アーヴィング・タルバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーヴィング・タルバーグ
Irving Thalberg
アーヴィング・タルバーグIrving Thalberg
本名 Irving Grant Thalberg
生年月日 1899年5月30日
没年月日 1936年9月14日(満37歳没)
出生地 ブルックリン
死没地 サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アーヴィング・タルバーグIrving Grant Thalberg1899年5月30日 ブルックリン - 1936年9月14日 サンタモニカ)は、映画史の初期に活躍したアメリカ合衆国映画プロデューサーである。アーヴィング・サルバーグ、アーヴィング・ソールバーグとも表記。「天才少年 The Boy Wonder」の名をほしいままにし、その若さ、および適正な脚本を選定し、適正な俳優を選択し、最高の製作スタッフを集め、きわめて収益率の高い映画を製作する、といった特異な能力を発揮した。37歳の若さで夭折した。

来歴・人物[編集]

1899年5月30日、アメリカのニューヨーク市ブルックリンで東欧ユダヤ人移民の両親のもとに生まれた。心臓が弱く、生涯を通じてほかの病気でも悩まされた。高校卒業後、ユニヴァーサル・ピクチャーズニューヨーク支社に採用され、ユニヴァーサル・スタジオ社の伝説の撮影所創業者カール・レムリの個人秘書として働いた。タルバーグは聡明で持続力があり、21歳までに同社のカリフォルニア州の生産拠点であるユニヴァーサル・シティの製作部門担当重役となった。

映画『愚かなる妻』(1922年)の尺長をめぐるエリッヒ・フォン・シュトロハイム監督との闘争に粘り勝ちし、『ノートルダムの男』(ウォーレス・ワースリー監督、1923年)の製作におけるすべての側面をコントロールした。1924年、ユニヴァーサル社を去り、ルイス・B・メイヤー・プロダクションズ社に移籍し、その後またたく間にメトロ・ピクチャーズ社との合併をはかり、同社はメトロ・ゴールドウィン・メイヤー社(MGM)となった。

タルバーグは「単位生産管理計画 unit production management scheme」の創設者としても知られる。このスキームのよって、ハリウッドの映画製作は以前よりも増して決定的に「単位 unit」に分けられ、プロデューサーや監督のなかにある一本の映画作品へのクリエイティヴな支配を拡大した。

キング・ヴィダー監督の『ビッグ・パレード』(1925年)は、MGM社におけるタルバーグの最初の大勝利作品であった。1932年までに、深刻な心筋梗塞に苦しみながら、同撮影所の重要な作品の製作を統括し、観客の反応を測るスニーク・プレヴューを推進するとともにプリプロダクションの基礎を注意深く固めた。

メトロ社に入社したとき、のちの1927年に結婚することになる女優ノーマ・シアラーと交際していた。タルバーグは専業主婦となることをノーマに望んだが、ノーマ自身は、よりよい役をもらうことに固執し、MGMが誇る1930年代最大のスターになっていった。夫妻は2児をもうけ、ひとりはアーヴィング・タルバーグ・ジュニア(1930年 - 1988年)、もうひとりはキャサリン・タルバーグ(1935年 - 2006年)である。

タルバーグの権力と成功に憤慨していたルイス・B・メイヤーは、病気を理由に、タルバーグをデヴィッド・O・セルズニックウォルター・ウェンジャーに交代させた。1933年にタルバーグが職場に復帰したが、撮影所の単位プロデューサーのひとりとしてであった。

この冷遇にもかかわらず、MGM社における、もっとも評判が高い冒険作の開発を支援した。『グランド・ホテル』(監督エドマンド・グールディング、1932年)、『戦艦バウンティ号の叛乱』(監督フランク・ロイド、1935年)、『支那海』(監督テイ・ガーネット、1935年)、マルクス兄弟の『オペラは踊る』(監督サム・ウッド、1935年)、『桑港(サンフランシスコ)』(監督W・S・ヴァン・ダイク二世、1936年)、『ロミオとジュリエット』(監督ジョージ・キューカー、1936年)などである。

その死[編集]

1936年9月14日、カリフォルニア州サンタモニカで、肺炎によって生涯を閉じた。37歳没[1]

マルクス一番乗り』(監督サム・ウッド、1937年)と『マリー・アントアネットの生涯』(監督W・S・ヴァン・ダイク二世、1938年)のプリプロダクションに従事している最中の死であった。

遺産[編集]

タルバーグの名は、実はスクリーン上には2本の映画でしか観ることはできなかった。遺作である『大地』(監督シドニー・フランクリン、1937年)に、

アーヴィング・グラント・タルバーグの思い出にTo the Memory of Irving Grant Thalberg
その最後のもっとも偉大な業績his last greatest achievement
わたしたちはこの作品を捧げますwe dedicate this picture

とクレジットされているのがひとつ。もうひとつの献辞は、『チップス先生さようなら』(監督サム・ウッド、1939年)のオープニング・クレジットに現れる。同作は、タルバーグが仕掛けたが、生きながらえて観ることのできなかった作品である。

タルバーグは、存命中、いかなる作品にも名を記載することを拒絶した。そしてこのように言ったと引用される。「自分自身に与えるクレジット(信用)なんて、なんの価値もないよ」。

カルヴァー・シティ(現ソニー・ピクチャーズ・スタジオ)の古いMGMスタジオに建てられた、数百万ドルかけた新管理棟は、死の2年後にタルバーグの名を冠した。

映画芸術科学アカデミーが贈る「アービング・G・タルバーグ賞」はタルバーグの名を冠したものである。

小説家F・スコット・フィッツジェラルドの遺作『ラスト・タイクーン』の主人公モンロー・スターは、タルバーグがモデルである。エリア・カザン監督による1976年の映画版では、ロバート・デ・ニーロがその役を演じた。映画『千の顔を持つ男』(監督ジョセフ・ペヴニー、1957年)ではロバート・エヴァンスがタルバーグをモデルとした役を演じた。エヴァンスはのちに『チャイナタウン』(監督ロマン・ポランスキー、1974年)、『ゴッドファーザー』(監督フランシス・フォード・コッポラ、1937年)といった映画のプロデューサーになった。

カリフォルニア州グレンデールにあるフォレスト・ローン・メモリアル・パーク大霊廟のなか、個人的な大理石の墓標の下に、その妻ノーマ・シアラー・アルージェの傍に眠る。タルバーグの霊室にはシアラーによってこう刻まれている。「わたしの永遠のスイートハート My Sweetheart Forever」。

ジャン=リュック・ゴダール監督の『ゴダールの映画史』の一篇『1A すべての歴史』(1988年 - 1998年)で、ゴダールは、タルバーグをハワード・ヒューズとともに大きく扱い、とくに1年における製作本数の膨大さに注目した。

フィルモグラフィ[編集]

1920年代[編集]

1921年 - 1925年
1926年 - 1927年
1928年 - 1929年

1930年代[編集]

1930年
1931年
1932年
1933年 - 1938年

伝記[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ “I. G. Thalberg Dies, Film Producer, 37. 'Boy Wonder' of Hollywood Was Called Most Brilliant Figure in His Field. REGARDED AS PACEMAKER. Made Succession of Hits and Had Developed Many Stars. Husband of Norma Shearer.”. New York Times. (September 15, 1936, Tuesday) 

外部リンク[編集]