ヒューイ・ロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒューイ・ロング
Huey Pierce Long, Jr.
HueyPLongGesture.jpg
生年月日 1893年8月30日
配偶者 ローズ・マコーネル・ロング
サイン Huey Long Signature.svg

アメリカ合衆国の旗 第40代ルイジアナ州知事 Louisiana state flag.png
任期 1928年 - 1932年

選挙区 ルイジアナ州
任期 1932年 - 1935年
テンプレートを表示

ヒューイ・ピアース・ロング・ジュニアHuey Pierce Long, Jr.1893年8月30日アメリカ合衆国ルイジアナ州ウィン・パリッシュ - 1935年9月10日、ルイジアナ州バトンルージュ)はアメリカ合衆国の政治家。通称「キングフィッシュ」(The Kingfish)。

人物[編集]

民主党所属であり、急進的なポピュリズムで有名であった。1928年から1932年までルイジアナ州知事を務め、1932年から1935年まで上院議員であった。1932年の大統領選挙ではフランクリン・ルーズベルトの支援者だったが、のちに袂を分かち、自らが大統領になることを計画した。

1934年には「誰もが王様」("Every Man a King")というスローガンの下に、世界恐慌のために引き起こされた犯罪と貧困を抑制するために、「富の共有運動」("Share Our Wealth")と呼ばれる、所得再分配を評価する運動を作りあげた。ロングの社会改革は大きな人気を集めたが、独裁の傾向にあることを批判された。

ロングの暗殺によりルーズベルトに大統領への道が開かれたが、この暗殺がなければ、アメリカの第二次世界大戦への方針も大きく変わっていたであろうといわれている。

生涯[編集]

高校を出た後、旅回りのセールスマンとなり稼いだ金でオクラホマ・バプティスト大学に入り法律を学んだ。弁護士となったが政治に関心を持ち大企業攻撃で民衆の人気を得た。1924年にルイジアナ州知事選挙に立候補したが経験不足のために落選。その後の4年間を精力的に遊説してまわり巧みな演説で人々の心を掴み1928年に最年少で当選。その在任期間中、ハイウェイ、アスファルトまたは砂利の道路、十一の新しい橋を建設することにより失業者救済を行なったが、そのために州の赤字が十倍となりまた多くの金が収賄や不正、リベートに消えた。議員を買収して州議会を牛耳り司法や教員にも影響力をふるった。1929年にはスタンダード石油に重税を課そうとしたためにこれに憤慨した下院によって知事弾劾案が提出されたが買収と脅しで無効にした。

1932年からは手下のオスカー・K・アレンを州知事にさせ影から州を支配し、自らは国政を目指して上院議員に当選。フランクリン・ルーズベルトを支持したが、充分な感謝を示されなかったためすぐに袂を分かち、「富の共有運動」("Share Our Wealth")と呼ばれる大企業が独占した富を再分配(共産主義ではなくあくまで資本主義のなかで私企業のもうけを税金として集める)を主張し支持された。しかし、彼にはあまりに敵が多くいつも身の回りをボディガードがかためていた。暗殺をいつも警戒していたが彼の最大の政敵で判事であったベンジャミン・ペイリーを排除するため州法を改正したためか、医師で、ペイリーの女婿であったカール・ワイスにより1935年9月8日、バトンルージュのルイジアナ州会議事堂で銃弾を浴び、2日後の9月10日に死亡した。ワイスもその場で射殺された。ロングの葬儀には十万人に及ぶ支持者がつめかけた。

この暗殺には謎が多く陰謀説もある。妻のローズ・マコーネル・ロングは夫の死後に上院議員をおよそ1年間務め、息子のラッセル・ロングも同じく上院議員になった。また、実弟のアール・ケンプ・ロングも三度州知事を務めている。

関連文献[編集]

  • 『幻の大統領 ヒューイ・ロングの生涯』 土田宏 著 1984年 彩流社
  • 『アメリカン・ファシズム―ロングとローズヴェルト』 三宅昭良 著 1997年 講談社

関連作品[編集]

小説

映画

外部リンク[編集]