ワンダフル・トゥナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワンダフル・トゥナイト
エリック・クラプトンシングル
収録アルバム スローハンド
A面 ワンダフル・トゥナイト
B面 ピーチズ・アンド・ディーゼル(Peaches And Diesel)
リリース 1977年
規格 45 rpm シングル
録音 1977年5月
ジャンル ロック
時間 3分43秒
レーベル RSOレコード
作詞・作曲 エリック・クラプトン
プロデュース グリン・ジョーンズ
エリック・クラプトン シングル 年表
レイ・ダウン・サリー/
コカイン
ワンダフル・トゥナイト/
ピーチズ・アンド・ディーゼル
プロミシズ (Promises)/
ウォッチ・アウト・フォー・ルーシー (Watch Out For Lucy)
テンプレートを表示

ワンダフル・トゥナイト (Wonderful Tonight) は、エリック・クラプトン1977年に発売のアルバムスローハンド』に収録され、翌年にリカット・シングルとなった楽曲。パティ・ボイド(Pattie Boyd)について書かれたものであり、このことはボイドの自叙伝的著書『ワンダフル・トゥナイト:ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン、アンド・ミー』(Wonderful Tonight: George Harrison, Eric Clapton, and Me)内で触れられている。

1976年9月7日に、ポール・マッカートニーリンダ夫妻が毎年開催するバディ・ホリー パーティに出席するために、パティ・ボイドが身支度を整えるのを待つ間にクラプトンは彼女のために、この曲を作り上げた。ボイドは、「長年この歌は私を苛んだわ。エリックを、そして彼の前にはジョージをその気にさせてこんな音楽を書かれたら舞い上がるほどに嬉しかったわ。『ワンダフル・トゥナイト』は私たちの関係が全てうまくいっていたことを最も強烈に思い起こさせてくれる歌だったの。物事が悪い方向へ行き始めてからこの歌を聞くのは拷問を受けるようなものだったわ。」と語る[1]

1988年にクラプトンは、ネルソン・マンデラ70歳記念コンサート(Nelson Mandela 70th Birthday Tribute)でダイアー・ストレイツのゲスト・ギターリストとして出演した。ダイアー・ストレイツは、自分達の出番の間にサプライズ曲として演奏された「ワンダフル・トゥナイト」で、クラプトンのバックバンドを勤めた。

カバー版[編集]

この曲には、カントリー・ミュージックの歌手による3つのカバー版がある。バッチ・ベイカー(Butch Baker)の版は1989年ビルボードのホット・カントリー・ソングのチャートで66位、デヴィッド・カーシュ(David Kersh)版は1998年に同じチャートの29位を獲得し、ドン・ウィリアムズ(Don Williams)が2004年のアルバム『マイ・ハート・トゥー・ユー』(My Heart to You)でこの曲をカバーしている。イギリスのポップ・グループのダメージ(Damage)も「ワンダフル・トゥナイト」をカバーし、1997年にシングル曲として発売され全英シングルチャートで3位を獲得した。2002年サクソフォーン奏者のワレン・ヒル(Warren Hill)が自身のアルバム『ラヴ・ソングス』(Love Songs)で「ワンダフル・トゥナイト」をカバーして発表した[2][3]

出典[編集]

  1. ^ Boyd, Pattie (2007年8月11日). “I'd pray Eric would pass out and not touch me' - Part 2 of Pattie Boyd's sensational autobiography”. Daily Mail. 2008年3月8日閲覧。
  2. ^ Love Songs Album”. Answers.com. 2010年6月20日閲覧。
  3. ^ Love Songs [ECD]”. BestBuy.com. 2010年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]