冬の散歩道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冬の散歩道
サイモン&ガーファンクルシングル
収録アルバム ブックエンド
B面 エミリー・エミリー
リリース 1966年10月
1994年7月21日(日本・8cmCDシングル)
録音 1966年9月7日
ジャンル フォークロック
時間 2分17秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ポール・サイモン
チャート最高順位
サイモン&ガーファンクル シングル 年表
夢の中の世界
(1966年)
冬の散歩道
(1966年)
動物園にて
(1967年)
テンプレートを表示

冬の散歩道」(原題:A Hazy Shade of Winter)は、サイモン&ガーファンクル1966年に発表したシングルで、原題の意訳は「冬の陽炎」。

解説[編集]

アルバム『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』(1966年)のためのレコーディング・セッション終了後に制作され、アルバムと同時期にシングルとしてリリースされた。発表から1年半を経て、アルバム『ブックエンド』(1968年)に収録される。B面「エミリー・エミリー」は『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』収録曲。

12弦ギターリフをフィーチャーした、ロック色の強い楽曲。全米チャートのトップ10には入らなかったが、allmusic.comの評論家Richie Unterbergerは、「サイモン&ガーファンクルの楽曲の中でも最も優れたものの一つで、優しさと気品でよく知られるデュオによる、最も力強く、ロック指向の強い楽曲」と評している[1]

日本では、本国アメリカよりも3か月遅い1967年1月に日本コロムビアから初リリースされた。1973年1月には、B面に「アイ・アム・ザ・ロック」を収録した独自企画のシングルとしてCBSソニーから発売され、オリコン68位を記録[2]。その後、1988年には深夜バラエティ番組『週刊テレビ広辞苑』のエンディング・テーマとして、また1994年にはテレビドラマ人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』の挿入歌に使用され(事実上のオープニング・テーマだったが、サイモン&ガーファンクル側が主題歌としての使用を許可しなかったため、公式には挿入歌としてクレジットされた)、CDシングルとして発売されると、オリコン13位に達した。この時のカップリング曲は、オリジナルと同じ「エミリー・エミリー」。

カヴァー[編集]

  • バングルス - 1987年の映画『レス・ザン・ゼロ』のサウンドトラックに提供。原題は「Hazy Shade of Winter」に変更されている("A"がつかない)。シングルとしても発売され、オリジナル・ヴァージョン以上の大ヒット(全米2位・全英11位)となった。
  • スナッフ - EP「Flibbiddydibbiddydob」(1990年)に収録。
  • ソドム - 『'Til Death Do Us Unite』(1997年)に収録。

脚注[編集]

  1. ^ A Hazy Shade of Winter - Simon & Garfunkel: Listen, Appearances, Song Review | AllMusic
  2. ^ 『文藝別冊 [総特集] サイモン&ガーファンクル』(河出書房新社、2003年、ISBN 4-309-97650-6)p.97