マチュー・アマルリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マチュー・アマルリック
Mathieu Amalric
Mathieu Amalric
カンヌ国際映画祭にて (2007年)
生年月日 1965年10月25日(49歳)
出生地 オー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ
国籍 フランスの旗 フランス
主な作品
キングス&クイーン
潜水服は蝶の夢を見る

マチュー・アマルリックMathieu Amalric1965年10月25日 - )は、フランス俳優映画監督

来歴[編集]

オー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ出身。父親はフランス人の「ル・モンド」紙の記者、母親はユダヤ系ポーランド人の文芸批評家。

1984年に『Les Favoris de la lune』映画デビュー。1996年公開の『そして僕は恋をする』や『犯罪の系譜』で人気を博し、前者の作品でセザール賞有望若手男優賞を受賞。1997年には『Mange ta soupe』で映画監督デビューをしている。2004年公開の『キングス&クイーン』と2007年公開の『潜水服は蝶の夢を見る』でセザール賞主演男優賞を受賞。『潜水服は蝶の夢を見る』はアカデミー賞に4部門でノミネートされアメリカでも彼の名が知られるようになった。

近年はアメリカ映画にも出演しており、2005年公開の『ミュンヘン』の情報屋のルイや、2008年公開の007シリーズ第22作目『007 慰めの報酬』の悪役ドミニク・グリーンを演じた。

2010年公開の監督作品『さすらいの女神たち』が第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、監督賞を受賞するとともに、国際映画批評家連盟賞を受賞[1]

プライベート[編集]

私生活では元妻の女優兼歌手ジャンヌ・バリバールとの間に男児が2人、同棲しているガールフレンドの作家との間にも息子が1人いる。

主な作品[編集]

出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992年 蝶採り
La Chasse aux papillons
2004年に劇場公開
1996年 犯罪の系譜
Généalogies d'un crime
イヴ
そして僕は恋をする
Comment je me suis disputé...(ma vie sexuelle)
ポール
1998年 溺れゆく女
Alice et Martin
ベンジャミン
2003年 運命のつくり方
Un homme, un vrai
ボリス 映画祭にて上映
2004年 キングス&クイーン
Rois et reine
イスマエル・ヴィヤール
2005年 髭を剃る男
La Moustache
セルジュ 映画祭にて上映
ミュンヘン
Munich
ルイ
2006年 マリー・アントワネット
Marie Antoinette
仮面舞踏会の男
2007年 潜水服は蝶の夢を見る
La Scaphandre et le papillon
ジャン=ドミニック・ボービー
女優
Actrices
デニ
ある秘密
Un secret
フランソワ・グランベール(37才時)
2008年 戦争について
De la guerre
ベルトラン
クリスマス・ストーリー
Un conte de Noël
アンリ
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編
L'Ennemi public n° 1
フランソワ・ベス
007 慰めの報酬
Quantum of Solace
ドミニク・グリーン
2009年 風にそよぐ草
Les herbes folles
ベルナール
2010年 アデル/ファラオと復活の秘薬
Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec
デュールヴー
さすらいの女神たち
Tournée
ジョアキム・ザンド 兼監督・脚本
2011年 チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜
Poulet aux prunes
ナセル・アリ・カーン
2012年 コズモポリス
Cosmopolis
アンドレ
2013年 ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して
JIMMY P
ジョルジュ・ドゥヴルー

監督[編集]

  • Mange ta soupe (1997年)
  • Le Stade de Wimbledon (2001年)
  • La Chose publique (2003年)
  • さすらいの女神たち Tournée (2010年)

参照[編集]

  1. ^ Hollywood Reporter: Cannes Lineup”. hollywoodreporter. 2010年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]