ゴシック体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴシック体(ゴシックたい、英語: Gothicゴチック体とも)とは、サンセリフ書体(主として漢字、かな)のこと。ただし、文字においてゴシックの原義はローマン書体以外の文字のことであり、ブラックレターなども含まれる。

日本におけるコンピュータ用ゴシック体の比較。MS ゴシック・MS P ゴシック(マイクロソフト)、 OsakaApple)、東風ゴシック (GNU/Linux)、ヒラギノ角ゴシック・ヒラギノ丸ゴシック・(SCREENホールディングス)・小塚ゴシック (Adobe
アンチゴチの例。かな部分は「アンチック体」という書体を使用している

特徴[編集]

縦横の太さが均等なのがゴシック体の特徴であるが、伝統的なゴシック体では起筆から終筆までの線の太さには変化があり、中央がやや細い。これがゴナ新ゴなどの書体との大きな違いの一つとなっている。また、ゴナ、新ゴなどが仮想ボディ近くまで字面が位置するのに対し、伝統的なゴシック体ではこれが小さい。また、ゴシック体はその性質上、男性的な印象を与える。

呼び方[編集]

日本においては縦画と横画の太さが均等で起筆、終筆点にかざりのない書体を指す。欧文書体におけるサンセリフ体に相当する。英語においてゴシック体(Gothic Script)と言うと通常は中世風のブラックレターを指すので注意を要する。中国組版においては、同様の漢字書体を「黒体(ヘイティ)」と呼んでいる。

(日本の)ゴシック体は、「ゴジック」「ゴチック」とも呼ばれ、印刷業界においては「ゴチ」あるいは「ゴ」と略される。組版指定や修正指示においては、朱筆によって『ゴ』あるい『ゴチ』とだけ記入すれば、当該箇所をゴシック体にする、という意味になる。会話においては「ゴ」のみでは分かりづらいためか、「ゴチ」という表現が用いられることのほうが多い。まれに「ゴシ」と略されることもある。

韓国[編集]

最近までサンセリフ型のハングルの書体を、韓国語でゴシック体(고딕체)と呼んでいたが、1993年に文化部後援の書体用語標準化により、ゴシック体に代わり韓国語で「目立つように上げる」という意味のトドゥム体돋움체、Dotum)という単語が導入され、現在は一般的な用語になった。ただし、Windows Vistaはマルグン・ゴシック(맑은 고딕Malgun Gothic)という名前の書体を使っている。

使用場面[編集]

現在では強調・見出し以外にも、細身のゴシック体を本文用に使うことは多い。本文用に用いられるのは広告や雑誌などが中心であり、小説の単行本などでは基本的に用いられない。

一般的な漫画雑誌や単行本では、漢字部分をゴシック体、かな部分を明朝体という書体とした混植が一般的である(これをアンチゴチという)。自動車ナンバープレートに用いられる数字書体は、「ゴジック体」と定められている。だがこれには制定書体があるわけではなく、特段の字形の規定自体がない。

コンピュータ[編集]

コンピュータの世界においては、ゴシック体は標準的な地位を占めている。

ディスプレイの表示解像度の問題から、縦横の差異やウロコ(明朝体で言えば三角形になっている部分)のある書体は読みづらくなる(環境によっては実用レベルでなくなる)一方、ゴシック体はそういった需要を適切に満たすゆえである。

Windowsに標準でインストールされるMS ゴシックと呼ばれるフォントは、マイクロソフトによる独自開発ではなく、写真植字機開発の伝統を持つリョービのゴシック-Bをベースに、リコーが開発しフォントデータとして仕上げたものである。その後、現ダイナコムウェアによるリョービのゴシック体も登場したが、MS ゴシックとは字形が僅かに異なる。

歴史[編集]

タイポグラフィとしての和文ゴシック体は、欧文サンセリフ体の影響によって出現したものと言って良いが、かといって漢字仮名の文化的背景の無いところから出現したとするのには無理がある。おそらくは、縦画と横画の均一なその形態は隷書体の流れを汲むものと考えられる。隷書体は筆文字であるのでその起筆部・終筆部の形状は角が立ったものではなく、その変貌こそがサンセリフの設計概念を取り入れた和文ゴシック体の誕生と言えよう。

たいていの印刷物において、本文が明朝体で組まれ、その中で見出し部分や、強調したいところにゴシック体が使われた。それには、縦画と横画の差が大きく、欧文のローマン体にも擬せられる明朝活字が本文用書体として可読性にすぐれていた一方、インキのつく面が広く視覚的訴求性の高いゴシック体の特性があった。

そもそも金属活字の時代には、日本語など漢字を使う言語においてはアルファベットとは比較にならないほど多数の活字をそろえねばならないため、欧文活版印刷のように多種の書体を混植することは難しく、よほど大きな印刷所以外では明朝とゴシックのみ、というところが多かった。このため「本文はミン(明朝)、強調はゴチ」という日本語組版の了解事項のようなものがあり(当時から「欧文のように多彩な書体を使いたい」という需要はあった)、時代が下って写真植字DTPが興隆し多数の書体を自在に扱えるようになっても、このシンプルなルールは変わることなく続いている。

DTPの黎明期においても、扱えるフォントは事実上モリサワリュウミンLと中ゴシックBBBだけであり、デザイナーたちはその制約の中で意匠をこらした。それは確かに写植の多彩な書体から見れば制約ではあったが、金属活字を削って工夫していた状態に比べれば遙かに大きな利便性を得ていた。現在では扱えるフォント数は選択に迷うほどに増加しているが、それでもやはり明朝とゴシックの組み合わせは王道とされる。

関連項目[編集]