バウンティ号の反乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「ブライ海尉と士卒の一部を「バウンティ」から追放する反乱者たち(1789年4月29日)」ロバート・ドッド画

バウンティ号の反乱(バウンティごうのはんらん、Mutiny on the Bounty)は、18世紀末にイギリス海軍の武装船バウンティで起きた艦長に対する反乱事件。当時の話題となり、その後多くの文学作品、映画などを生んだ。

背景[編集]

バウンティ号は、タヒチ島からパンノキ西インド諸島に運ぶ任務のために、貨物船を買い上げて臨時の軍艦とした徴用船で、小型の船舶であった。従って、映画の題名などで用いられる「戦艦」という呼称は適切ではない[1]

乗組員は唯一の士官である艦長ウィリアム・ブライと上級准士官3人 ・ 准士官11人 ・ 士官候補生6人 ・ 下士官14人 ・ 水兵11人の計46人だった。ブライは33歳で、以前にジェームズ・クック船長指揮下のレゾリューション号の航海長を務め、その後商船の乗務員として航海しており、この海域に関して経験豊かだったが、艦長になるのは初めてだった。

1787年12月23日にイギリスのポーツマス港を出航、当初は南米ホーン岬を回って太平洋を航行する計画だったが、天候不順の為計画を変更し、喜望峰を周ってインド洋に出て、1788年10月26日にタヒチ島に到着した。航海中にブライは航海長のジョン・フライアを降格し、航海士(上級准士官)の1人フレッチャー・クリスチャンをNo.2に抜擢している。

1789年4月までパンノキやその他の植物を搭載するためにタヒチ島に滞在し、その期間中、クリスチャンはタヒチの女性と結婚し、多くの船員も現地生活を楽しんだ。3人の船員が脱走の罪で逮捕され、鞭打ち刑を受けた。

反乱[編集]

バウンティ号とその乗組員の辿った航跡

1789年4月4日にタヒチ島を出航し、喜望峰経由で西インド諸島を目指すため西に向かったが、4月28日トンガフレンドリー諸島で反乱が起きた。途中の死亡者を除き、当時の乗組員44人のうち反乱者はクリスチャン以下12人だった。ブライ艦長以下19人は救命艇に乗せられて追放され、非反乱者のうち13人は船に残された。

ブライの指揮する救命艇は、41日かけてニューギニアオーストラリアの間の難所トレス海峡を通り、ティモール島にたどり着いた。

一方、反乱者を乗せたバウンティ号は トゥブアイ諸島に3ヶ月滞在したが、その後タヒチ島へ向かった。16人の船員がタヒチ島に残り、クリスチャンと8人の反乱者はタヒチ島の現地人(男6人、女11人、赤子1人)を乗せて、フィジークック諸島を経て、1790年1月15日にイギリスの海図に載っていないピトケアン島にたどり着いた。クリスチャンらはバウンティ号を解体し、その資材を利用して島での生活を始めた。

なお、タヒチ人の中には自ら志願してバウンティ号に乗り込んだ者の他に誘拐同然に連れ去られた者もいた。

反乱の鎮圧[編集]

1790年3月15日にブライ達はイギリスに戻り、反乱を報告した。1790年11月フリゲート艦パンドラ号エドワード・エドワーズ艦長)がバウンティ号の捜索のために出航した。1791年3月にパンドラ号はタヒチ島に到着し、14人の元バウンティ号乗組員(大部分は非反乱者)を逮捕、ブライよりもはるかに過酷な取り扱いをした。パンドラ号はその後もバウンティ号の捜索を続けたが、8月30日にグレート・バリア・リーフの近くで、暗礁に乗り上げ沈没し、ピトケアン諸島に渡った反乱者達を見つける事は出来なかった。この沈没で31人の船員と4人の囚人が死に、残った89人の船員と10人の囚人が、1792年にイギリスに戻った。10人のうち、4人が無罪、2人が有罪だが恩赦、1人が法的手続の問題で釈放され、3人が絞首刑になった。

ブライも軍法会議にかけられたが、無罪となり、職務に復帰した。彼の経歴は傷つかず、すぐに別の船プロビデンス号の艦長として、1791年に同様の任務を行い、無事成功した。しかし後に、総督として赴任したオーストラリアで現地の有力者と対立し、配下の治安部隊に反乱を起こされ軟禁されてしまう事件(ラム酒の反乱)を引き起こす。2度目の反乱勃発とあってはさすがに擁護もされず、有罪こそ免れたものの退役同然の扱いとなり、後に提督(中将)にまで昇進はするものの、事件以後は逼塞状態で余生を過ごした。

原因[編集]

反乱の原因は諸説ありはっきりしていない。ブライ艦長は部下の扱いが苛酷で人望が無かったとも言われるが、彼の行った処罰は当時の平均と比べて厳しくは無かったという見方もある。パンノキ輸送のために船員の居住空間が犠牲にされたので、航海中の生活環境は劣悪であったが、タヒチ島では快適な暮らしを送ったため、船員の不満が起こり易かったことも原因の1つと考えられている。

また、反乱が成功した要因としては、クリスチャンが多くの船員の人望を得ていたこと、上級士官の数が少なかったこと、海兵隊を乗船させていなかったことが挙げられる。ブライはその後の航海で、上級士官数を増やし海兵隊員を乗せている。

その後のピトケアン諸島[編集]

1808年1月にアメリカ船トパーズ号がピトケアン諸島にやってきた時、バウンティ号の乗組員は水夫ジョン・アダムスのみが唯一生き残っていた。トパーズ号のメイヒュー・フォルジャー船長はクリスチャンの息子サースディ・オクトバー・クリスチャンの案内で、アダムスの他に子供二十数名、ポリネシア人女性10名がピトケアン島で暮らしている事を知った。その他の反乱者はタヒチ人との衝突で大半が相打ちとなり、数少ない生存者も病気、自殺、喧嘩などにより既に死亡し、生き残ったのはアダムスと女子供だけであった。クリスチャンも衝突で殺されたと言われている(アダムスは恩赦となり、1829年に島で死亡した)。

1838年、ピトケアン諸島はイギリス領となって、現在まで続いている。バウンティ号が解体された場所はバウンティ湾と名づけられ、現在でもその残骸が残っている。1831年に300人近くの人口に増えるが小さな島で食料や土地問題を抱えたのでイギリス政府は一時、島民をタヒチ島に移住させた。しかし、慣れないタヒチ島での生活にピトケアン島に戻りたいと言う者が殆どであり、島民は再び故郷のピトケアン島に戻った。

しかし、その後、島民はジョシュア・ヒルというアメリカ生まれの成り上がりのよそ者に苦しめられることになる。ヒルはマウイ島に移住しようとした時、移住をマウイ島の知事に断られた。その後、タヒチ島に渡り、ピトケアン島の事を知った。彼はイギリス政府によって派遣された要人だと嘘をつき、ピトケアン島に渡って島を統治しようとしていた。独裁的な支配者気取りであるヒルの専制政治に異を唱えていた1823年からピトケアン島で教師活動をしていたジョン・バフェットと19歳のジョン・エヴァンス、そして1828年から島で宣教活動をしていた牧師のジョージ・フン・ノブスの3人のイギリス人に対して鞭打ちの刑を科したりした。さらに島民に対しても自身のやり方に逆らう者を鞭打ちにしたりしていた。島民が、通りすがりのイギリス船に、自分達を暴君ヒルから解放してほしいと訴えていた。1837年に島から追放されるまでの6年間、ヒルはピトケアン島に居続けた。

1856年に再び島民は島での人口増加の問題で、194人余りがイギリス政府により、無人島だったノーフォーク島に移住した。ピトケアン島より大きく住みやすかったので、ノーフォーク島にとどまる者も大勢いたが、何人かはピトケアン島への帰還を求め島に戻った。

1937年にはバウンティ号の船員とタヒチ人の子孫233人が住んでいたが、その後、ニュージーランド、ノーフォーク島等に移民し、現在は47人しか残っていない。ピトケアン島の前村長、スティーブ・クリスチャンはフレッチャー・クリスチャンの子孫である。

2004年9月に女児に対する性的虐待の容疑で7人の島民が起訴されるピトケアン諸島少女性的暴行事件で再び注目を集めた。

乗組員[編集]

階級 氏名 職務 反乱者 備考
士官 ウィリアム・ブライ海尉 指揮官
上級
准士官
ジョン・フライヤー海尉心得 航海長
フレッチャー・クリスチャン海尉心得 航海士 反乱 ピトケアン島に移動、1793年9月20日殺害
ウィリアム・エルフィンストーン 航海士 1789年10月、バタヴィアで死亡。
准士官 トマス・ハガン 軍医 1788年12月9日、反乱前にタヒチで死亡。
ウィリアム・コール 掌帆長
チャールズ・チャーチル 先任衛兵伍長 反乱 タヒチに移動。1790年4月、タヒチで殺害。
ウィリアム・ペコヴァー 掌砲長
ジョゼフ・コールマン 武器係 意に反してバウンティに残留、タヒチに移動。審理の結果無罪。
ピーター・リンクレター 先任操舵手 1789年10月、バタヴィアで死亡。
ジョン・ノートン 先任操舵手 1789年5月2日、Tofuaにて原住民により殺害
ローレンス・ルボーグ 縫帆長
ヘンリー・ヒルブラント 樽係 反乱 タヒチに移動。1791年8月29日、パンドラ遭難の際に溺死。
ウィリアム・パーセル 船匠
デイヴィッド・ネルソン 植物学者
(民間人)
1789年7月20日、Coupangにて死亡
士官候補生 ジョン・ハレット 士官候補生
トマス・ヘイワード 士官候補生
士官候補生登用者 ピーター・ヘイウッド 士官候補生心得 意に反してバウンティに残留、タヒチに移動。死刑を宣告されたが中止された。
ジョージ・ステュワート 士官候補生心得 意に反してバウンティに残留、タヒチに移動。1791年8月29日、パンドラ遭難の際に溺死。
ロバート・ティンクラー 士官候補生
ネッド・ヤング 士官候補生 反乱 ピトケアン島に移動。1800年12月25日死亡。
下士官 ジェームズ・モリソン 掌帆手 バウンティに残留、タヒチに移動。死刑を宣告されたが恩赦。
トマス・レッドワード 軍医助手 トマス・ハガンの死後軍医を務める。1789年に死亡したと推定。
ジョージ・シンプソン 操舵手
ジョン・ウィリアムズ 武器係助手 反乱 ピトケアン島に移動。1793年9月20日に殺害。
トマス・マッキントッシュ 船匠助手 意に反してバウンティに残留、タヒチに移動。審理の結果無罪。
チャールズ・ノーマン 船匠助手 意に反してバウンティに残留、タヒチに移動。審理の結果無罪。
ジョン・ミルズ 掌砲手 反乱 ピトケアン島に移動。1793年9月20日殺害。
ウィリアム・マスプラット 仕立係 反乱 タヒチに移動。死刑を宣告されたが恩赦。
ジョン・スミス 給仕
トマス・ホール 料理人
リチャード・スキナー 理髪師 反乱 タヒチに移動。1791年8月29日、パンドラ遭難の際に溺死。
ジョン・サミュエル 書記
ウィリアム・ブラウン 植物学者の助手 反乱 ピトケアン島に移動。1793年9月20日に殺害。
ロバート・ラム 肉屋 1789年10月11日、バタヴィアからケープタウンに向かう途中で死亡。
上級水兵 ジョン・アダムズ 上級水兵 反乱 ピトケアン島に移動、唯一最後の生存者となる。1825年に釈放、1829年に死亡。
トマス・バーキット 上級水兵 反乱 タヒチに移動。有罪を宣告され、1792年10月29日、スピットヘッドで絞首刑。
マイケル・バーン 上級水兵 意に反してバウンティに残留、タヒチに移動。審理の結果無罪。
トマス・エリスン 上級水兵 反乱 タヒチに移動。有罪を宣告され、1792年10月29日、スピットヘッドで絞首刑。
アイザック・マーティン 上級水兵 反乱 ピトケアン島に移動。1793年9月20日に殺害。
ウィリアム・マッコイ 上級水兵 反乱 ピトケアン島に移動。1797年または1798年に自殺。
ジョン・ミルワード 上級水兵 反乱 有罪を宣告され、1792年10月29日、スピットヘッドで絞首刑。
マシュー・クィンタル 上級水兵 反乱 ピトケアン島に移動。1799年、アダムズとヤングにより「処刑」。
ジョン・サムナー 上級水兵 反乱 タヒチに移動。1791年8月29日、パンドラ遭難の際に溺死。
マシュー・トンプスン 上級水兵 反乱 タヒチに移動、1790年4月殺害。
ジェームズ・ヴァレンタイン 上級水兵 1788年10月9日、反乱の前に壊血病で死亡。

映画[編集]

1935年と1962年と1933年の映画は同一の小説の映画化であり、後者3作品はいずれも叛乱の史実を下敷きにした映画化であるが、ブライ艦長の人物像の描写に違いが見られる。1935年と1962年の映画では暴虐な独裁者に対する正義の叛乱という図式で描かれたが、史実のブライ艦長はバウンティ号を追われた後に救命艇で南太平洋を 3,000 km余りも走破し全員が生還を果たした事が示すように、航海者・指揮官として卓越した能力を見せた人物であり、その事は軍法会議に於ける無罪の理由となった。メル・ギブソンが主演した1984年の映画化ではより史実に沿った描写とされ、艦長以下の登場人物にはより現実的な性格付けが成され、叛乱の理由も明確には描かれなかったため、相対的に娯楽性にやや欠ける作品となっている。

関連項目[編集]

  • ピトケアン諸島
  • 奇跡体験アンビリバボー - 2011年9月1日の通常放送で、バウンティ号の反乱からピトケアン島の惨劇までの経緯を再現ドラマで放送。ピトケアン島への取材を行おうとしたが、島民側が取材許可を認めるのを全員が賛成し、取材許可が下りるまで3年の月日を要す事となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ そもそも戦艦なる軍用の艦船が出現するのは19世紀後半であり、当時は存在しない

外部リンク[編集]