第27回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第27回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1976年12月31日(NHK紅白歌合戦第27回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第27回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1976年12月31日
放送時間 1976年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第27回NHK紅白歌合戦』は、1976年12月31日NHKホールで行われた、通算27回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

両軍司会は3年連続で佐良直美山川静夫が担当。

司会選考時では「新風を吹かせよう」と佐良以外の紅組司会の候補として、和田アキ子由紀さおり梓みちよと例年通りの候補が挙がり、前回の紅組応援団・海原千里・万里(出場歌手の候補にもあったとされる)を紅組司会に昇格させる案もあったという。実現性の高い候補として、この年上期の連続テレビ小説雲のじゅうたん』のヒロインで新人だった浅芽陽子の名前もあったが、「やはり新人には荷が重いのでは?」となり、結局佐良の続投で落ち着いたという。なお、浅芽は本紅白に紅組応援団として出演しており、番組側は紅白の雰囲気に慣れてもらい、翌1977年第28回以降の紅組司会にと目論んでいた(実際翌年からしばらく、紅組司会の候補として浅芽が取り沙汰されていた)というが、浅芽の司会起用はこの後も行われていない[1]

オープニングでは、最初に新宿の高層ビルに“紅白”の縦書き2文字が部屋の照明が窓から現れ、次にNHKの噴水へ移り、やがて暗いホールに入って聖夜を思わせるようなパイプオルガンの効果音後に開幕ファンファーレ[2]が鳴り響き、佐良・山川が「第27回NHK紅白歌合戦!!」と開会宣言、入場行進曲の「スタイン・ソング」(乾杯の歌)となるエフェクトが取り入れられていた。

今回まで、出場歌手名の表示はゴシック体が使われていた。また出場回数は表示されなくなったが、オープニングからテロップやスイッチャーのミスが多々あった。

例年は両軍司会により行われるのが慣例であった冒頭での選手宣誓は今回以降、出場歌手のペアで担当することとなった。今回は水前寺清子(紅組司会経験あり)と森進一が行った。

紅組トップバッターおよび後攻トップバッターの山口百恵は歌唱後、民放版『ゆく年くる年』の司会に駆け付けた。

中間発表後に白組の特別ゲストとして王貞治が登場。王が投手の草刈正雄(応援ゲスト)、捕手の三橋美智也らのバッテリーを相手に、ステージからホールの客席に向けてバッティングし、反響を呼んだ。

この年、太田裕美が「木綿のハンカチーフ」で初出場。当時大ヒットの同曲は、本来4番まで歌詞があるが、NHK側は時間の都合上1番と4番だけにする予定だった。しかし太田の関係者が「1・4番だけだとこの歌全体の意味が成り立たない」との理由で、結局1・3・4番を歌うことに。その替わりに曲のテンポを速くすることとしたが、紅白本番での同曲は、オリジナルレコードよりも相当に速いスピードで演奏された。他に八代亜紀の「もう一度逢いたい」でも同様に、曲のテンポを速くしてフルコーラスで歌唱された。

水前寺清子の「鬼面児」では、石川県能登地方の御神乗太鼓がバックで演奏していた。

ブレイク前のアルフィーのメンバーのうち2人(高見沢俊彦坂崎幸之助)が由紀さおりの伴奏として参加したが、立ち位置の関係で画面には映っていない(桜井は招待されず)。ブレイク後の1983年に同年の第34回に出場した際、メンバーは「今度は顔が映るんでしょうか?」と聞いたという。

佐良が歌手として出演する際の代理の曲紹介は紅組応援団が行った。

都はるみは前回の歌唱から反響を呼び、この年大ヒットした「北の宿から」で出場12回目で初めて紅組トリおよび大トリを務めた。紅組トリは1957年 - 1975年まで19回に渡り美空ひばり島倉千代子の独擅場となっていた。

対する白組トリは都と同期である五木ひろしが2年連続で務めた。当初、白組トリ候補には森進一も挙がっており、『女性セブン』(1976年12月8日号、26頁)は「白組トリ争いで森が五木を逆転した」として森の起用が濃厚であると報じていた。

例年、エンディングでの優勝チーム司会者への優勝旗授与は歴代NHK芸能局長もしくは副放送総局長が行っていたが、今回はNHKの野球解説を担当していた川上哲治がその役を務めた。

この年12月22日沖縄県先島諸島でNHKテレビの同時放送が開始されたため、今回からテレビでも生放送で視聴できるようになった(それまでは翌年元日夜に1日遅れでの放送だった。またラジオでは1972年より生放送で聴くことができた)。

1994年12月28日に『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された。BS2での全編再放送はこの1回限りである。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
山口百恵(3) 横須賀ストーリー 野口五郎(5) 針葉樹
西川峰子(2) 峰子のマドロスさん 細川たかし(2) 置き手紙
キャンディーズ(2) 春一番 フォーリーブス(7) 踊り子
南沙織(6) 哀しい妖精 堺正章(6) 苺の季節
太田裕美(初) 木綿のハンカチーフ 新沼謙治(初) 嫁に来ないか
佐良直美(10) ひとり旅 内山田洋とクール・ファイブ(5) 東京砂漠
和田アキ子(7) 雨のサタデー 西城秀樹(3) 若き獅子たち
桜田淳子(3) 夏にご用心 郷ひろみ(4) あなたがいたから僕がいた
研ナオコ(初) LA-LA-LA あおい輝彦(初) あなただけを
梓みちよ(10) メランコリー 菅原洋一(10) 夜のタンゴ
伊藤咲子(初) きみ可愛いね 田中星児(初) ビューティフル・サンデー
いしだあゆみ(8) 時には一人で 橋幸夫(17) 俺ら次郎長
森昌子(4) 恋ひとつ雪景色 三橋美智也(13) 津軽甚句
岩崎宏美(2) ファンタジー 三波春夫(19) 人生おけさ
藤圭子(5) はしご酒 殿さまキングス(3) 恋は紅いバラ
水前寺清子(12) 鬼面児 村田英雄(15) 男の土俵
由紀さおり(8) つかの間の雨 ダーク・ダックス(15) 二十二歳まで
島倉千代子(20) 逢いたいなァあの人に フランク永井(20) 東京午前三時
八代亜紀(4) もう一度逢いたい 森進一(9) さざんか
二葉百合子(初) 岸壁の母 加山雄三(3) ぼくの妹に
小柳ルミ子(6) 逢いたくて北国へ 春日八郎(18) あん時ゃどしゃ降り
青江三奈(10) 女から男への手紙 北島三郎(14)
ちあきなおみ(7) 酒場川 布施明(10) 落葉が雪に
都はるみ(12) 北の宿から 五木ひろし(6) 愛の始発

選考を巡って[編集]

  • 加山雄三が「ぼくの妹に」の大ヒットで、9年ぶりのカムバックを果たした。
  • 沢田研二は5月に新幹線車内で男性乗客に苦言や暴行を働き、その反省から今回の出場を辞退している。
  • 初代「御三家」の中で唯一残っていた橋幸夫は翌年に落選し、初出場以来の連続記録が一旦途切れる。橋は14年後の第41回とさらに8年後の第49回で2回復帰を果たした。両方とも「いつでも夢を」を披露した(前者はブラジルサンパウロからの衛星生中継、後者は橋の恩師で1998年に逝去した作曲家吉田正を偲んで歌われた)。
  • 7回出場のフォーリーブスも翌年に落選し、初出場以来の連続記録が途切れる。そして今回が現役時代最後の紅白となった(1978年に解散、2002年に再結成したが出場には至らなかった)。また、青山孝(再結成時に孝史と改名)北公次にとっても生涯最後の出場となった(青山は2009年1月28日、北は2012年2月22日逝去)。
  • 5回出場の藤圭子も同回が生涯最後の紅白出演となった(藤は2013年8月22日飛び降り自殺を図り逝去)。
  • 出場6回の堺正章も今回限りで連続出場が途切れた。その後、第42回から第44回まで白組司会を3年連続で務め、第50回ではムッシュかまやつ井上堯之とのユニット「ソン・フィルトル」として、歌手として23年ぶりに紅白出場を果たした。
  • 同回で3年連続10回目の出場、「メランコリー」が翌1977年にかけてロングヒットとなった梓みちよも、翌年は落選。梓は16年後の第43回に1回のみ復帰を果たしている。
  • この年のオリコン年間シングルチャート1位となった「およげ!たいやきくん」(この年のフジテレビ系列『ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバー)の子門真人と、歌謡賞の新人王レースを総なめした内藤やす子が落選した。NHKによると、両者ともアンケートでの支持が低かった(アンケートは歌手名での投票となるため、楽曲先行でブレイクした歌手の場合はアンケート支持が落ちる場合がある)のが落選理由とされている[3][4]が、両者ともカーリーヘアで引っかかったとも言われている。子門の落選について出場歌手発表会見にて記者団から、「フジテレビから生まれた歌だから落としたのか?」との質問が番組側に出されたが、番組側は「好きな歌のアンケートだけだったら、当然入っていただろうが、好きな歌手のアンケート支持が下位だった。歌と歌手とが結びつかなかった」と回答した。また内藤については、所属事務所枠という関係もあったとされる(当時彼女は、新人王レースを争った新沼謙治同じ事務所だった)。10年近く前のグループ・サウンズ・ブームで、長髪のグループ(スパイダースタイガーステンプターズ等)がNHKから出演を拒絶されたときの再来だとNHKの“純潔主義”を批判する雑誌の記事もあった。なお、内藤は13年後の第40回にデビュー15年目にして初出場を果たした。一方、子門は1回も紅白に呼ばれることなく事実上引退した。

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

  • 宮川泰(キーボード。梓みちよの伴奏)
  • 世良譲(ピアノ。由紀さおりの伴奏)
  • 森ミドリ(パイプオルガン。ダーク・ダックスの伴奏)

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ このファンファーレは前回から使われ始め、以後翌1977年・第28回、とんで1979年第30回1980年第31回でも使用された。
  3. ^ 朝日新聞』1976年11月26日付東京朝刊、24頁。
  4. ^ 読売新聞』1976年12月12日付朝刊、27頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]