菊間千乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きくま ゆきの
菊間 千乃
生誕 1972年3月5日(42歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 早稲田大学
大宮法科大学院大学
職業 弁護士、元フジテレビアナウンサー
活動期間 1995年 - 2007年 (アナウンサーとして)
テンプレートを表示

菊間 千乃(きくま ゆきの、1972年3月5日 - )は、日本の弁護士第二東京弁護士会所属)、フリーアナウンサー。弁護士法人松尾綜合法律事務所所属。元フジテレビアナウンサー。弁護士活動以外はノースプロダクションが窓口。法務博士(専門職)

来歴・人物

東京都生まれ。父親は八王子実践高等学校女子バレーボール部監督である菊間崇祠光塩女子学院中等科・高等科早稲田大学法学部卒業[1]大宮法科大学院大学法務研究科修了[2]。身長 160cm、血液型AB型国際連合公用語英語検定試験(国連英検)B級と、実用英語技能検定(英検)準1級を持つ。

1995年4月、アナウンサーとしてフジテレビに入社。同期入社には伊藤利尋森昭一郎高木広子2011年退社)。入社後は『森田一義アワー 笑っていいとも!』のテレフォンアナに抜擢されたのを皮切りに、『発掘!あるある大事典』、『2時のホント』、『FNNスーパーニュース』(スポーツキャスター)などの番組を担当、また、父の縁で全国高等学校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)、バレーボールワールドカップバレーボール・ワールドグランプリといったバレーボール中継のMCを担当するなど、マルチに活躍していた。

1998年9月2日、当時リポーターを務めていた『めざましテレビ』の「それ行け!キクマ」のコーナーで、災害時に高所から脱出する避難器具の体験リポート中にマンション5階(地上約13m)の窓から落下、地上のマットに叩きつけられ、全治3カ月の重傷(腰椎圧迫骨折)を負い入院した。翌年には現場復帰したが、リハビリは1年に及んだ。

2005年ロースクール大宮法科大学院大学に入学。同年7月16日、バレーボール中継後に会社の同僚とともに当時未成年でNEWSのメンバーだった内博貴[3]と飲酒していたとして無期限謹慎処分を受けた。しかし同年7月21日の日刊スポーツによれば、実際には内は菊間不在の飲食店の席で飲酒をしており、その後別の飲食店で菊間と合流時にはすでに酩酊状態であった。[4]

アナウンサーの仕事と並行し、大宮法科大学院大学にて法律の勉強も進めていたが、弁護士を目指して新司法試験の受験勉強に専念するため、2007年12月31日をもってフジテレビを退社[5]2010年に新司法試験に合格[6]司法修習を経て弁護士となった。弁護士としては企業法務を多く扱う事務所に所属し、知的財産権、倒産、マスコミ関連など幅広く手がけフジテレビの顧問弁護士も務める。渉外案件も多いため、留学も予定されている[7]

livedoor blogにて、「菊間千乃オフィシャルブログ」を開設。

2014年2月4日、早稲田大学の同級生の会社員と結婚したことを公表した。[8]

著書

  • 『私がアナウンサー』 (文藝春秋社刊)[9]
  • 『キクマの元気 幸せの生き方レシピ』 (講談社刊)
  • 『私が弁護士になるまで』(文藝春秋社刊)[10]

出演番組

フジテレビアナウンサー時代

退社・弁護士合格後

脚注

  1. ^ 卒論は取締役の競業避止義務について
  2. ^ 菊間 ヒロミオフィシャルブログ『時遊人』 2010年8月26日
  3. ^ この事件を受けて所属していたNEWSを脱退。復帰後は俳優として活動。
  4. ^ 『菊間アナ飲んでいたのはケツメイシだった』日刊スポーツ、2005年7月21日。
  5. ^ 菊間アナがフジ退社、司法試験に専念 『スポーツニッポン』 2007年12月7日
  6. ^ 2010年新司法試験合格者 『西日本新聞』 2010年9月9日
  7. ^ 菊間千乃独占告白<弁護士デビュー>フジ涙の退社を乗り越えた私
  8. ^ 菊間千乃元アナが早大同級生と弁護士婚 『日刊スポーツ』 2014年2月5日
  9. ^ 事故の2年半後に出版。2003年には文庫化された。
  10. ^ 『私がアナウンサー』の事実上続編で、フジテレビ退社後弁護士に転身するまでを綴った。

関連項目

外部リンク