オール・ザ・キングスメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オール・ザ・キングスメン
All The King's Men
監督 ロバート・ロッセン
脚本 ロバート・ロッセン
原作 ロバート・ペン・ウォーレン
『すべて王の臣』
製作 ロバート・ロッセン
出演者 ブロデリック・クロフォード
音楽 モリス・W・ストロフ
撮影 バーネット・ガフィ
編集 アル・クラーク
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 IP
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年11月8日
日本の旗 1976年9月25日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

オール・ザ・キングスメン』(: All The King's Men)は、ロバート・ロッセン製作・監督・脚本の1949年制作のアメリカ映画ロバート・ペン・ウォーレンの小説『すべて王の臣』(原題: All The King's Menハンプティ・ダンプティの詩の一部に由来。「王様の家来みんな」。)の映画化で、野心家の地方政治家が権力欲の虜となって自滅していく様を描く硬派のドラマ作品である。第22回アカデミー賞で、作品賞主演男優賞助演女優賞の3部門を獲得した。

2006年ショーン・ペン主演でリメイクされた同名作品が公開される。

あらすじ[編集]

語り手である若い記者とスタークは知己になる。スタークは、虎視眈々と当選を狙う田舎の政治家志望者だ。ある講演をきっかけにのしあがってゆく。

キャスト[編集]

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー作品賞
アカデミー主演男優賞ブロデリック・クロフォード
アカデミー助演女優賞マーセデス・マッケンブリッジ
ノミネート
アカデミー監督賞ロバート・ロッセン
アカデミー助演男優賞ジョン・アイアランド
アカデミー脚色賞
アカデミー編集賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]