白蛇抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白蛇抄
監督 伊藤俊也
脚本 野上龍雄
原作 水上勉
出演者 小柳ルミ子
杉本哲太
仙道敦子
夏木勲
若山富三郎
音楽 菊池俊輔
撮影 森田富士郎
編集 西東清明
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1983年11月12日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

白蛇抄』(はくじゃしょう)は、水上勉による日本の文芸小説作品。1982年2月に集英社(のち文庫)より発売されている。

また、原作を忠実に映画化し、東映配給により1983年11月12日に劇場公開される。伊藤俊也が監督を務め、主演を担当する小柳ルミ子は1983年の第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

製作経緯[編集]

1982年6月5日に公開された『鬼龍院花子の生涯』の大ヒットで、東映は文芸原作に女優たちのエロチシズムという鉱脈を見出し、新たな“女性文芸大作路線”を確立した[1][2][3]。本作はそのうちの一本である[1][4]。監督の伊藤俊也は、前作の『誘拐報道』の撮影が終わり切らないうちに小柳ルミ子に本作のオファーを出した[5]岡田茂東映社長(当時)には既に企画を提出し「ルミ子が主演なら」とOKを取っていた。原作は官能描写が凄くヌードになることは避けられないが、小柳は伊藤に出演の了承を伝えた。間もなく渡辺プロダクション渡辺晋社長(当時)の耳にも入り渡辺は激怒、岡田東映社長を呼び寄せ「ウチの可愛い娘を頼んだぞ」と言ったといわれる[5]。渡辺は小柳本人の意欲を買った。小柳は初ヌードを披露するなど熱演、本作で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

あらすじ[編集]

石立うたは、二年前、京都で火事にあい、夫を失って絶望のあまり若狭の心中滝に身を投じた時、華蔵寺の住職懐海に助けられ、そのまま後妻として寺に住みついていた。懐海にはひとり息子昌夫がおり、彼は出家ずみの身で来年高校を卒業すると本山に行くことになっている。ある日、華蔵寺にうたの遠い親戚に当るという十五歳の少女鵜藤まつのが引きとられてきた。この寺での初めての夜、まつのは異様な女の呻き声を耳にした。その声は隠寮から聞こえてきた。夜ごとうたの体に執着する懐海。それを覗き見する昌夫。彼はうたに惹かれていた。もうひとり村井警部補もうたが身を投げ救助された時に立ち会って以来彼女に惹かれていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 東映キネマ旬報 2010年春号 Vol.14 2-7頁
  2. ^ 『クロニクル東映:1947-1991』2、東映、1992年、72頁。
  3. ^ 歴史|東映株式会社(任侠・実録)
  4. ^ 緑川亨 『日本映画の現在』 岩波書店〈講座日本映画7〉、1988年、347頁。ISBN 4-00-010257-5
  5. ^ a b 80年代黄金ヒロインたち 小柳ルミ子 | アサ芸プラス

外部リンク[編集]