戦艦バウンティ号の叛乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦艦バウンティ号の叛乱
Mutiny on the Bounty
予告篇より
監督 フランク・ロイド
脚本 タルボット・ジェニングス
ジュールス・ファースマン
ケイリー・ウィルソン
製作 アーヴィング・タルバーグ
アルバート・リューイン
フランク・ロイド
出演者 チャールズ・ロートン
クラーク・ゲーブル
フランチョット・トーン
音楽 ハーバート・ストサート
撮影 アーサー・エディソン
編集 マーガレット・ブース
製作会社 MGM
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年11月8日ニューヨーク
日本の旗 1938年5月
上映時間 132 分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約1,905,000ドル
興行収入 2,250,000ドル(北米配収)
2,210,000ドル(海外配収)
次作 戦艦バウンティ』(1962年)
バウンティ/愛と反乱の航海』(1984年)
テンプレートを表示

戦艦バウンティ号の叛乱』(せんかんバウンティごうのはんらん、原題: Mutiny on the Bounty)は、1935年のアメリカ映画MGM製作。第8回アカデミー賞作品賞を受賞した作品。

1938年に日本でも公開されたが、当時の軍国主義の風潮から「叛乱」という言葉は題名に使えず、検閲が大幅にカットして『南海征服』と改名して、やっと公開できたという、いわく付きの作品である。

『戦艦バウンティ号の叛乱』は18世紀末近く、タヒチ島からジャマイカ島に向かって南海を航行中のイギリス軍艦バウンティ号のプライ艦長に船員たちが反乱を起こした事件をもとにチャールズ・ノードホフとジェームズ・ノーマン・ホールが書いたベストセラー小説の映画化である。海洋ものをしばしば取り上げてきたフランク・ロイドの監督、ブライ艦長役のチャールズ・ロートンと航海士クリスチャン役のクラーク・ゲーブルの顔合わせと両者の共演となった。この反乱を題材にした映画はこの後2度製作されたが、1984年版は本作とは異なる原作の映画化である。

ストーリー[編集]

1787年、戦艦バウンティ号がタヒチ島へ向けて英国を出航した。ジャマイカへ運ぶパンノキの苗木を入手することがその目的であったが、冷酷無慈悲でサディスティックな性格の船長ウィリアム・ブライ(チャールズ・ロートン)は、スケジュールを詰めようと乗務員を酷使し、ちょっとした罪でも拷問同様の刑罰に処す。若い海軍士官候補生バイラム(フランチョット・トーン)はプライに失望して、船員たちに人望がある一等航海士クリスチャン(クラーク・ゲーブル)に接近していく。部下たちの心情を知ったブライは、ことあるごとにクリスチャンに対して、底意地の悪い行動をとった。

バウンティ号は数ヶ月にわたってタヒチ島に滞在した。その間にタヒチ島の娘の魅力に惑わされた一部の乗組員がブライへの反発も手伝って、逃亡を企てるという事件が起こる。バイラムとクリスチャンもそれぞれ土地の娘と結ばれた。

荷物を積み終えて船がタヒチ島を出たとき、ブライは逃亡しようとした男たちを厳罰に処した。クリスチャンをリーダーとした乗組員はトンガ諸島の沖で叛乱を起こし、ブライとその一味を海に流してしまう。タヒチに戻った彼らはつかのまの幸福を味わう。だが、海軍に九死に一生を得て救助されたブライの残忍な報復が始まった。男たちの大半は首長トゥの傭兵として島に留まるが、クリスチャンをリーダーとする一行は新たなユートピアを目指して、タヒチから2千キロ離れた無人島ピトケアンめざして旅立っていく。

ギャラリー[編集]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 受賞
監督賞 フランク・ロイド ノミネート
主演男優賞 クラーク・ゲイブル ノミネート
チャールズ・ロートン ノミネート
フランチョット・トーン ノミネート
脚色賞 タルボット・ジェニングス
ジュールス・ファースマン
ケイリー・ウィルソン
ノミネート
作曲賞 ハーバート・ストサート ノミネート
編集賞 マーガレット・ブース ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 チャールズ・ロートン 受賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]