最高の人生の選び方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最高の人生の選び方
The Open Road
監督 マイケル・メレディス英語版
脚本 マイケル・メレディス
製作 ジャスティン・ムーア=レウィ
チャーリー・メイソン
マイケル・メレディス
ジョーダン・フォーリー英語版
ローリー・フォックス
デヴィッド・シッフ
製作総指揮 ジジ・プリッツカー
デボラ・デル・プレト
ケヴィン・フォックス
ジョナサン・グレイ
ハイディ・レヴィット
ロイ・スコット・マクファーランド
ジェイソン・ヒューイット
ヴィム・ヴェンダース
出演者 ジェフ・ブリッジス
ジャスティン・ティンバーレイク
ケイト・マーラ
ハリー・ディーン・スタントン
メアリー・スティーンバージェン
音楽 クリストファー・レナーツ
マイケル・ロイド(監修)
ダン・ハバート(監修)
撮影 ヤーロン・オーバック
編集 スージー・エルミガー
ジェイコブ・クレイクロフト
製作会社 OddLot Entertainment
Heavy Lifting
Perfect Weekend
Aqua Foxx Productions
Maximon Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 Anchor Bay
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年8月28日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $19,716[2]
テンプレートを表示

最高の人生の選び方』(さいこうのじんせいのえらびかた、The Open Road)は2009年アメリカ合衆国のドラマ映画。 プロ野球の往年の名選手である父親とスランプ中の現役選手である息子の和解を描いたロードムービーである[3]

日本では劇場未公開だが、2013年12月3日にDVDが発売された[4]

ストーリー[編集]

マイナーリーグの現役選手カールトン・ギャレットは、往年の名選手カイル・ギャレットの息子として注目され、それなりの成績を上げたこともあったが、今期は絶不調のスランプ中である。野球選手としての岐路に立つ彼に祖父アモンから母キャサリンが心臓を患って入院したとの連絡が来る。病院にかけつけたカールトンにキャサリンは、手術の前に遠く離れて暮らす元夫カイルに会いたいので連れて来て欲しいと頼む。自分と母親を捨てたカイルに複雑な想いを抱いているカールトンは抵抗感を覚えるものの、母の頼みを聞くことにする。不安を感じる彼は元恋人で今は親友となっているルーシーに同行を頼む。

カールトンの予想に反し、思いの外あっさりと頼みを聞き入れたカイルだったが、身分証の入った財布をなくした(実際には鞄に入っていたのだが、それを言い出せなくなっていた)ために、飛行機に乗れなくなってしまう。仕方なく3人は車を使うことにする。しかし、行く先々で自由奔放なカイルに振り回され続けたカールトンは、ルーシーとの仲もぎくしゃくしてしまう。

激しくぶつかり合いながらも、カールトンは何とかカイルを病院に連れて行くが、キャサリンは既に手術に入っていた。家族らが見守る中、手術は成功する。キャサリンとカイルは久しぶりの再会を喜び合う。カールトンは野球を辞め、かねてから希望していた作家に転身することを決め、ルーシーとよりを戻す。そして晴れやかな気持ちで空港までカイルを見送ると、球場のロッカーにある私物をまとめて、ルーシーとともに球場を後にする。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Open Road (2009) - Box office / business” (英語). IMDb. 2014年1月18日閲覧。
  2. ^ The Open Road (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2014年1月18日閲覧。
  3. ^ 最高の人生の選び方”. WOWOW. 2014年1月18日閲覧。
  4. ^ 最高の人生の選び方 [DVD]”. amazon.co.jp. 2014年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]