ゴダールの映画史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴダールの映画史[1]仏語Histoire(s) du cinéma、「単数(複数)の映画史」の意)は、ジャン=リュック・ゴダール脚本・監督による、1988年 - 1998年の間に断続的に製作および発表され1998年に完成した、全8章からなるフランスビデオ映画シリーズである。2002年に84分の再編集版『映画史特別編 選ばれた瞬間 Moments choisis des histoire(s) du cinéma』が製作され、2005年に公開された。

概要[編集]

構成[編集]

本作の構成は以下の全8章。邦題は2000年の完全版日本公開時のもの。

  • 1A すべての歴史 1A Toutes les histoires 1988年 - 1998年 51分
  • 1B ただ一つの歴史 1B Une histoire seule 1988年 - 1998年 42分
  • 2A 映画だけが 2A Seul le cinéma 1994年 - 1998年 27分
  • 2B 命がけの美 2B Fatale beauté 1994年 - 1998年 29分
  • 3A 絶対の貨幣 3A La monnaie de l'absolu 1995年 - 1998年 27分
  • 3B 新たな波 3B Une vague nouvelle 1995年 - 1998年 27分
  • 4A 宇宙のコントロール 4A Le contrôle de l'univers 1997年 - 1998年 28分
  • 4B 徴(しるし)は至る所に 4B Les signes parmi nous 1988年 - 1998年 37分
再編集版
  • 映画史特別編 選ばれた瞬間 Moments choisis des histoire(s) du cinéma 2002年 84分

略歴[編集]

日本での受容[編集]

1992年5月20日 - 5月21日、『ゴダールの映画史』の邦題で1988年1989年に先行して発表された1Aと2Aが、『第一章 すべての歴史』、『第二章 単独の歴史』としてWOWOWで2日連続放映された。1994年2月24日キネコで上映プリントを製作、ACTで劇場公開された。字幕は寺尾次郎

1998年に全8章の作品として完成した『映画史』は、フランス映画社の配給、「映画史翻訳集団2000」の字幕により、2000年5月13日に1Aから2Bまでの4章が、6月10日に3Aから4Bまでの4章が公開になった。DVDは紀伊国屋書店から『ジャン=リュック・ゴダール 映画史 全8章』ボックスとして、「映画史日本DVD制作集団2001」の詳細なリファレンス(総合監修浅田彰)が付されたものが翌2001年11月22日に発売された。

2005年にフランスで公開された『映画史特別編 選ばれた瞬間』は、2006年8月5日 - 8月6日、フランス映画社の配給で公開された。DVDは紀伊国屋書店から翌2007年3月24日に発売された。

映画史翻訳集団2000

松岡葉子、武田潔、堀潤之、橋本一径、ベルナール・エイゼンシッツ、アンドリュー・リトヴァク、蓮實重彦浅田彰山田宏一奥村昭夫小沼純一、藤原えりみ、細川晋、野谷文昭、桜井美奈、金谷重朗、吉岡芳子、冨田三起子、高水美佐、竹内紀子、川喜多和子、柴田駿

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

中条省平彦江智弘、細川晋による詳細なゴダールのフィルモグラフィーがある。

[編集]

  1. ^ 本ページタイトル作成に際し、たんに『映画史』(ページタイトルは重複を避けるために「映画史 (映画)」)、あるいはDVDタイトル『ジャン=リュック・ゴダール 映画史 全8章』とする選択肢も存在したが、紛らわしさと煩雑さから、シンプルで明快な日本初出タイトルを採用した。

外部リンク[編集]