わたしの城下町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わたしの城下町
小柳ルミ子シングル
収録アルバム 私の十二曲
B面 木彫りの人形
リリース 1971年4月25日
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 安井かずみ平尾昌晃
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1971年度年間1位(オリコン)
  • 1972年度年間45位(オリコン)
小柳ルミ子 シングル 年表
わたしの城下町
(1971年)
お祭りの夜
(1971年)
テンプレートを表示

わたしの城下町」(わたしのじょうかまち)は、1971年4月に発売された小柳ルミ子のデビュー・シングルである。

解説[編集]

「みんなの恋人」というキャッチフレーズを持ってデビューした小柳ルミ子のファースト・シングル。国鉄キャンペーン「ディスカバー・ジャパン」の流行も手伝い、デビュー・シングルながらオリコンでは、その後12週にわたって1位を独走した。なおこの記録は2008年現在ソロ女性歌手では歴代1位の記録である[1]

順調にセールスを重ねた結果、1971年の年間シングルチャートの第1位に輝いた(翌1972年の年間シングルチャートも第45位にランク)。また、同年暮れの音楽賞レースでは6月に「17才」でデビューの南沙織とともに『第2回日本歌謡大賞』の放送音楽新人賞や『第13回日本レコード大賞』の最優秀新人賞など数々の新人賞を受賞している。

大晦日には『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場。同じく初出場の南沙織と11月デビューの天地真理とともに、翌1972年頃からは1970年代の "三人娘" と称されるに至った。

次作「お祭りの夜」とは7週間同時にベストテンにランクされ、その後「わたしの城下町」「お祭りの夜」「雪あかりの町」の3作で、連続40週間のベストテン入りを記録している。

女優加賀まりこ安井かずみ作詞制作場面に立ち会っていた、というエピソードがNHK音楽番組内で紹介されたことがある。その番組によると、歌詞は20分程度で完成した、とのこと。また、加賀が本楽曲の歌いだし部分についてその場である指摘をしたが却下された、とも紹介されている[2]

収録曲[編集]

  1. わたしの城下町
  2. 木彫りの人形
    • 作詞:山上路夫/作曲:平尾昌晃/編曲:森岡賢一郎

カヴァーしたアーティスト[編集]

  • ザ・ピーナッツ - 「華麗なる ザ・ピーナッツの世界 50年だよピーナッツ!」/「ザ・ピーナッツ カヴァーヒッツ」に収録。
  • アイク・コール - ナット・キング・コールの弟で、日本の演歌をカバーしたジャズシンガー。外国でのタイトルも『WATASHI NO JOKAMACHI』。日本語で歌っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 女性ヴォーカル楽曲の連続1位獲得週は、グループではピンキーとキラーズ恋の季節」とピンク・レディーウォンテッド(指名手配)」がそれぞれ12週連続1位。よって、「わたしの城下町」は総合でも1位タイ記録である。
  2. ^ これらエピソードは、加賀まりこ・著『とんがって本気』(2004年新潮社刊)に掲載されている。