伊藤俊也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伊藤 俊也(いとう しゅんや、1937年2月17日 - )は、日本の映画監督脚本家福井県出身。

いとう としやと紹介される場合があるが[1]いとう しゅんやが正しい[2]

経歴[編集]

乾徳高等学校(現・福井商業高等学校)卒業後に上京して、東京大学文学部卒業。

1960年東映撮影所に入り助監督脚本家として活動。1972年『女囚701号 さそり』で監督デビュー。初監督作は、鮮烈な様式美と主演を務めた梶芽衣子とのコンビで、話題となる。女囚さそりシリーズとしてシリーズ化されたが、先鋭的な演出がどんどんエスカレートしたこともあり第3作で降板(梶も続く第4作で降りた)。謎めいたラストシーンが話題になったオカルト映画『犬神の悪霊』を挟んで長いブランクが続く。久々のメガホンとなった『誘拐報道』はキネマ旬報ベストテン第9位、モントリオール世界映画祭審査員賞など評価が高く、続けて『白蛇抄』『花いちもんめ。』『風の又三郎 ガラスのマント』などを発表。

1991年にフリーとなり、1992年に故郷である福井県の「福井ふるさと大使」に任命される。

1998年には『プライド・運命の瞬間』で監督・脚色を務める。かつて東映労組の戦闘的な委員長として鳴らし、反体制的な作品の多かった伊藤が東条英機を主役とする映画を撮ったことで話題と論争を呼んだ。

2003年紫綬褒章受章。

2006年の『映画監督って何だ!』の監督・脚本を務める。日本映画監督協会設立70周年記念事業として、多数の映画監督が出演した作品である。

2010年7月3日には『ロストクライム -閃光-』が公開。長坂秀佳とともに、脚本も担当している。

長男は日本テレビドラマプロデューサーの伊藤響(いとう きょう、1965年2月3日 - )[3]。母方の伯父に天文学者藤田良雄がいる[4]。母方の祖父の藤田貞造は、戦前に福井新聞の編集長を務めたほか「藤田村雨」の筆名で小説を書いている[5]

作品[編集]

映画[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

  • 『ごろつき無宿』(1971年)

企画[編集]

著書[編集]

  • 『偽日本国』(2000年、幻冬舎)
  • メイエルホリドな、余りにメイエルホリドな』(2009年、れんが書房新社)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ allcinema 伊藤俊也のプロフィール
  2. ^ 日本映画監督協会・会員名簿
  3. ^ 『新訂 現代日本人名録2002』(日外アソシエーツ
  4. ^ 伊藤俊也氏
  5. ^ 週刊新潮」2006年11月9日号(新潮社)「週刊新潮掲示板」