グウィネス・パルトロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グウィネス・パルトロー
Gwyneth Paltrow
Gwyneth Paltrow
2011年9月、第68回ヴェネツィア国際映画祭にて。
本名 Gwyneth Kate Paltrow
生年月日 1972年9月27日(41歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1991年 -
配偶者 クリス・マーティン(2003年 - 2014年 )
主な作品
セブン
恋におちたシェイクスピア
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
アイアンマン

グウィネス・ケイト・パルトローGwyneth Kate Paltrow, 1972年9月27日 - )は、アメリカ合衆国女優歌手。日本語ではグウィネス・パルトロウグウィネス・パウトロウギニース・パルトローギニース・パウトロウとも表記されることもある。 音声表記としては[GWIH-neth PAL-troe]と表示される。身長175cm。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はプロデューサーのブルース・パルトロー、母は女優のブライス・ダナー、弟は映画監督のジェイク・パルトロー。女優のキャサリン・メーニッヒはいとこにあたる。父親はアシュケナジムロシアユダヤ人の家系、母親はペンシルベニア・ダッチドイツ系アメリカ人)の家系のクエーカー教徒である[1][2][3][4]

11歳の時にニューヨークへ移住。スペインに住んでいた時期もあり、スペイン語に堪能。父親の反対を押し切り、美術史を学ぶために進学したカリフォルニア大学サンタバーバラ校を中退、女優業に進む。

キャリア[編集]

1991年にオーデションで『過ぎゆく夏』に初映画出演する。同年公開の『フック』に幼い頃のウェンディ役で出演する。その後はテレビ映画など目立たない役が多かったが、1995年公開の『セブン』にブラッド・ピットの妻役で出演し注目を集める。

1998年『恋におちたシェイクスピア』で第71回アカデミー賞主演女優賞、第56回ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)などを受賞。同年の『ピープル』誌にて「最も美しい人々」の一人になる。

舞台『プルーフ』では英国イヴニング・スタンダート演劇賞ローレンス・オリヴィエ賞の候補にもなる。2005年には『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』として映画化され、舞台と同じ役を演じた。

2013年に米People誌が選ぶ「最も美しい人2013年版」(Most Beautiful 2013)が発表され、グウィネス・パルトローがトップに輝いた。

私生活[編集]

パルトローは、著名な17世紀ポーランドクラクフラビ、ダーウィド・ハッレーウィー・セガールの子孫であり[1] 、ロシアのラビの家系Paltrowitch家は数世代に渡って33人のラビを輩出した[5]。パルトローは、ユダヤ系の家系であることを誇りとしていると語っており、彼女の父親の暖かさ・思いやりはユダヤ人の伝統によるところがあるとしている[6]

1994年、映画 『セブン』で共演したブラッド・ピットと1996年11月に婚約するが、1997年6月に破局する。同年12月にベン・アフレックと交際を始めるが1998年に破局を発表。

その後も、俳優のロバート・ショーン・レナードルーク・ウィルソン、ミュージシャンのブライアン・アダムス、映画監督のウォルター・セールス、俳優のスコット・スピードマンと交際していたが破局。

2003年12月、交際していたイギリスのロックバンドコールドプレイのボーカル、クリス・マーティンの子供を妊娠したのを契機に結婚。2004年5月に長女を、2006年4月に長男を出産した。結婚・出産後はロンドンに住んでいる。

マドンナを敬愛しており、また、親友同士でもあったが、後に決裂した。ウィノナ・ライダーとも友人だったが、後に絶縁している。

マクロビオティックの実行者でもあり、骨粗鬆症になったのはそれが原因でないかと指摘するジャーナリストもいる[7]

2014年3月、クリス・マーティンとの 離婚を発表。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1991 過ぎゆく夏
Shout
レベッカ
フック
Hook
若き日のウェンディ・ダーリング
1993 デッドリー・ファーザー
Deadly Relations
キャロル・アン・ファゴット テレビ映画
冷たい月を抱く女
Malice
ポーラ・ベル
フレッシュ・アンド・ボーン/渇いた愛のゆくえ
Flesh and Bone
ジニー 日本劇場未公開
1994 ミセス・パーカー/ジャズエイジの華
Mrs. Parker and the Vicious Circle
ポーラ・ハント
1995 Higher Learning 学生 クレジット表記なし
日本劇場未公開
ある大統領の情事
Jefferson in Paris
パッツィ・ジェファソン 日本劇場未公開
セブン
Se7en
トレイシー・ミルズ
ムーンライト&ヴァレンチノ
Moonlight and Valentino
ルーシー・トレガー
1996 ハードエイト
Hard Eight
クレメンタイン 日本劇場未公開
ハッピィブルー
The Pallbearer
ジュリー・デマルコ
Emma エマ
Emma
エマ・ウッドハウス
1998 Out of the Past サラ・オルネ・ジュウィット 声の出演
日本未公開
スライディング・ドア
Sliding Doors
ヘレン
大いなる遺産
Great Expectations
エステラ
沈黙のジェラシー
Hush
ヘレン・バリング
ダイヤルM
A Perfect Murder
エミリー・ブラッドフォード・テイラー
恋におちたシェイクスピア
Shakespeare in Love
ヴァイオラ・デ・レセップス キネマ旬報ベスト・テン 第1位
アカデミー主演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞
1999 リプリー
The Talented Mr. Ripley
マージ・シャーウッド
2000 インターン
The Intern
本人 クレジット表記なし
日本劇場未公開
デュエット
Duets
リヴ
偶然の恋人
Bounce
アビー・ジャネーロ
2001 アニバーサリーの夜に
The Anniversary Party
スカイ・デイヴィッドソン
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
The Royal Tenenbaums
マーゴット・テネンバウム
愛しのローズマリー
Shallow Hal
ローズマリー・シャナハン
2002 デブラ・ウィンガーを探して
Searching for Debra Winger
本人 ドキュメンタリー映画
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー
Austin Powers in Goldmember
本人 カメオ出演
抱擁
Possession
モード・ベイリー
2003 ハッピー・フライト
View from the Top
ドナ・ジェンセン
シルヴィア
Sylvia
シルヴィア・プラス
2004 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー
Sky Captain and the World of Tomorrow
ポリー・パーキンス
2005 プルーフ・オブ・マイ・ライフ
Proof
キャサリン ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
2006 Infamous キティ・ディーン 日本劇場未公開
私の婚活恋愛術
Love and Other Disasters
ハリウッド・ジャック 日本劇場未公開
ハサミを持って突っ走る
Running with Scissors
ホープ・フィンチ 日本劇場未公開
2007 恋愛上手になるために
The Good Night
ドーラ
2008 アイアンマン
Iron Man
ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
トゥー・ラバーズ
Two Lovers
ミシェル
Spain... on the road Again 本人 テレビ
2010 アイアンマン2
Iron Man 2
ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
カントリー・ストロング
Country Strong
ケリー・キャンター
2011 コンテイジョン
Contagion
ベス・エンホフ
2012 アベンジャーズ
The Avengers
ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
恋人はセックス依存症
Thanks for Sharing
フィービー
2013 アイアンマン3
Iron Man 3
ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]