殿さまキングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殿さまキングス
基本情報
出身地 日本の旗 日本 兵庫県
ジャンル コミックソングムード歌謡
活動期間 1967年 - 1990年
レーベル ビクター音楽産業
メンバー
長田あつし
宮路オサム
尾田まさる
多田そうべい

殿さまキングス(とのさま -、1967年 - 1990年 )は、歌謡曲・コミックソングなどを手がけたバンド。殿様…という表記も見られるが、正しくは殿さまキングスである。愛称は、「殿キン」(とのきん)。

概要[編集]

前身は1960年6月に結成のファンキーガイズというボーイズ物であった。結成時のメンバーは5人でのちに4人となった、メンバーはリーダー長田あつし、宮路おさむ、尾田まもる、戸沢清の4人であった。

大ヒット曲「なみだの操」の影響で、歌謡曲が主流になったが、元々はコミックバンドとしてお笑い番組に多数出演していた。ちなみに「殿さま」という名前は「キング」を日本風に言い換えようとして思いついたという。

1967年に結成。『大正テレビ寄席』(NET)などバラエティ番組に多数出演していた。その後、歌謡曲を歌うバンドに転身、1973年にリリースした「なみだの操」は300万枚近い爆発的なヒットとなった。1975年にリリースした「夫婦鏡」もミリオンセラーになった。演歌系の楽曲に限らず、「恋は紅いバラ」「けい子のマンボ」などのリズムもの、「ハワイ音頭」「ブラジル音頭」などのワールドものにも意欲的に取り組んだ。その後もバンド活動などしていたが、昭和天皇の病状悪化を受けた“自粛ムード”によって、いわゆる「営業」の数が激減したこともあり、1990年に解散。メンバーは現在ソロで活躍しているが、懐メロ番組などで不定期に再結成している。1970年代は演歌系が中心だったが、1980年代にはポップスの要素も織り交ぜている。

メンバー[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

ポリドール(現・ユニバーサル)より発売。編曲はクニ河内
ビクターからの、本格デビュー・シングル。
  • 北の宿(1973.7.25) 作詞 鳥井実/作曲 彩木雅夫
  • なみだの操(1973.11.5) 作詞 千家和也/作曲 彩木雅夫
1974年度オリコン年間ヒットシングル第1位。
ちびまる子ちゃん』で主人公・まる子が祖父・友蔵にこのレコードを買ってもらって喜び、学校ではまじ達とこれをモノマネで歌うシーンや父・ヒロシが風呂で間違った歌詞で歌うシーンがあり、ドラマでもBGMとして挿入された。また作者のさくらももこも、自身のエッセイにて父にこの曲の歌詞を教えていたと書いている。
やらせ問題で打ち切りになった『愛する二人別れる二人』(フジテレビ)のオープニングにも使われていた。
この年、全日本有線放送大賞新人賞受賞。
  • 夫婦鏡(1974.5.25) 作詞 千家和也/作曲 彩木雅夫
オリコン週間チャート1位。
この年、第16回日本レコード大賞大衆賞、第7回日本有線大賞特別賞受賞。
  • おんなの運命(1974.11.5) 作詞 千家和也/作曲 彩木雅夫
  • 浮草の宿(1975.3.5) 作詞 千家和也/作曲 彩木雅夫
  • なみだ心(1975.6.25) 作詞 円山千津子/作曲 井上忠夫
  • 女の純情(1975.9.10) 作詞 千家和也/作曲 彩木雅夫
  • わたしは新妻(1975.12.5) 作詞 千家和也/作曲 彩木雅夫
  • 裏町ブルース(1976.3.5) 作詞 川内康範/作曲 北原じゅん
  • 恋は紅いバラ(1976.9.5) 作詞 千家和也/作曲 佐瀬壽一
  • 殿キンの新東京行進曲(1977.3.5) 作詞 高田ひろお/作曲 井上忠夫
  • メロメロ東京(1978.5) 作詞・作曲 信楽順三
三浦正弘とアロハ・ブラザーズの『ラリラリ東京』(1968年)、三浦正弘とハニー・ブラザースの『イライラ東京』(1969年)の歌詞を変更したカバー。(三浦正弘とアロハ・ブラザーズ、三浦正弘とハニー・ブラザースは現在の三浦弘とハニーシックスの前身)
  • 泪の波止場(1979年) 作詞 黄善友・三佳令二/作曲 黄善友
1983年に渥美二郎らの競作によってヒットした釜山港へ帰れと同じ曲。歌詞も大部分は同じだが、こちらは釜山という固有名詞が登場しない等、若干違いが見られる。
現在も、ブラジルでは盆踊りなどでよく使われているとのこと。
  • 道行き(1984年) 作詞 鳥井実/作曲 浜圭介
  • 情熱のルンバ(1986年) 作詞 千家和也/作曲 たきのえいじ
  • AMANOJAKU~あまのじゃく(1987年) 作詞 秋元康/作曲 彩木雅夫

ほか多数。

アルバム[編集]

  • 北の恋唄(1974年)
  • グランド・デラックス(1974年)
  • 有線ベストヒット(1975年)
  • 流行歌(1981年)
  • パロッタ・クラシック(1983年。楽曲と演奏はクラシック、歌詞とヴォーカルはド演歌、という意欲作。2007年、『殿キン・カンタービレ~パロッタ・クラシック』のタイトルでCD化)
  • エッセンシャル・ベスト(2007年)
  • ウラ・ベスト集~ブラジル(2007年。「ハワイ音頭」「ブラジル音頭」など、通常のベスト盤には収録されなかったコミカルな楽曲を中心に構成。そのほか未発表曲、初期の楽曲も収録)
  • 殿キンのスーダラ外伝~クレイジーキャッツを歌う(2007年。1970年ごろ録音された、ミュージック・テープ用音源のCD化。ブックレットには長田あつしインタビューを掲載)

ほか。

主なテレビ出演[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]