クラッシュ (2004年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラッシュ
Crash
監督 ポール・ハギス
脚本 ポール・ハギス
ボビー・モレスコ
原案 ポール・ハギス
製作 ポール・ハギス
ドン・チードル
ボビー・モレスコ
キャシー・シュルマン
ボブ・ヤーリ
製作総指揮 アンドリュー・ライマー
トム・ヌナン
ジャン・コベルリン
マリーナ・グラシック
出演者 サンドラ・ブロック
ドン・チードル
マット・ディロン
ジェニファー・エスポジート
ウィリアム・フィクトナー
ブレンダン・フレイザー
テレンス・ハワード
リュダクリス
タンディ・ニュートン
ライアン・フィリップ
音楽 マーク・アイシャム
撮影 J・マイケル・ミューロー
編集 ヒューズ・ウィンボーン
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ムービーアイ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年5月6日
日本の旗 2006年2月11日
上映時間 112分
(劇場公開版)
114分
(ディレクターズ・カット)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,500,000[1]
興行収入 $54,580,300[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$43,829,761[1] 北米外
$98,410,061[1] 世界の旗
テンプレートを表示

クラッシュ』(原題:Crash)は、2005年公開のアメリカ映画。配給会社はライオンズゲートで、監督はポール・ハギス

クリスマスを間近に控えたロサンゼルスで発生した1つの交通事故を起点に、多民族国家であるアメリカで暮らす様々な人々を取り巻く差別、偏見、憎悪、そして繋がりを描いた映画。

1991年にハギス自身が愛車のポルシェカージャックされた事件を原案にしてハギスとボビー・モレスコが脚本を書き映画化。本命と称されていた『ブロークバック・マウンテン』を押さえ、第78回アカデミー賞作品賞受賞作品。


あらすじ[編集]

キャラクター[編集]

グラハム
演:ドン・チードル、日本語吹替:山路和弘
ロサンゼルス市警察の黒人刑事。白人刑事が黒人刑事を射殺した事件の担当者として、難しい決定を迫られる。年老いた母親との関係は少々ギクシャクしている。ピーターという名の弟がいる。
リア
演:ジェニファー・エスポジート、日本語吹替:本田貴子
グラハムのパートナーであり、恋人。ヒスパニック系。
ライアン
演:マット・ディロン、日本語吹替:小杉十郎太
勤続17年の白人巡査。職務に忠実だが人種差別主義者であり、黒人に対する嫌がらせをしている。その反面、具合の悪い父親を一人で面倒を見ている。彼の父親は自分で事業を興し、黒人を雇って白人と同等の賃金を与えてきた。
トム
演:ライアン・フィリップ、日本語吹替:浪川大輔
ライアンの相棒。赤髪で警官なので、アイリッシュ系白人だと思われる[独自研究?]。ライアンの差別的な態度に嫌気が差し、配置換えを望んでいる。
リック
演:ブレンダン・フレイザー、日本語吹替:堀内賢雄
白人のロサンゼルスの地方検事。アンソニーとピーターに車を奪われる。役職上有権者(特に黒人票)の目を常に気にしている。黒人と白人の秘書がいる。
ジーン
演:サンドラ・ブロック、日本語吹替:松本梨香
リックの妻。白人。黒人によるカージャックに遭ってからマイノリティに対する偏見を募らせるが、階段から落ちた時、ヒスパニック系のメイドに助けられる。
フラナガン
演:ウィリアム・フィクトナー、日本語吹替:牛山茂
リックの側近。グラハムに取引を持ちかける。
アンソニー
演:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、日本語吹替:咲野俊介
自動車強盗。黒人。世の中は黒人に対する偏見に満ち溢れていると信じているが、彼のそれは妄想に近い(バスの窓が大きいのは乗っている黒人を見て笑うため等)。リックの車を奪い、その車で人身売買に絡んだ韓国人(劇中では「中国人をひいた」と言っているが、アンソニーらは黄色人種はみな中国人だという思い込みがある)を轢いてしまう。同じ車種を狙ってキャメロンの車を奪おうとして反撃を受ける。
ピーター
演:ラレンズ・テイト、日本語吹替:桐本琢也
アンソニーの友人、グラハムの弟。黒人。一緒に車を盗んでいる。聖クリストファーの像がお守り。
キャメロン
演:テレンス・ハワード、日本語吹替:小山力也
黒人のテレビディレクター。これまでは周りに合わせて「いい人」として生きてきた。だが目の前で妻が白人の巡査にセクハラされ、仕事仲間に自分が黒人であると再認識されることを気にして何も出来ず自尊心を傷つけられる。アンソニーとピーターに車を奪われそうになった時、怒りを爆発させて猛烈な反撃に出る。
クリスティン
演:タンディ・ニュートン、日本語吹替:田中敦子
キャメロンの妻。黒人。ライアンにセクハラされるが、それに対して夫が何もせず、ただ警官に従ったことに悲しむ。後日、交通事故に遭ってライアンに助けられる。
ダニエル
演:マイケル・ペーニャ、日本語吹替:相沢正輝
メキシコ系の錠前屋。刺青とスキンヘッドのため、ジーンに「ギャングのよう」と言われたが、実際には真面目に働く献身的な父親。幼い娘のために安全な地域に引っ越してきたが、逆恨みしたファハドに襲われ、娘を撃たれる。
ファハド
演:ショーン・トーブ、日本語吹替:岩崎ひろし
ペルシャ系の小売店主。人々が自分達をアラブ系と勘違いして偏見を持っていると思い込んでおり、家族や店を守るために銃を手に入れる。裏口の錠の修理をダニエルに依頼するが、ドアを換えなければダメだと言われて怒りを募らせる。その後、閉まらない裏口のせいで店を荒らされ、逆恨みして銃を持ってダニエルの元に向かう。
ドリ
演:バハー・スーメク
ファハドの娘。父が銃砲店で銃を購入するのを手助けする。

作品解説[編集]

日本の公式ホームページのイントロダクションで、交通事故発生後の出来事を描いた映画であると思わせる表現があるが、実際は事故当日とその36時間前からの出来事を描いたものである。

学術的参考文献[編集]

  • 杉野健太郎 「アメリカ映画における社会変動とスタイル変容 ― 『素晴らしき哉、人生!』から『クラッシュ』へ」、杉野健太郎編『映画のなかの社会/社会のなかの映画』(映画学叢書[監修加藤幹郎]、ミネルヴァ書房、2011年)所収。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Crash (2005)”. Box Office Mojo. 2012年1月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]