晩餐八時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
晩餐八時
Dinner at Eight
宣伝ポスター
監督 ジョージ・キューカー
脚本 フランシス・マリオン
ハーマン・J・マンキーウィッツ
原作 ジョージ・S・カウフマン
エドナ・ファーバー
製作 デヴィッド・O・セルズニック
出演者 マリー・ドレスラー
ジョン・バリモア
ウォーレス・ビアリー
ジーン・ハーロウ
ライオネル・バリモア
音楽 ウィリアム・アクスト
撮影 ウィリアム・H・ダニエルズ
編集 ベン・ルイス
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1933年8月23日(ニューヨーク、プレミア)
日本の旗 1934年4月26日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約435,000ドル
興行収入 2,100,000ドル(全世界配給収入)
テンプレートを表示

晩餐八時』(ばんさんはちじ、原題:Dinner at Eight)は、1933年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

ジョージ・S・カウフマンとエドナ・ファーバーの同名戯曲(1932年ニューヨーク初演)の映画化であり、前年の『グランド・ホテル』に次ぐメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)のオールスター映画として製作された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]