マリー・ドレスラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ドレスラー
Marie Dressler
Marie Dressler
本名 Leila Marie Koerber
生年月日 1868年11月9日
没年月日 1934年7月28日(満65歳没)
出生地 カナダの旗 カナダオンタリオ州コーバーグ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタバーバラ
国籍 カナダの旗 カナダ(英国臣民)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 170 cm
職業 俳優
ジャンル 舞台、映画
活動期間 1892年 – 1934年
配偶者 George Hoeppert (1899–1906)
James Henry Dalton[1] (1908–1921) ※死別

マリー・ドレスラー(Marie Dressler, 1868年11月9日 - 1934年7月28日)は、カナダ出身の女優。世界恐慌の時期に60歳を過ぎてスターとなった遅咲きの女優。1930年の『惨劇の波止場』で第4回アカデミー賞主演女優賞を受賞するなど、1930年代前半に活躍するが、人気絶頂の1934年で亡くなった。

死後四半世紀が過ぎた1960年に、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれた。

略歴[編集]

1868年[2]カナダオンタリオ州コーバーグに生まれる。父はオーストリア人ドイツ系)。14歳で家を出てコーラスガールになり、キャリアをスタートさせる。

1892年ブロードウェイデビュー。その後、ヴォードヴィリアンとしても活動し、1900年代初頭にはヴォードヴィルのスターとなる。

1910年に主演舞台『Tillie's Nightmare』がヒット。旧知の仲だった映画監督マック・セネットが同作を『醜女の深情け(原題:Tillie's Punctured Romance)』(1914年)として映画化する際に彼女を主演に起用。これが彼女にとっての映画デビュー作となる。なお、同作はハリウッド初の長編コメディ映画であり、共演のチャールズ・チャップリンにとっては自らが監督しない最後の作品となる。

その後、同じ役柄による続編的な作品『Tillie's Tomato Surprise』(1915年)や『Tillie Wakes Up』(1917年)など何本かの映画に出演するが、キャリアが飛躍することはなく、1918年には仕事が来なくなる。仕方なくヴォードヴィルの仕事に戻るが、1919年ニューヨークで起きたコーラスガールらによるストライキの代表者に選ばれ、積極的に活動したことからブラックリストに載り、1920年代はニューヨークで仕事をすることが難しくなる。

彼女の窮状を知ったMGMの脚本家フランシス・マリオンは、自ら脚本を担当した『The Callahans and the Murphys』(1927年)の主演にドレスラーを起用する。彼女の可能性に気付いたMGMの大プロデューサー、アーヴィング・タルバーグは、彼女をスターとして再生させることを決める。その結果、徐々に人気が出始める。

彼女をスターとして復活させたのはトーキーである。1930年にマリオンが脚本を担当し、グレタ・ガルボ初のトーキー作品となった『アンナ・クリスティ』での演技が高く評価され、同年の『惨劇の波止場』では第4回アカデミー賞主演女優賞を受賞する。更に1932年の『愛に叛く者』で第5回アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされる。

1930年から1933年にかけて、主演を含め、様々な映画に出演する他、1933年8月には「タイム」誌の表紙を飾り、同年にMGMが開いた大規模な誕生日パーティがラジオで生中継されるなど、ハリウッドを代表するスターとして人気を集める。

1934年で死去。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 正式な結婚ではなかったとも言われている。「en:Marie Dressler#Personal life」参照。
  2. ^ 1863年1869年1871年とする資料もある。Marie Dressler - Biography” (英語). IMDb. 2011年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]