ベティ・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bette Davis
ベティ・デイヴィス
ベティ・デイヴィス
黄昏の惑い』(1951年)の宣伝写真
本名 ルース・エリザベス・デイヴィス
生年月日 1908年4月5日
没年月日 1989年10月6日(満81歳没)
出生地 マサチューセッツ州ローウェル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1928年 - 1989年
配偶者 ハーモン・ネルソン(1932年8月18日 - 1938年12月6日/離婚)
アーサー・ファーンズワース(1940年12月31日 - 1943年8月25日/死別)
ウィリアム・グラント・シェリー(1945年11月30日 - 1950年7月5日/離婚)
ゲイリー・メリル(1950年7月28日 - 1960年7月6日/離婚)
著名な家族 バーバラ・メリル(娘)
マイケル(養子)
マーゴット(養女)

ベティ・デイヴィスBette Davis, 1908年4月5日 - 1989年10月6日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ローウェル出身の女優である。本名:ルース・エリザベス・デイヴィス(Ruth Elizabeth Davis)。 尊敬をこめて「フィルムのファースト・レディ」と呼ばれた、キャサリン・ヘプバーンと並ぶ、ハリウッド映画史上屈指の演技派女優にして、未だに尊敬を集める特筆すべき重要な存在である。

生涯・初期のキャリア[編集]

映画デビュー作『姉妹小町』(1931年)

弁護士である父を持ち、裕福な幼少期を過ごすが、幼い時に両親が離婚。典型的なステージ・ママである母や姉の影響から自立せねばならなかった。ニュートン・ハイスクール、クッシング・アカデミー・ハイスクールに学ぶと同時に、演技・ダンスも学んで俳優を目指した。ロチェスターの小劇団に在籍し、1928年に巡業劇団であるプロヴィンスタウン・プレイヤーズのオフ・ブロードウェイの舞台「Earth Between」に立ち、ニューヨークへ本格的に進出を果たす。1929年にブロードウェイの舞台でデビュー。

舞台の主演女優として順調なキャリアを積んでいたが、舞台出演の傍ら、サミュエル・ゴールドウィンのスクリーン・テストを受けたが失敗。 しかし、後にゴールドウィンは「彼女を雇わなかったのは最大の誤算であり間違いであった」と深く後悔している。 そして、映画女優の道を選び1931年にユニヴァーサル映画によって雇われ、スター男優のコンラッド・ネイゲル主演『姉妹小町』でスクリーン・デビューを果たす。 映画デビュー前、彼女がハリウッドに到着したとき、どんな映画スターにも似ていない、大きな瞳と個性的な顔立ちもあって、彼女の列車を迎えに行ったスタジオ代表は彼女を見つけることができずに手ぶらで帰ったという逸話も残っている。ユニヴァーサル時代は作品に恵まれなかったが、翌年、名優ジョージ・アーリス主演の『The Man Who Played God』(1932)で注目され、その後ワーナー・ブラザーズと契約し、49年までのワーナーとの契約期間に大スターとしての地位を築き上げることとなる。

転機[編集]

デイヴィスの転機は1934年に訪れる。それまで、ワーナーで便利使いの適当なヒロイン役や準ヒロイン役に甘んじていたデイヴィスは、彼女の女優としての運命を変える事となった名匠ジョン・クロムウェル監督の『痴人の愛』(原作はサマーセット・モームの『人間の絆』)と出逢うのである。当初、この作品が映画化されるに当たり、ヒロインのなり手が全くなかった。 と言うのも、原作者モームの発表した自伝的小説とも言える『人間の絆』に登場するヒロインであるミルドレッドは、それまでの英米文学史上に描かれることの無かった人物であり、史上最低最悪のヒロインと呼ばれたほどの悪辣な女性像であった。

スター・システム全盛期に、このようなイメージを悪くするような役を演じたがる女優が居るはずもなく、ヒロイン探しは難航したが、当時ワーナーに所属していたデイヴィスが、可もなく不可もない、便利使いの適当なヒロイン役に飽きたらず、これを転機と見定め、自らヒロインであるミルドレッド役に志願したのである。しかし、専属契約をしていたワーナーは、当時、他社であるRKOの作品への出演を認めず、デイヴィスはこれに対抗し自らの鉄の意志を貫いた。

ミルドレッド役を手に入れた彼女にとって、もうひとつ幸運だったことは、モームの分身を演じる共演者であった人物がイギリスの名優にして監督でもあった大スターのレスリー・ハワードの存在によるところも大きい。非常に洗練されたハワードが受け手の演技に回ったことにより、デイヴィスは一層、引き立てられ、演技開眼したと言っても過言ではない。

この『痴人の愛』が全米で公開されるや否や、そのデイヴィスの憎たらしいまでの強烈な存在感と悪女ぶりが大評判となり、批評家や評論家も彼女を激賞した。 不運だったことは、当時のアカデミー賞のシステムにもあるが、彼女は他社出演した映画で大評判を取った。これに気を良くしなかったワーナーのボスであるジャック・ワーナーが露骨かつ意図的に彼女を締め出しにかかり、デイヴィスはオスカーにノミネートさえされなかった。

これに怒ったのはデイヴィスでも、ワーナーでもなくRKOでもなかった。当時の多くの新聞のコラムで疑問が呈され、ファンや評論家が抗議したのである。俳優仲間では親友のジョーン・ブロンデルと彼女の当時の夫で人気スターのディック・パウエルらが率先して、抗議のアピールをしたのである。

アカデミーの事務局には、電話や電報による猛抗議が殺到し、収拾がつかない程の事態に陥り、デモ隊までが登場。抗議集会が開かれる寸前の所、ノミネーション発表9日目にして、どのカテゴリーもノミネーションに拘らずに、誰に投票しても構わないという書き込み式の緊急措置がとられ、アカデミー会員に通達する羽目になったのである。しかし、デイヴィスはオスカーを受賞することはなかった。 これは後に「オスカー史上の最も大きな過ち」と呼ばれ、今なおアカデミーの長い歴史を振り返る上で、忘れ去られることの無い、語り継がれるほど有名な話である。

翌年に『青春の抗議』によってアカデミー賞主演女優賞を獲得するも、本人は不本意であった。それは前年、受賞できなかったことに対する「同情的な埋め合わせのオスカー」であったことは明白であり、「今年は私ではなく『乙女よ嘆くな』のキャサリン・ヘプバーンが本当の受賞者」と率直に語った。

全盛期[編集]

黒蘭の女』の予告編より(1938年)

デイヴィスはこの『痴人の愛』以後、演技派の大女優への道を歩むこととなる。 1930年代はアカデミー主演女優賞を獲得した『青春の抗議』(1935)、『黒蘭の女』(1938)をはじめ、ブロードウェイのヒット作の映画化にして再度レスリー・ハワードや悪役から頭角を現したハンフリー・ボガートと共演した『化石の森』(1936)、ヴェネツィア国際映画祭女優賞を獲得した『札つき女』(1937)や悲劇的なヒロインを演じた『愛の勝利』(1939)はじめ、話題作が多く、40年代に入ってからも、夫を平然と射殺しながら、さめざめと泣いて見せる『月光の女』(1940)でのヒロインや、リリアン・ヘルマン原作の『偽りの花園』(1941)の強欲で冷酷なレジーナ役などでは凄味が増し、忘れがたい名演技を披露している。

ラインの監視』(1943)のレジスタンスの闘志の夫を支える献身的な妻や、また、ロマンティックな『情熱の航路』(1943)でのヒロイン役も印象が強く、後に幾度となく、この『情熱の航路』の映画スタイルを引用したロマンス映画が作られている。

この当時、アメリカTIME誌が発表した「アメリカの世紀1930〜1940」では彼女の演技やそのスタイルについて2ページも割かれており、彼女の演技的才能に惜しみない賛辞を送っている。その一文には「彼女が演じた役は、どれもまぎれもなくベティ・デイヴィスなのだが、それでいてまったく性格の違う役を鋭いリアリティを持って演じた」とある。

1938年から1942年まで、主演の演技部門で5年連続でアカデミー賞にノミネートされたのは、グリア・ガースンと並び、アカデミー賞史上空前の記録である。

また、1941年10月には米国映画芸術科学アカデミー(A.M.P.A.S)に女性としてはじめて会長(第9代)に就任する。しかし事務局と対立し、2か月後には退任。

小麦は緑』(1945)以降、ヒット作品に徐々に恵まれなくなるも、1949年にワーナー・ブラザーズを離れてからは、年齢的なこともあり、フリーの立場で仕事を続けていくこととなる。

中年期~後期[編集]

再び、転機が訪れたのは1950年。背中を怪我をしたクローデット・コルベールが降板し、代わって出演した1950年の『イヴの総て』では、自身のイメージを逆手に取るかのように、ブロードウェイの大女優役のマーゴ・チャニングを演じ、圧倒的な迫力を見せ、カンヌ国際映画祭女優賞をはじめ、ニューヨーク映画批評家協会女優賞を獲得。オスカーにもノミネートされた。彼女の演技は評論家には大絶賛され、映画通のファンの間では「マーゴ・チャニング」と言えば、それはイコール悪女を意味した。

1960年以降は、『ポケット一杯の幸福』(1961)や、20年代後期から活躍していた元MGMの大スターであったジョーン・クロフォードと共演した、ロバート・アルドリッチ監督の異色作『何がジェーンに起ったか?』(1962)で強烈な復活を印象付けた。この映画におけるデイヴィスの狂乱の演技は凄まじく、映画ファンのみならず、業界人や評論家までもが度肝を抜かれた。 過去の栄光を汚すと言う周囲の反対も聞き入れず、強烈なキャラクターである、ベイビー・ジェーン・ハドソン役を見事に創り上げ、醜悪なメイクをわざと施した。それは女優としての単なる飽くなき探求心であり、開き直りではなかった。 この作品は、彼女のキャリアの中でも、重要な作品であり、特に50年代中期より作品に恵まれなかった本人にとっては、起死回生の大ヒットを記録した事により、『誰が私を殺したか?』(1964)、『ふるえて眠れ』(1964)などで、更に一癖ある独特の性格女優としての真価を発揮。

とくに『ふるえて眠れ』(1964)では、再びアルドリッチ監督が、クロフォードとの共演で企画を進めたが、共演者は演技派の名女優オリヴィア・デ・ハヴィランドに変更された。この経緯は後述する。また、70年代も積極的に幅広い分野で活動しアガサ・クリスティの『ナイル殺人事件』(1978)でも、コメディ・リリーフ的な役柄を快演している。

人柄・人物[編集]

160㎝と小柄ながらエネルギッシュで、辛辣でブラック・ユーモアを交えた発言も多く、ジョーン・クロフォードに対しては「彼女の使った後の便座だけには座りたくない」と発言したことはあまりにも有名。また、前述した『ふるえて眠れ』の主演にあたり、ジョーン・クロフォードとの共演を拒絶し「ペプシ・コーラのセールス・ウーマンと共演するなんて真っ平ごめん」と言って、大嫌いな彼女を降板させた経緯がある。

また、後輩の大スターであるスーザン・ヘイワードが撮影に遅刻をしようものなら、カツラを投げつけたりするなど、非常に気が強くて有名なヘイワードさえ泣かせるほどであった。

「私は同じ演技などは一度たりともしたことはないから、怖いものなどはない」等も有名な発言であるが、最も有名な発言は男性優位社会のハリウッドや男性と女性の社会的地位の差異を痛烈に批判した「男がやると尊敬される。女がやると嫌われる」であろう。

この言葉は、後にアメリカン・ニューシネマの時代のヒロインとして活躍したフェイ・ダナウェイウィメンズ・リブ台頭の1970年代に「女性映画」が復活したが、この年代のハリウッドを代表するジェーン・フォンダ等も、時代は変わってもハリウッドは変わらず「ボーイズ・タウン」であることを皮肉り、二人ともにデイヴィスの言葉を引用して印象的な発言を多数している。

また、業界紙のデイリー・ヴァラエティ誌の広告一面にわざと「職求む」と実名で仕事の募集広告を出すなど、ジョークも好きで茶目っ気もあった。 強烈な個性を武器にハリウッドをサヴァイヴァルした彼女であるか、ハリウッドのみならず、世界的に尊敬された「真の女優」という意味で、彼女をは唯一無二の個性を持ち合わせた類稀なる女優であることは間違いなく、その評価は揺るぎない。

悪女役のイメージが強いが、出演作品を網羅すればわかる様に、役柄が非常に幅広い。「半分は天使、半分は妖婦、そしてすべてが女性」というキャッチ・フレーズ通り、悪魔のような人物像から、情熱的な役から可憐で美しい女性、憎たらしい女から、目を見張るほど美しく可愛い女性像、地味で目立たないような人物や、苦悩が色濃い役、薄幸な人物までイメージを悉く変えて魅せることの出来る才能の持ち主であり、女王役などは言うに及ばずという所であろう。 そもそも、1930年代に入って男性のスターを中心に動いていたボーイズ・タウンのハリウッドは軌道修正を迫られた。

それは、女性客の圧倒的な増加による。このため、女性を積極的に主人公に起用し、「女性映画」の製作を迫られた。飾り物でも何でもなく、男優を引っ張るパワーのある女性スターが望まれた。そんな時代に登場したのが、デイヴィスであり、キャサリン・ヘプバーンなのである。

デイヴィスは特に他の女優が嫌がる様な役や尻込みする役を積極的に演じ、しかも迫真の名演技で賞賛され、スクリーンで観客を釘付けにした。「フィルムのファースト・レディ」と呼ばれるゆえんである。

逸話[編集]

彼女が二度目のアカデミー賞を受賞した『黒蘭の女』(1938)の意志が強く、我儘で独善的な女性像は、そもそも『風と共に去りぬ』(1939)のヒロインであるスカーレット・オハラに共通点が幾つかある。また、それを強く意識して製作された映画である。

デイヴィスはスカーレット役の有力候補の一人ではあったものの、映画のプロデューサーであったデヴィッド・O・セルズニックが、スカーレット・フィーバーを巻き起こし、あくまでもセンセーショナルでインパクトのある主演女優を妥協せずに探し続けていたため、撮影開始時点でも、ヒロインは正式に決まらなかった。デイヴィスはスカーレット役を得られなかったために、それに似通った役を先んじて演じることで、オスカーを意識したと言われている。

また、後に伝説的な逸話となったヴィヴィアン・リーのオハラ役決定の背後で、実際の話としてはキャサリン・ヘプバーンが、前もってセルズニックに『風と共に去りぬ』の原作の映画化権を買い取る様に進言しており、セルズニックはヘプバーンの勧めに乗り、映画化権を獲得している。

また、どうしても、スカーレット役が見つからず、撮影の契約期間に問題が生じた場合に、ヘプバーンでスカーレット・オハラ役を撮影することも決まっており、衣装合わせもすべて済んでいた状態であったが、セルズニックはヘプバーンの知名度などを気にし、乗り気ではなかった。

結果、ローレンス・オリヴィエを追って、イギリスから渡米したヴィヴィアン・リーをセルズニックは見つけ、ヘプバーンは役を降りた事を「賢明な判断」をしたと語っている。

バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966)では、罵詈雑言を吐くアルコール中毒の悪妻であるヒロイン役をどうしても演じたがったが、役を得ることが出来ず、この役はエリザベス・テイラーが演じ、結果、彼女はオスカーを受賞している。

記録[編集]

1963年までにアカデミー賞に11回ノミネートされたのも空前の記録であった。(生涯ノミネート10回と記載されることが多いが現在は「痴人の愛」のノミネーションが映画芸術科学アカデミーから認められており、11回が正しい) キャサリン・ヘプバーンがデイヴィスの記録を1982年に更新するまで、デイヴィスが史上最多の候補記録を保持していた。現在はメリル・ストリープが18回という驚異的な数字で、記録を更新している。

最晩年[編集]

死の2年前、48年前に『愛の勝利』で共演した大統領ロナルド・レーガンとともに(1987年)

1979年にはTVのミニ・シリーズ『Strangers:The Story of a Mother and Daughter』でエミー賞主演女優賞を獲得。

デイヴィスは1980年代に入ってからも精力的に、映画やTV映画で活躍し、TVショーにも数多く出演している。1987年に主演した、魂の叙事詩と呼ぶにふさわしい名作となった『八月の鯨』でサイレント期から活躍していた名女優リリアン・ギッシュと姉妹役で共演し、世界中で高い評価を得て映画もロングラン・ヒットとなり、オールド・ファンのみならず、多くの観客を感動させた。

1989年、フランスのパリ近郊のオードゥセーヌヌイイ・シュル・セーヌ市のアメリカン病院で転移性乳癌のために死去。

俳優のゲイリー・メリルなど4回の結婚歴があるが、実子は3度目の結婚相手である芸術家のウィリアム・グラント・シェリーとの間に生まれた娘のバーバラのみである。バーバラは母であるデイヴィスが主演した『何がジェーンに起ったか?』に隣家の娘役で出演している。また、デイヴィスの死後に、彼女との母と子としての常識的では考えられない苦悩や生活を赤裸々に告白した暴露的要素が濃い「My Mother's Keeper」を出版して、全米で非常に大きな話題となった。

デイヴィスは、実は彼女の主演作を複数監督している巨匠ウィリアム・ワイラーを愛していたが[1]、結婚はしなかったと言われているが真偽のほどは定かではない。

AFI(米国映画協会)は、1977年に女性として初の生涯功労賞を授与し[2]、そしてまた1999年に「最も偉大な女優50人」の第2位に選出している。また、AFIが選出した「100人のヒーロー・ヒロインと悪者たち」の中で、フェイ・ダナウェイと並び2作品が入っている。第33位の『偽りの花園』(1941)でのレジーナ・ギデンズ役と、第34位『何がジェーンに起こったか?』(1962)のベイビー・ジェーン・ハドソン役である。

2007年、米郵政公社はデイヴィスの生誕100周年を記念して切手を発行した。[3]

なお1981年には、彼女を題材としたキム・カーンズの「ベティ・デイビスの瞳(Bette Davis Eyes)」という歌が全米で9週1位という記録的な大ヒットとなり、グラミー賞の最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞を受賞した。タイトルの通り、彼女の美しく大きな瞳がいかに印象的であるかということがよくわかる名曲である。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1931 母性
Seed
マーガレット・カーター
ウォタルウ橋
Waterloo Bridge
ジャネット
1932 懐しき故里
'Way Back Home
メアリー・ルーシー

So Big!
ダラス・オマラ
暁の耕地
The Cabin in the Cotton
マグダ・ノーウッド
歩道の三人女
Three on a Match
ルース
春なき二万年
20,000 Years in Sing Sing
フェイ・ウィルソン
1933 落下傘
Parachute Jumper
パトリシア・ブレント(アラバマ)
失踪者三万人
Bureau of Missing Persons
ノーマ・ロバーツ
1934 めりけん商売
The Big Shakedown
ノーマ・ネルソン
流行の王様
Fashions of 1934
リン・メイソン
痴人の愛
Of Human Bondage
ミルドレッド・ロジャース
1935 国境の町
Bordertown
マリー
特高警察
Special Agent
ジュリー・ガードナー
青春の抗議
Dangerous
ジョイス アカデミー主演女優賞 受賞
1936 化石の森
The Petrified Forest
ガブリエル
1937 札つき女
Marked Woman
メアリー
倒れるまで
Kid Galahad
ルイーズ・フィリップス
或る女
That Certain Woman
メアリー
恋愛合戦
It's Love I'm After
ジョイス・アーデン
1938 黒蘭の女
Jezebel
ジュリー・マースデン アカデミー主演女優賞 受賞
黄昏
The Sisters
ルイーズ
1939 愛の勝利
Dark Victory
ジュディス・トレハーン
革命児ファレス
Juarez
シャルロッテ皇太后
女王エリザベス
'The Private Lives of Elizabeth and Essex
エリザベス1世
1940 凡てこの世も天国も
All This, and Heaven Too
ヘンリエッタ
月光の女
The Letter
レスリー
1941 偉大な嘘
The Great Lie
マギー
偽りの花園
The Little Foxes
レジーナ・ギデンス
1942 晩餐に来た男
The Man Who Came to Dinner
マギー
追憶の女
In This Our Life
スタンリー・ティンバーレイク・キングスミル
情熱の航路
Now, Voyager
シャーロッテ
1943 ラインの監視
Watch on the Rhine
サラ・ミュラー
旧友
Old Acquaintance
キット・マーロウ
1944 ハリウッド玉手箱
Hollywood Canteen
本人役
1945 小麦は緑
The Corn Is Green
リリー・モファット
1946 盗まれた青春
A Stolen Life
ケイト・ボスワース/パトリシア・ボスワース
愛憎の曲
'Deception
クリスティーン
1948 幸福への招待状
Winter Meeting
スーザン
花嫁の季節
June Bride
リンダ・ギルマン
1949 森の彼方に
Beyond the Forest
ローズ
1950 イヴの総て
All About Eve
マーゴ・チャニング カンヌ国際映画祭 女優賞 受賞
1951 黄昏の惑い
Payment on Demand
ジョイス・ラムセイ
1955 ヴァージン・クイーン
The Virgin Queen
エリザベス1世
1959 大海戦史
John Paul Jones
エカチェリーナ2世
1961 ポケット一杯の幸福
Pocketful of Miracles
アップル・アニー
1962 何がジェーンに起ったか?
What Ever Happened to Baby Jane?
ジェーン・ハドソン
1963 禁じられた抱擁
The Empty Canvas
ディノの母親
1964 誰が私を殺したか?
Dead Ringer
マーガレット・デ・ロルカ/イーディス・フィリップス
愛よいずこへ
Where Love Has Gone
ゲラルド・ハイデン夫人
ふるえて眠れ
Hush... Hush, Sweet Charlotte
1965 妖婆の家
The Nanny
ナニー
1968 残酷な記念日
The Anniversary
タガート夫人
1971 原潜ポラリスSOS
Madame Sin
マダム・シン
1972 黒薔薇の女
The Judge and Jake Wyler
メレディス テレビ映画
1976
Burnt Offerings
エリザベス
1978 続・星の国から来た仲間
Return from Witch Mountain
ナイル殺人事件
Death on the Nile
リサ
1980 呪われた森
The Watcher in the Woods
アイルウッド夫人
1982 チミノ夫人のピアノ
A Piano for Mrs. Cimino
エスター・マクドナルド・チミノ テレビ映画
1983 幸福の選択
Right of Way
ミニ・ドワイヤー テレビ映画
1985 ミス・マープル/魔術の殺人
Murder with Mirrors
キャリー テレビ映画
1986 ジョージアの熱い風
As Summers Die
ハンナ・ロフティン テレビ映画
1987 八月の鯨
The Whales of August
リビー・ストロング
1989 おばあちゃんは魔女
Wicked Stepmother
ミランダ

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞 1935年[4] 主演女優賞 青春の抗議 受賞
1938年[5] 黒蘭の女 受賞
1939年[6] 愛の勝利 ノミネート
1940年[7] 月光の女 ノミネート
1941年[8] 偽りの花園 ノミネート
1942年[9] 情熱の航路 ノミネート
1944年[10] 愛の終焉 ノミネート
1950年[11] イヴの総て ノミネート
1952年[12] The Star ノミネート
1962年[13] 何がジェーンに起ったか? ノミネート
カンヌ国際映画祭 1951年 女優賞 『イヴの総て』 受賞

参照[編集]

  1. ^ Chandler, Charlotte (2006). The Girl Who Walked Home Alone : Bette Davis, A Personal Biography. Simon and Schuster. pp. p 121. ISBN 978-0-7432-6208-8. 
  2. ^ Sikov (2007), p 405
  3. ^ 米郵政公社、映画女優ベティ・デービスの切手を発売 国際ニュース : AFPBB News
  4. ^ The 8th Academy Awards (1936) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  5. ^ The 11th Academy Awards (1939) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  6. ^ The 12th Academy Awards (1940) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  7. ^ The 13th Academy Awards (1941) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  8. ^ The 14th Academy Awards (1942) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  9. ^ The 15th Academy Awards (1943) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  10. ^ The 17th Academy Awards (1945) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  11. ^ The 23rd Academy Awards (1951) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  12. ^ The 25th Academy Awards (1953) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。
  13. ^ The 35th Academy Awards (1963) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年2月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • Sikov, Ed (2007). Dark Victory: The Life of Bette Davis. Henry Holt and Company. ISBN 0-8050-7548-8. 

外部リンク[編集]