チェンジ・ザ・ワールド (ワイノナ・ジャッドの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェンジ・ザ・ワールド
ワイノナ・ジャッド楽曲
収録アルバム Revelations
リリース 1996年2月13日
ジャンル カントリー
時間 3分16秒
作曲者 トミー・シムズ、ゴードン・ケネディ、ウェイン・カークパトリック
プロデュース トニー・ブラウン

チェンジ・ザ・ワールド (Change the World) は、アメリカのミュージシャンであるトミー・シムズ、ゴードン・ケネディ、ウェイン・カークパトリックが制作した楽曲である。1996年の映画『フェノミナン』のサウンドトラックに収録されたエリック・クラプトンが歌ったバージョン(ベイビーフェイスがプロデュース)が、グラミー賞最優秀レコード賞最優秀楽曲賞・最優秀ポップ男性ボーカル賞を受賞し、RIAAが選んだ世紀の歌には270位にランクされている[1]

ワイノナ・ジャッドのオリジナル・バージョン[編集]

この曲を最初にリリースしたのは、アメリカの女性カントリー歌手であるワイノナ・ジャッドで、彼女が1996年2月にリリースしたアルバム『Revelations』に収録された。アルバムは全米アルバムチャートで最高9位を記録する[2]などヒットしたが、この曲はシングルカットされなかった。

エリック・クラプトンのバージョン[編集]

チェンジ・ザ・ワールド
エリック・クラプトンシングル
収録アルバム フェノミナン(サウンドトラック)
リリース 1996年7月
日本の旗1997年10月25日
ジャンル ロック
時間 3分57秒
作詞・作曲 トミー・シムズ、ゴードン・ケネディ、ウェイン・カークパトリック
プロデュース ベイビーフェイス
チャート最高順位
エリック・クラプトン シングル 年表
マザーレス・チルドレン
1994年
チェンジ・ザ・ワールド
1996年
マイ・ファザーズ・アイズ
1998年
テンプレートを表示

イギリス出身のミュージシャンであるエリック・クラプトンによるカヴァーは、R&Bプロデューサーで、当時グラミー賞の常連であったベイビーフェイスが、大御所ロック・ミュージシャンをプロデュースしたことで話題となり、楽曲の美しさもあって、シングルは大ヒットした。

1996年5月には、全米シングルチャートで最高5位を記録した[2]。また、アダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位を13週も記録し、1年半(80週)もの間チャート内に居座る当時としては珍しいロングヒットとなった[3]。この曲以降、アダルト・コンテンポラリー・チャートでロングヒットがよく発生するようになった。

1997年10月25日には、「ティアーズ・イン・ヘヴン」「ワンダフル・トゥナイト」をカップリングとした編集盤シングルが日本限定で発売された。

イギリスでは、最高18位に留まった[4]が、日本のラジオ局J-WAVEチャートでは年間1位を記録する大ヒットとなった(ただし、週間チャートでは1位を記録していない)[5]

チャート[編集]

チャート 最高位
アメリカ合衆国[2] 5
イギリス[4] 18
オーストリア[6] 10
フランス[6] 7
オランダ[6] 24
ベルギー[6] 27
スウェーデン[6] 22
ノルウェー[6] 15
オーストラリア[6] 8
ニュージーランド[6] 3
カナダ[7] 1

その他のカバー・バージョン[編集]

  • ベイビーフェイス - 1997年のアルバム『MTV アンプラグド NYC 1997』に収録。エリック・クラプトンがギターで参加している(ライブではクラプトン本人も歌っていたが、レコード会社の契約の都合上、アルバム未収録)。日本のラジオ局J-WAVEのチャートでは、このバージョンは週間1位を記録している[8]
  • 佐藤竹善 - Charとの共演によるカバーバージョンが日産自動車CMで使用された。2002年の佐藤のアルバム「CORNERSTONES2」に収録されている[9]
  • 原田知世 - 上記の佐藤竹善のカバー同様、日産自動車のCMで使用された。CD化はされていない[10]
  • 中村耕一 - 2003年発売のアルバム「Dearest」に収録。ミズノ・インテージのCM曲として使用された[11]
  • CHEMISTRY - 2005年のシングル「Wings of Words」のカップリングとして収録。サントリーウイスキー「角瓶」のCM曲として使用された[12]
  • 倉木麻衣 - 2011年に発売された「Your Best Friend」「Strong Heart」の2ヶ月連続リリース連動応募特典にて、抽選で500名が当選したCDに収録されている。
  • 井上銘 - 2011年発売のアルバム「ファースト・トレイン」に収録されている[13]。ギターソロによるインストゥルメンタル曲
  • Aimer-2012年に発売されたアルバム「Bitter & Sweet」に収録されている[14]

脚注[編集]

  1. ^ CNN.com (2001年3月7日). “Songs of the Century”. 2010年3月31日閲覧。
  2. ^ a b c 東ひさゆき・FMFAN編集部 『97 MUSIC CHART BOOK』 共同通信社、1997年6月11日ISBN 978-4764103863
  3. ^ Hyatt, Wesley (1999). The Billboard Book of #1 Adult Contemporary Hits. Billboard Publications. 
  4. ^ a b ChartArchive - Eric Clapton - Change The World”. 2012年6月29日閲覧。
  5. ^ J-WAVE TOKIO HOT 100 監修 『J-WAVE TOKIO HOT 100 ('88-'97) TOKIOヒットチャート・ヒストリー』 音楽之友社、1997年ISBN 978-4276236394
  6. ^ a b c d e f g h australian-charts.com - Eric Clapton - Change The World”. 2011年7月6日閲覧。
  7. ^ Item Display - RPM - Library and Archives Canada” (1996年8月5日). 2011年7月6日閲覧。
  8. ^ 81.3 FM J-WAVE : TOKIO HOT 100”. TOKIO HOT 100 CHART - 1997年12月第4回放送日. 2010年3月31日閲覧。
  9. ^ CORNERSTONES 2”. =シングライクトーキング. 2014年9月20日閲覧。
  10. ^ 企業CM/日産グループCM情報 (80周年)”. www.nissan.co.jp. 2014年9月20日閲覧。
  11. ^ 中村耕一 / ディアレスト - CDJournal”. ONGAKU SHUPPANSHA. 2014年9月20日閲覧。
  12. ^ CHEMISTRY / Wings of Words - CDJournal”. ONGAKU SHUPPANSHA. 2014年9月20日閲覧。
  13. ^ 井上銘 / ファースト・トレイン - CDJournal”. ONGAKU SHUPPANSHA. 2014年9月20日閲覧。
  14. ^ Aimer(エメ) / Bitter&Sweet - CDJournal”. ONGAKU SHUPPANSHA. 2014年9月20日閲覧。