サム・ウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サム・ウッド
Sam Wood
生年月日 1883年7月10日
没年月日 1949年9月22日(満66歳没)
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没地 カリフォルニア州ハリウッド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

サム・ウッド(Sam Wood、1883年7月10日 - 1949年9月22日)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の映画監督。本名Samuel Grosvenor Wood。

略歴[編集]

不動産業の傍ら、リチャード・アプリゲートの名で端役として映画出演していたが、1910年に助監督となる。

1915年からセシル・B・デミルのアシスタントとして働き始め、1919年に『快走王』で映画監督としてデビューした。1921年からは、グロリア・スワンソンの映画を数多く手がけた。トーキーになってからも、その職人的手腕が高く評価された。アメリカ映画協会の初代会長も務めた。

1939年の『風と共に去りぬ』も一部手がけている。アカデミー賞に3回ノミネートされたが、受賞はしなかった。

主な監督作品[編集]

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
1940年 アカデミー監督賞:『チップス先生さようなら
1941年 アカデミー監督賞:『恋愛手帖
1943年 アカデミー監督賞:『嵐の青春

外部リンク[編集]