フランツ・フォン・スッペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・フォン・スッペ
Franz von Suppé
}
基本情報
出生名 Franz von Suppé
出生 1819年4月18日
出身地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
ダルマチア地方・スプリト
死没 1895年5月21日(満76歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ウィーン
ジャンル クラシック音楽
オペレッタ
職業 作曲家
指揮者
歌手
担当楽器

フランツ・フォン・スッペFranz von Suppé, 1819年4月18日ダルマチア地方スプリト - 1895年5月21日ウィーン)は、オーストリアの作曲家。オペレッタとその序曲で有名。指揮者や歌手としても活動した。ズッペの表記も多い。

生涯[編集]

18世紀にダルマチアに移住したベルギー系貴族の家庭に生まれる。遠戚にガエターノ・ドニゼッティがおり、本名はイタリア風のフランチェスコ・エゼキエーレ・エルメネジルド・スッペ=デメッリFrancesco Ezechiele Ermenegildo, Cavaliere Suppé-Demelli、カヴァリエーレ(Cavaliere)はイタリア語で騎士階級のこと。Ritter に相当)といった。ウィーン在住中に氏名をドイツ語風に簡略化し、さらに Cavaliere に代えて von を用いるようになった。このため、ドイツ語圏以外の地域では、Francesco Suppé-Demelli の呼び名もみられる。

幼年期に音楽の手ほどきを受けて作曲を試みる。10代のときクレモナフルート和声法を学ぶ。現存する最初の作品は、1832年に地元のフランシスコ会の教会で初演されたカトリック典礼のミサ曲である。パドヴァに移って法学を専攻するかたわら、音楽の学習を続けた。ウィーンに出てイグナツ・ザイフリート(Ignaz Seyfried)と、晩年のフランツ・シューベルトアントン・ブルックナー対位法の師として高名なウィーン音楽院ジーモン・ゼヒターに入門した後、無報酬でヨーゼフシュタット劇場を指揮した(だが後に、同劇場で自作を上演できるようになる)。ヨーゼフシュタットレオポルトシュタットのほか、アン・デア・ウィーン劇場バーデン歌劇場の公演のために、しめて100曲以上の作品を作曲した。

作品[編集]

スッペのオペレッタのうち、「ボッカチオ」(Boccaccio)と「ドンナ・フアニータ」(Donna Juanita)の2曲がニューヨークのメトロポリタン歌劇場でも上演されたが、レパートリーに定着することはできなかった。しかしヨーロッパでは一定の頻度で上演が続いており、ウィーンフォルクスオーパーやモスクワ・アカデミー歌劇場が来日公演で取り上げたこともある。ちなみに、生涯イタリアオペラ(とカルメン)に徹し、ドイツ物はほとんど歌わなかった大歌手マリア・カラスのデビュー演目は、「ボッカチオ」であった。

日本では、大正時代に浅草オペラの台頭によってスッペのオペレッタが紹介され、とりわけ「ボッカチオ」のアリエッタ「恋はやさし野辺の花よ」が田谷力三の愛唱歌として普及された。「ベアトリーチェ」は「ベアトリ姐ちゃん」とタイトルを変え、榎本健一の歌でヒットした。

スッペは30曲のオペレッタのほか、バレエ音楽など多数の舞台音楽を作曲した。それらの大部分が忘却に追いやられている中で、「軽騎兵」や「詩人と農夫」の序曲が、映画アニメーションコマーシャルなどの音楽に転用され、ポップスのコンサートで演奏されている。これらはヨハン・シュトラウスなどに比べ起伏を大きくとって豪快にオーケストラを鳴らす傾向があり、そのせいかカラヤンショルティスイトナーといった重厚長大系のレパートリーを得意とする大指揮者が好んでスッペ序曲集をアルバム化している。

郷里のダルマチアとの縁を守り続け、時どきスプリトなどを訪れた。作品のいくつかはダルマチアにゆかりがあり、とりわけオペレッタ「水夫の帰国」は、フヴァル島(Hvar)で起こった事件に基づいている。指揮活動を引退してからスッペはオペラの作曲を続けたが、作曲の焦点を宗教音楽に切り替えた。レクイエムや3つのミサ曲、交響曲演奏会用序曲、歌曲を作曲した。

オペレッタ[編集]

宗教音楽[編集]

  • 「レクイエム」

外部リンク[編集]