1976年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1976年の音楽(1976ねんのおんがく)では、1976年(昭和51年)の音楽分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

日本で活躍したアーティスト[編集]

年間売上金額トップ10
  1. 太田裕美
  2. 山口百恵
  3. 岩崎宏美
  4. 小椋佳
  5. 野口五郎
  6. 桜田淳子
  7. 中村雅俊
  8. 荒井由実
  9. 布施明
  10. 西城秀樹

シングル[編集]

年間TOP50

1975年12月1日付 - 1976年11月29日

アルバム[編集]

年間TOP50

1975年12月1日付 - 1976年11月29日付(データはLPチャートでの集計)

デビューしたアーティスト[編集]

1月
2月

新沼謙治「おもいで岬」、因幡晃「わかってください」

3月

尾崎亜美「冥想」、ナイアガラ・トライアングル神保美喜「はじめてのワルツ」

4月

ゴダイゴ「僕のサラダガール」、浜田省吾(ソロ)「路地裏の少年」、角川博「涙ぐらし」

5月

庄野真代金子マリ&バックスバニー

6月

近田春夫&ハルヲフォン大塚博堂Char三木聖子まちぶせ

7月

ボストン幻想飛行』、芦川よしみ「花火」、矢野顕子(再デビュー)、山本譲二(再デビュー)

8月

ピンク・レディーペッパー警部

9月

宮本浩次(童謡歌手としてデビュー)

10月

来生たかお浅い夢」、渥美二郎「可愛いおまえ」(再デビュー)、やしきたかじんダムド

11月

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ清水健太郎失恋レストラン」、さだまさし(ソロ)『帰去来』、セックス・ピストルズ「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」

12月

BOWWOW『吠えろバウワウ』、山下達郎(ソロ)、太川陽介「陽だまりの中で」、エア・サプライ

解散[編集]

主な音楽賞[編集]

第18回日本レコード大賞[編集]

第7回日本歌謡大賞[編集]

  • 大賞
    • 北の宿から/都はるみ
  • 放送音楽新人賞
    • 想い出ぼろぼろ/内藤やす子
    • 嫁に来ないか/新沼謙治
  • 放送音楽賞

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1991年に「レーズン」名義で復活した。
  2. ^ 1984年に第2期メンバー(リッチー・ブラックモアジョン・ロードイアン・ペイスイアン・ギランロジャー・グローヴァー)で再結成。2014年現在はペイス・ギラン・グローヴァーにスティーヴ・モーズドン・エイリーの編成で活動中。

関連項目[編集]