スチュアート・ペイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Stuart Paton
スチュアート・ペイトン
別名 Stuart Payton
生年月日 1883年7月23日
没年月日 1944年12月16日(満61歳没)
出生地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市ウッドランド・ヒルズ
職業 映画監督脚本家俳優映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1914年 - 1938年
配偶者 エセル・パトリック
主な作品
海底六万哩

スチュアート・ペイトンStuart Paton, 1883年7月23日 - 1944年12月16日)は、スコットランド出身のアメリカ合衆国映画監督脚本家俳優映画プロデューサーである[1]サイレント映画海底六万哩』(1916年)の監督として知られる[2]

人物・来歴[編集]

1883年(明治16年)7月23日、スコットランド・グラスゴーに生まれる[1]

カール・レムリニューヨークに創立し、カリフォルニア州ロサンゼルス市に移転した後に1912年(明治45年)にユニバーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)の傘下となったインディペンデント・ムーヴィング・ピクチャーズで、1914年(大正3年)、フランク・ホール・クレインが監督した短篇映画 Out of the Far East に脚本を提供、出演したのが記録に残る最初の映画界での仕事である[1]。翌1915年(大正4年)には、ウィリアム・ウェルチ主演の A Gentleman of Art で監督業に進出した[1]。同年以降は監督業に専念し、1916年(大正5年)、同社が設立した子会社・ブルーバード映画で、フローレンス・ローレンス主演の Elusive Isabel 等を計2作を監督したが[1]、日本では2作とも公開されなかった[3]。同年、ジュール・ヴェルヌの小説を原作とした『海底六万哩』を監督する[1]

ユニヴァーサルを1928年(昭和3年)の監督作 The Hound of Silver Creek を最後に退社、1931年(昭和6年)、ハリー・ウェッブ・プロダクションズを率いるハリー・S・ウェッブを共同監督として、 The Mystery Trooper を監督して、トーキーを初めて演出した[1]

1937年(昭和12年)、病気のため映画界を去る[2]1944年(昭和19年)12月16日、ロサンゼルス市ウッドランド・ヒルズで死去した[1][2]。満61歳没。同市内のパインズ・クレマトリー会堂に眠る[2]

おもなフィルモグラフィ[編集]

海底六万哩』(1916年)

特筆以外は監督作である[1]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Stuart Paton, Internet Movie Database (英語), 2010年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c d Stuart Paton, Find A Grave (英語), 2010年4月21日閲覧。
  3. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.

外部リンク[編集]