中原俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中原 俊(なかはら しゅん、1951年5月25日 - )は、鹿児島市草牟田出身の映画監督である。本名は、中原 俊弘(なかはら としひろ)。ポルノ映画から出発し、以降はジャンルに囚われずに様々な題材を広く取り扱う。日本映画大学教授。

来歴[編集]

ラ・サール高等学校東京大学文学部宗教学科を卒業。1976年に日活に入社する。鈴木清順大林宣彦市川崑根岸吉太郎等の助監督を務めた。

1982年に日活ロマンポルノの『犯され志願』でデビュー。以降日活ロマンポルノにて活動し、期待の俊英として注目を集めた。1985年に日活を退社しフリーとなる。

フリーランスになってからは、一般映画・テレビドラマ・オリジナルビデオへと活動の幅を広げる。

1990年11月に、吉田秋生原作の『櫻の園』を発表する。そして1991年12月には、三谷幸喜脚本の『12人の優しい日本人』を発表する。この2作が出世作となり、広く注目を集める。以降も、ポルノ時代から培われてきた斬新な演出で注目を集め、現在もコンスタントに作品を発表している。

監督作品[編集]

劇場映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

受賞歴[編集]