第38回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第38回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 21:00 - 23:45(165分)
放送期間 1987年昭和62年)12月31日NHK紅白歌合戦第38回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 和田アキ子(紅組司会)
加山雄三(白組司会)
吉川精一アナウンサー(総合司会)他
外部リンク NHK紅白歌合戦 公式サイト
テンプレートを表示
第38回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1987年昭和62年)12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第38回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうはちかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、1987年昭和62年)12月31日NHKホールで行われた、通算38回目の『NHK紅白歌合戦』。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

当時は視聴率の低下が問題となっていた。今回は「紅白改革」と銘打ち、出演者の大幅刷新と多ジャンル化を断行した(詳細は#選考を巡ってを参照)。しかし、これらの革新は功を奏さず、関東地区における平均視聴率55.2%ビデオリサーチ社調べ)を記録し、前回に比べて4.2%低下した。

司会発表前に、一部メディアで由紀さおり(この年上期の連続テレビ小説チョッちゃん』のヒロインの母親役。また童謡ブームを巻き起こしていた)の紅組司会起用が内定と報じられたが、実際は和田アキ子が選出された[1]。対する白組司会は前回に引き続き加山雄三が担当(前回は組司会が2人体制となったため、今回は初の単独での担当となった)。

当初、紅組司会に杉浦圭子(翌1988年第39回で総合司会に起用されている。同回においても紅組司会の候補にも挙がった)、白組司会に吉川精一(前回の総合司会)、総合司会に松平定知と司会陣を全員NHKアナウンサーで固める構想もあったが、「局アナだけでは地味」と見送られ、紅組司会に実際選出の和田に加え、由紀や松田聖子桜田淳子(この年の大河ドラマ独眼竜政宗』に出演。同じく『思い出のメロディー』の司会も担当)、白組司会に実際の選出の加山に加え、明石家さんまを候補に挙げて選考が行われたという。最終的に白組司会は前回の実績と人気の高さから加山の続投が決定し、紅組司会は当初本命とされた由紀を抑えて和田が起用される運びとなった[2]。その他、白組司会の候補に『にっぽん列島ただいま6時』のキャスターを務めていた当時NHKアナウンサーの宮本隆治も挙がっていたという。

テレビでの実況は今回が最後となり、翌1988年第39回からはラジオでの実況のみとなった。

和田が「抱擁」で紅組トリを務めた。組司会とトリの兼任は1970年第21回美空ひばり(大トリ)、1985年第36回森昌子以来、史上3人目であるが、今回の和田を最後に組司会とトリの兼任者は途絶えている。歌唱後、紅組歌手が和田のバックに集結し彼女を拍手で称えた。

白組トリおよび大トリは五木ひろしの「追憶」。

紅組トリ候補には中森明菜も挙がっていたという[3]

優勝は紅組。

後年、『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 尾西清重・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
八代亜紀(15) 恋は火の川 森進一(20) 悲しいけれど
岩崎宏美(13) 夢やぶれて-I Dreamed A Dream- 布施明(15) そして今は-Et Maintenant-
瀬川瑛子(初) 命くれない 尾形大作(初) 無錫旅情
中森明菜(5) 難破船 チェッカーズ(4) I Love you, SAYONARA
小比類巻かほる(初) Hold On Me 稲垣潤一(初) 思い出のビーチクラブ
川中美幸(7) 愛は別離 山本譲二(6) 夜叉のように
松原のぶえ(3) なみだの棧橋 吉幾三(2) 海峡
小泉今日子(4) 木枯しに抱かれて 近藤真彦(7) 愚か者
松田聖子(8) Strawberry Time 加山雄三(11) 海 その愛
佐藤しのぶ(初) オンブラ・マイ・フ〜なつかしい木陰 竜童組(初) 八木節イントロデュース
五輪真弓(4) 心の友 チョー・ヨンピル(初) 窓の外の女
荻野目洋子(2) 六本木純情派 少年隊(2) 君だけに
金子由香利(初) おお我が人生 沢田研二(15) CHANCE
神野美伽(初) 浪花そだち 村田英雄(26) 男の花吹雪
小柳ルミ子(17) ヒーロー〜Holding Out for a Hero 菅原洋一(21) ラ・バンバ
大月みやこ(2) 女の駅 細川たかし(13) 夢暦
小林幸子(9) 雪椿 新沼謙治(11) 津軽恋女
石川さゆり(10) 夫婦善哉 北島三郎(24)
由紀さおり(11) 赤とんぼ〜どこかに帰ろう 谷村新司(初) 昴 -すばる-
和田アキ子(11) 抱擁 五木ひろし(17) 追憶

選考を巡って[編集]

今回は出場歌手の選考方法が大きく変わった。出場歌手選考の参考として1972年に発足した「ご意見を伺う会」が廃止されたほか、視聴者への出場歌手アンケートの方式を変更し、これまで出場歌手の選出に際して重視していた視聴者アンケートを参考程度の扱いとした[4][5]

オペラ歌手の佐藤しのぶシャンソン歌手の金子由香利ニューミュージックからは谷村新司稲垣潤一ら実力派歌手が出場し、出演者の顔ぶれは大きく変わった。ほか由紀さおりが第29回以来9年ぶり、布施明が第31回以来7年ぶりの復帰となる。黒い交際発覚により前回の出場を急遽辞退した北島三郎山本譲二も揃って2年ぶりの復帰出場を果たした。

これまで紅白の顔として、共に前1986年まで当時史上最多出場中だった島倉千代子(前回まで紅組歌手として30回連続出場)と三波春夫(前回まで白組歌手として29回連続出場)が、出場者決定の前に辞退を発表した。

  • 11月6日、島倉が「30回という区切りを大切にしたい」として出場辞退を発表[6]
  • 11月25日、三波が「後進に道を譲りたい」として出場辞退を発表[7]

島倉・三波の両辞退により、今回の紅白最多出場者は紅組が小柳ルミ子(17回)、白組が村田英雄(26回)にそれぞれ入れ替わっている。

ほか前回まで22回連続出場中だった水前寺清子を初め、千昌夫研ナオコ田原俊彦河合奈保子シブガキ隊が次々と落選した。また村田英雄、八代亜紀沢田研二川中美幸らも今回で一旦出場が途切れる。

  • その内島倉は1988年1994年 - 1996年2004年、三波は1989年・1999年、村田は1989年、千は1989年2011年、八代は1989年 - 1993年・1999年 - 2001年、沢田は1989年(第1部で「ザ・タイガース」名義としても出演)・1994年、研は1993年、川中は1998年 - 2011年に、それぞれ紅白再出場を果たしている。
  • 水前寺については、番組側から「辞退した」と公に発表することを許可されたが、「(落選という)結果を正面から受け入れようと思いました。辞退は逃げだと思います」とこれを拒み落選をそのまま公表した[2]

出場者発表を報じた『NHKニュース』は、白組歌手発表の際松平定知が「ここは“タ行”“ナ行”“ハ行”の方々ですが、田原俊彦さんの名前はありません」と田原の落選を報じるという異例のニュースだった。

NHKがオファーしていたものの、結果的に不選出となった歌手は以下の通り。

次点組として森山良子テレサ・テン三沢あけみ大川栄策山川豊鳥羽一郎が挙げられていた[5]

さらに事前報道で有力候補として挙がっていた歌手に鮫島有美子松任谷由実加藤登紀子レベッカ長渕剛THE ALFEEHOUND DOGBOØWY桂銀淑(ケー・ウンスク)らがいる[9]

『紅白歌合戦の真実』(195頁)によれば、南野陽子、「ファン投票」11位の中山美穂とんねるず徳永英明は落選だったという。

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』(幻冬舎刊)
  2. ^ a b 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』全音楽譜出版社、2012年。
  3. ^ 『紅白歌合戦の真実』、196頁。
  4. ^ 朝日新聞』1987年11月11日付朝刊、26頁。
  5. ^ a b c d 『朝日新聞』1987年12月6日付朝刊、6頁。
  6. ^ 読売新聞』1987年11月6日付東京夕刊、14頁。
  7. ^ 『読売新聞』1987年11月25日付東京夕刊、18頁。
  8. ^ 『読売新聞』1987年12月2日付東京夕刊、13頁。
  9. ^ 『読売新聞』1987年11月12日付東京夕刊、8頁。

外部リンク[編集]