敏
2 宇宙怪獣モグネス襲来す
  • モグネス
高久 進 土屋啓之助
3 ガム! モグネスを倒せ
4 危機一髪 東京!
5 怪獣バドラ誕生す
  • バドラ
山浦弘靖 中尾 守
6 マグマ大使対バドラ
7 危うしマグマ大使
8 バドラの最後
9 謎の空飛ぶ円盤
  • フレニックス
  • ルゴース2号
高久 進
梅樹しげる
土屋啓之助
10 音波怪獣フレニックス
11 人間モドキを倒せ
12 怪獣フレニックス最後の日
13 最後の遊星人
  • アロン
  • ルゴース3号
高久 進
14 ドクロ島
15 怪獣アロンを撃て
16 地球最後の日
17 ガレオン地球を攻撃せよ
  • ガレオン
西田一夫
18 生き人形の怪
  • ガレオン
  • ドロックス
19 バランゴ作戦 山浦弘靖
20 死闘・二大怪獣!
21 細菌を追え!!
  • ストップゴン
  • スペクター
梅樹しげる
22 あの宇宙ロケットを停めろ!!
23 怒る怪獣ストップゴン 内山順一朗
24 地球人反撃せよ
25 悪魔からのクリスマス・プレゼント
  • ダコーダ
  • サルタン
  • ミクロン人間
高久 進 船床定男
26 冷凍作戦完了す
  • ダコーダ
  • サルタン
  • ミクロン人間
  • 巨人人間
27 裏切り者サルタンを殺せ
28 怪獣ダコーダの最期
29 マグマ大使と自由の女神
  • テラバーデン
石堂淑朗
30 怪獣テラバーデン対スクランブル
31 ゴアの魔手から地球を守れ!!
32 大涌谷の決闘
33 恐怖の怪虫ピドラ
  • ピドラ
内山順一朗 船床定男
菊池 明
34 迫る魔の手・宇宙植物ネスギラス
  • ピドラ
  • ネスギラス
35 危うしマグマ基地
36 地球を救え
37 狂人と水爆・毒ガス海獣サソギラス登場
  • サソギラス
  • バラモン
高久 進 船床定男
38 さらば! 毒ガス海獣サソギラス 水爆を探せ
39 怪獣グラニアただ今出現
  • サソギラス
  • グラニア
  • バラモン
40 いそげ! マグマ大使・くたばれ怪獣グラニア
  • グラニア
  • バラモン
41 幻怪獣バルザスの猛襲
  • バルザス
内山順一朗
42 マグマ大使とバルザスの激闘
43 マグネット怪獣ジギラ現わる!
  • ジギラ
  • ガベル
44 マグマの使命
45 日光に現れた海坊主の謎
  • 海坊主
石堂淑朗 船床定男
菊池 明
46 怨霊怪獣海坊主対マグマ大使
47 電磁波怪獣カニックス新宿に出現
  • カニックス
48 東照宮の危機・電磁波怪獣カニックス大暴れ
49 再生怪獣キンドラ出現
  • キンドラ
高久 進 船床定男
50 くたばれ! 宇宙カビ怪獣キンドラ
51 宇宙怪獣ゴアゴンゴン襲来す!
  • ゴアゴンゴン
52 宇宙の帝王ゴア対マグマ大使 最後の戦い

映画版[編集]

マグマ大使
監督 土屋啓之助
原作 手塚治虫
製作 ピー・プロダクション
上島一男
ナレーター 田口計
出演者 魚澄鉄也
吉田次昭
三瀬滋子
清水元
岡田眞澄
音楽 山本直純
撮影 須藤登
編集 田賀保
製作会社 ピー・プロダクション
配給 東映
公開 日本の旗 1967年
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東映の劇場で、1967年3月19日より、第20話『死闘・二大怪獣!』が上映された。同時上映は、『少年ジャックと魔法使い』、『サイボーグ009 怪獣戦争』。

映像ソフト化[編集]

参考文献・出典[編集]

  • 『スペクトルマンvsライオン丸―うしおそうじとピープロの時代』(太田出版)
  • 『巨大ヒーロー大全集』(講談社)
  • 『ファンタスティックコレクションNO17 ピープロ特撮映像の世界』(朝日ソノラマ)
  • 『マグマ大使LDBOX』解説書
  • 『ぼくらが大好きだった特撮ヒーローBESTマガジン』(講談社)
  • 『手塚治虫とボク』(草思社)
  • 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  • 「日本特撮マイスターFILEスペシャル マグマ大使入江義夫編」、『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ2004年5月1日、 pp.70-73、119-121、 雑誌コード:01843-05。

関連項目[編集]

  • 007 ドクター・ノオ
    • 第21話「細菌を追え!!」で、聾唖者に偽装した三人組暗殺者のシーンは、同映画の冒頭の「盲ねずみ」の暗殺シーンのパロディである。
  • アースノーマット
    • アース製薬がテレビCMで、劇中のキャラクター「アース」に引っかけて、マグマ大使を主題歌の替え歌と共に登場させた。このマグマ大使は、パイロットフィルム版のパロディとして、笑福亭鶴瓶が素顔で演じる趣向となっていた。
  • 「GOA(Global Outstanding Assessment)」
  • 「MAGMA(Mazda Geometoric Motion Absorption)」
    • トヨタの「GOA」に対してマツダが開発した高剛性・安全ボディの名称。
  • 「三冠王・落合」
    • 中日選手及び監督時代の落合博満の応援曲。
フジテレビ 月曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
マグマ大使
フジテレビ系 月曜19:00枠
わんぱくフリッパー(第1期)
(→枠交換)
マグマ大使
フジテレビ系 ロッテ一社提供
W3
マグマ大使
怪獣王子
※19:30 - 20:00

OVA版[編集]

1992年から1993年にかけてバンダイビジュアルよりOVA・LDが発売された。復活させられたゴアとマグマ(アース)との対決を主軸に描いているが、それを取り巻く周辺環境や過程(飛鳥父娘とに関わるオカルト要素・国家の謀略など)については大胆に脚色を加えており、見応えのある世界観となっている。

特に本編後半に差し掛かるまで、村上厚・マモル父子の周辺を除いて、可視状態のマグマは敵とみなされ、人間(国家)からも様々な攻撃を受ける。実は日本国家の中枢が秘密裏にゴア側と古くから取引を交わし、経済成長という利益を得ていたのであった。「マグマは正義か、悪か」というプロットや、(鬼虎神社)で復活を待つウドーといった部分は、後年の『ガメラ3 イリス覚醒』に通ずる点がある。

監督を始めとする製作スタッフの大半は1991年から1年間放映された手塚プロダクション作品『三つ目がとおる(テレビアニメ)』の制作終了後に続投する形で手がけている。
10周年の節目となる2002年にはパイオニアLDCより手塚治虫アニメワールドの一集としてDVD-BOXが発売されている。

スタッフ[編集]

  • 原作、オリジナルキャラクター:手塚治虫
  • 企画:清水義裕、鵜之沢伸
  • プロデューサー:久保田稔、岡崎茂、久保聡
  • 監督:うえだひでひと
  • 音楽:渡辺俊幸
  • シリーズ構成:小出克彦
  • キャラクターデザイン、総作画監督:宇田川一彦
  • 美術監督:岡田和夫
  • 撮影監督:野口肇
  • 音楽制作:日本コロムビア株式会社
  • 録音監督:向山忠志
  • 音楽監督:東上別符精
  • 主題歌
    • 「愛がある星」 作詞:平出よしかつ 作編曲:河野陽吾 演奏/歌:Maybe ※MAKE-UPのメンバーが歌唱しているとの説あり。
    • 「マグマ大使主題歌」 作詞:長谷川竜生 作曲:山本直純 編曲:松原神次 歌:オリュンポス三十二歌神

登場人物[編集]

村上マモル
菊池正美
主人公。厚と友子夫妻の一人息子。アースからマグマを呼ぶ笛を授かるが地球侵略をたくらむゴアに狙われている。テレビ版での年齢は小学生であったが本作では14歳となっており、自分の置かれた境遇に年相応に深く悩み苦しみつつ、アースや厚の正義の力に後押しされて成長して行く。エンディングでは「マモル」表記だが本編中の自宅の表札の表記は「護」となっている。
マグマ
声:大塚明夫
アースによって創造されたロケット人間。ゴアに対抗する金の巨人。普段は大型の人間型ロボットのような姿だがロケット型に変形して飛行することができる。
モル
声:深見梨加
アースによって創造された女性型ロケット人間。人間サイズ。
ガム
声:石田彰
アースによって創造された少年型ロケット人間。人間サイズ。マモルとそっくりの姿をしておりロケット型に変形した時はマモルを乗せる。
アース
声:宮内幸平
地球をつかさどる神。白髪白髭の老人の姿をしている。
ゴア
声:大平透
地球を侵略しようとしている悪の権化。はるかな昔に飛鳥一族により封印されたが復活してしまう。
村上厚(むらかみ あつし)
声:小杉十郎太
マモルの父で新聞記者。友人の飛鳥文明に呼び出されたことからこの“事変”に携わる。ゴアの円盤にまつわる記事は上層部に黙殺された。文明から託された祠の写真をめぐり、マモルや関田らを箱根に連れて独断で調査取材活動を図る。国家がゴア側と結託している事実を突き止める。
村上友子(むらかみ ともこ)
声:深見梨加
マモルの母親で厚の妻。ゴアに捉えられ、人間モドキのアルテミラに入れ替わられてしまう。
飛鳥文明(あすか ふみあき)
声:中村秀利
村上厚の友人。悪の権化であるゴアとそれに対抗する力を持つマグマの両者を封ずる一族の末裔。ゴアの復活をたくらむ鬼に襲われ殺害されるが霊的存在となって娘の未来を守り導く。祠の写真が収められたペンダントを厚に託す。
飛鳥未来(あすか みき)
声:伊藤美紀
文明の娘。文明が殺されたため村上家に匿われる。霊的存在となった文明に導かれ、マグマを覚醒させるという使命を悟って自ら命を捧げた。
関田淳也
声:高木渉
厚の部下でアシスタントをしている。
梅村さやか
声:松井菜桜子
若いフリージャーナリスト。ゴアの手下による侵略で壊滅状態に陥った都心で調査を進めていた折にマモルと遭遇。その後、厚と淳也のいる新聞社にネタを売り込み行動を共にする。この騒動はアニミズムであると信じている。キャラクターの外見はリボンの騎士のサファイア(スターシステム)に、しゃべり方は三つ目がとおる和登千代子とほぼ同化している。
国東
声:金尾哲夫
国家情報部次長。上席の命によりゴア陣営と接触するが、マグマの登場により次第にゴアたちに疑念を抱く。
今井和夫
声:辻つとむ
人間モドキに追われるマモルたちを助け自宅で匿う。厚や国家情報部周辺者以外で人間モドキの存在を目の当たりにした最初の人間。
今井幸枝
声:引田有美
今井和夫の妻。
今井ミドリ
声:三石琴乃
今井家の娘で高校生。実は人間モドキ「NRT384」で本物のミドリと入れ替わってから2年が経過している。今井夫妻を慕っており、今井家に侵入した人間モドキと戦い、焼死する。
ウドー
ゴアの右腕。文明が厚に託したペンダントに収められていた祠の写真の直近にある巨大な坑底で封印されていたが、ゴアの復活により目覚めることとなる。生身の人間を滋養としている。
アルテミラ
声:深見梨加
ウドー配下の人間モドキ。マモルの母、友子とすり替わり、マモルの殺害を命じられるが情が移ってしまう。
人間モドキ
ゴアの命令によって人間と入れ替わり、マモルたちを狙うエイリアン。化けの皮が剥がれると、蛸の足状の無数の触手で巻き付いて攻撃する。

サブタイトル[編集]

  1. 我が名はゴア
  2. 黄金の巨神
  3. 静かなる侵略
  4. 二人のマモル
  5. 国家の思惑
  6. 疑惑の戦士マグマ
  7. 大いなる使命
  8. 狙われた笛
  9. ウドー復活
  10. 母、その愛
  11. 大地の怒り
  12. マグマ死す!
  13. 愛がある星

単行本[編集]

その他[編集]

2013年に『Peeping Life』と手塚プロ&タツノコプロとのコラボレーションアニメを放送。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後篇が収録されていない「手塚治虫漫画全集」版(全三巻)では、あとがきで手塚自身が「この先はほぼ井上智福元一義の代筆なので」とコメントしている。
  2. ^ 全怪獣怪人 上 1990, p. 73 - 74、86.
  3. ^ a b 全怪獣怪人 上 1990, pp. 73 - 74
  4. ^ 『巨大ヒーロー大全集』(講談社)
  5. ^ 第1話は700万円だったという
  6. ^ LD解説書より
  7. ^ 宇宙船112 2004, pp. 70-73.
  8. ^ 宇宙船112 2004, pp. 71、120.
  9. ^ 『世界怪物怪獣大全集』(キネマ旬報)[要ページ番号]
  10. ^ 『怪奇大作戦大全』(双葉社)によれば、実際に劇伴を担当したのは弟子の玉木宏樹坂田晃一であるとの事
  11. ^ 宇宙船112 2004, p. 121.
  12. ^ a b 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、60頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  13. ^ 作曲者が同じなため、主題歌は『ゼロテスター』のそれとメロディーラインが似ている。プロ野球でも中日時代の落合博満の応援歌に主題歌が使われ、現在でも時折歌われ知名度が高い
  14. ^ オープニングでは、最後に「マグマ大使」のタイトルが反転して「提供 ロッテ」の提供クレジットが出た後、「ガムやチョコレートで御馴染みの『ロッテ』の提供でお送りいたします」という提供コメントが出された(後年の再放送ではこの部分はカットされる)。。
  15. ^ 主に次回予告のナレーションの前半で使用された。
  16. ^ 開米によると、のちに担当した「メガロマン」のメガロマンの髪の毛に、このノウハウが大いに役立ったという。
  17. ^ 2013年9月13日CS放送日本映画専門チャンネルで放送された『特撮国宝』に現・ピープロ社長、鷺巣詩郎がゲスト出演した際に証言しており、「どちらにするか本当に悩み、家族会議にもなった」と語っている。
  18. ^ 漫画原作版ではマグマより若干小さい程度の巨人サイズだった
  19. ^ 吉田は『大魔神逆襲』撮影のために現場を離れた二宮の代役であり、ガレオン、ドロックス戦のみの出演である
  20. ^ 遠矢と菊池は大平の代役
  21. ^ LD解説書より
  22. ^ この大平の出演シーンは山形放送のスタジオで撮影されている。これは番組終了も近いことから慰労の意味合いも兼ねて蔵王温泉でロケが行われたことと、当時の山形放送がクロスネットでフジテレビの番組も放送しており、「マグマ大使」をネットしていたため
  23. ^ ガム役の子役二宮が、特撮用の火薬で同級生を怪我させたため、アフレコに参加できなかった事情からの代役
  24. ^ 堤哲哉 編著『マグマ大使 パーフェクトブック』白夜書房、1999年2月10日初版、145頁
  25. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、61頁。雑誌コード:01844-04。
  26. ^ 「'99TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2000』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2000年4月20日、62頁。雑誌コード:01844-04。