さすらい (1976年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さすらい
Im Lauf der Zeit
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ヴィム・ヴェンダース
製作 ミヒャエル・ヴィーデマン
音楽 アクセル・リンシュテット
撮影 ロビー・ミューラー
マルティン・シェーファー
編集 ペーター・プルツィゴッダ
配給 欧日協会
公開 西ドイツの旗 1976年3月4日
日本の旗 1977年1月26日
上映時間 176分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 DEM 680,000
テンプレートを表示

さすらい』(: Im Lauf der Zeit: Kings of the Road)は、1976年西ドイツ製作のヴィム・ヴェンダース監督によるモノクロ映像のロード・ムービーである。

ロード・ムービー3部作の最後の作品で、上映時間も最長の176分である。ゆったりとした時間の流れを描出してみせた点ではロード・ムービーの頂点を極めた作品と言える。本作の影響を受けた作品に青山真治の「EUREKA」、宮崎駿の『ルパン三世』(TV第2シリーズの「死の翼アルバトロス」、劇場版「カリオストロの城」)があるといわれる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]