第28回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第28回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1977年12月31日(NHK紅白歌合戦第28回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第28回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1977年12月31日
放送時間 1977年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第28回NHK紅白歌合戦』は、1977年12月31日NHKホールで行われた、通算28回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • テレビでのモノラル音声放送は今回が最後になった。
  • VTRは2種類現存しており,1つは実況音声があり,実際に放送されたものと同じVTRともう1つは実況音声がなく,実際の放送が終了した直後も継続してNHKホール内の映像が数分間収録されているものがある。(当日の番組終了時刻の23時45分を過ぎても数分間はカメラが回っていたため)
  • 両軍司会は4年連続で佐良直美山川静夫が担当。4年連続同一コンビは史上唯一であり、佐良の4年連続(紅組司会における4年連続担当は佐良が史上初)、通算5回の紅組司会はいずれも黒柳徹子に並び史上最多記録である。
  • この年多数芸能人覚醒剤大麻使用で逮捕されるという事態が発生。本紅白にも影響が及び、出場歌手・司会者選出も慎重に行われた。両軍司会は佐良・山川の安全パイを第一候補にしつつ、新鮮味を出す意味から佐良・相川浩浅芽陽子・山川、森昌子(世論調査の女性部門1位)・堺正章の3案が検討された。現場側からはこの年最大の人気者・昌子を推す声もあったが、「やはり今年はこういう時期だから」と安全な佐良・山川で落ち着いた[1]
  • ステージ上部に「(紅組歌手)VS(白組歌手)」が書かれた方向幕方式の装置が設置された。
  • 紅組のトップバッターを務めた桜田淳子は歌詞の"♪去年のトマトは 青くて固かったわ"の部分を即興で"♪白くて駄目だったわ"と替えて歌い、紅白を盛り上げた。
  • 西城秀樹とキャンディーズの曲間で第1回中間審査のファンファーレを間違って演奏してしまうハプニングがあった。なお、ファンファーレはキャンディーズの歌唱後に再び演奏された(これが正確なもの。曲間のファンファーレは、実際にはスタンドマイクとスクールメイツのスタンバイのためのインターバルであった)。
  • この年他界した海外の歌手を追悼し、紅組はエルヴィス・プレスリーを偲んで佐良直美が「ラブ・ミー・テンダー」と「ハウンド・ドッグ」のメドレー、白組はビング・クロスビーを偲んで菅原洋一が「奥様お手をどうぞ」を歌唱した。追悼コーナーの冒頭、放送直前の12月25日に逝去したチャールズ・チャップリンを偲び、中村メイコがメッセージを読み上げ、三波伸介がチャップリンに扮した。オチは「あなた(チャップリン)が亡くなられた年齢は88歳、きょう演じたチャップリンは88キロでした」と中村が言うと三波がズッコケて大爆笑となった。
  • イミテイション・ゴールド」を歌唱した山口百恵は、本番前紅白が用意した特別衣装が無くなるトラブルが発生。急遽代替として、当時「赤い絆 (レッド・センセーション)」を歌う際での衣装を着用した。
  • 由紀さおりの「う・ふ・ふ」は、最後の「なるようになるわね」の歌詞部を「紅組の勝利よ~!」と差し替えて歌い終える。その後紅組歌手達が「紅組勝利決定 う.ふ.ふ.」の垂れ幕を掲げていた。
  • ちあきなおみの「夜へ急ぐ人」における鬼気迫るパフォーマンスが視聴者の度肝を抜き、山川はこれに関して「何とも気持ちの悪い歌ですねぇ〜」と返した。
  • 佐良が歌手として出演する際の代理の曲紹介は山川が行った。
  • 紅組トリの八代亜紀、白組トリおよび大トリの五木ひろしいずれも、歌唱後に演奏されるファンファーレ(別名・大エンディング)は今回には一切演奏されなかった(翌1978年第29回も同様。なお1993年第44回でもトリ歌手のファンファーレはなかった)。
  • 紅組トリは1951年第1回以降、1953年第4回を除き[2]一貫してコロムビア所属の歌手が務めていたが、今回はテイチク所属の八代がトリに起用された。当時は同じレコード会社に所属している歌手同士は対戦できないとされていたため、村田英雄などのコロムビア所属の男性歌手は白組トリを務めることができなかった[3]。なお、紅白史上初めてコロムビア所属男性歌手がトリを務めるのは1983年第34回細川たかしまで待つことになる。
  • トリ選考時では、紅組トリに小柳ルミ子、白組トリに沢田研二の起用案も最終候補に残っていた(沢田は翌年に初めて白組トリおよび大トリを務めている)[4]
  • 五木は3年連続での白組トリ担当となったが、今回は自身初の大トリ担当である。
  • 優勝は白組。優勝旗授与は審査員の七代目市川染五郎が行った。
  • 優勝旗を受け取った山川は佐良に対し、「佐良さん、これで来年は安心してお嫁に行ってください」と述べた。
  • 1996年2001年12月に『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された。
  • 今回までの再放送では番組冒頭に「古い映像のため画面・音声が乱れる」といったテロップが表示された。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
桜田淳子(4) 気まぐれヴィーナス 郷ひろみ(5) 悲しきメモリー
ピンク・レディー(初) ウォンテッド (指名手配) 狩人(初) あずさ2号
太田裕美(2) 九月の雨 新沼謙治(2) ヘッドライト
西川峰子(3) ギター流して今晩わ 細川たかし(3) ひとり旅
高田みづえ(初) 硝子坂 清水健太郎(初) 失恋レストラン
岩崎宏美(3) 悲恋白書 野口五郎(6) 風の駅
キャンディーズ(3) やさしい悪魔 西城秀樹(4) ボタンを外せ
ハイ・ファイ・セット(初) フィーリング 森田公一とトップギャラン(初) 青春時代
佐良直美(11) ラブ・ミー・テンダーハウンド・ドッグ 菅原洋一(11) 奥様お手をどうぞ
南沙織(7) 街角のラブソング 三橋美智也(14) 風の街
しばたはつみ(初) マイ・ラグジュアリー・ナイト 松崎しげる(初) 愛のメモリー
和田アキ子(8) 夜更けのレストラン 千昌夫(5) 北国の春
山口百恵(4) イミテイション・ゴールド 加山雄三(4) もえる草原
水前寺清子(13) 虚空太鼓 北島三郎(15) 終着駅は始発駅
由紀さおり(9) う・ふ・ふ 村田英雄(16) 男だけの唄
いしだあゆみ(9) 港・坂道・異人館 フランク永井(21) おまえに
青江三奈(11) みなとブルース 内山田洋とクール・ファイブ(6) 思い切り橋
小柳ルミ子(7) 星の砂 沢田研二(5) 勝手にしやがれ
石川さゆり(初) 津軽海峡・冬景色 小林旭(初) 昔の名前で出ています
島倉千代子(21) 京都北嵯峨別れ寺 三波春夫(20) 三波のハンヤ節 西郷隆盛
ちあきなおみ(8) 夜へ急ぐ人 布施明(11) 旅愁〜斑鳩にて
森昌子(5) なみだの桟橋 春日八郎(19) 望郷詩
都はるみ(13) しあわせ岬 森進一(10) 東京物語
八代亜紀(5) おんな港町 五木ひろし(7) 灯りが欲しい

選考を巡って[編集]

  • この年発生した「芸能界ドラッグ汚染」で、出場歌手の大幅な変更があった。また、出場歌手とは別に、補欠として紅白各4〜5組の「次点組」が用意された(通常は紅白各1組)[5](結局、繰上げ出場の歌手は出なかった)。
  • 紅白でのキャンディーズピンク・レディーの同年出演が唯一実現した回である。
  • 1974年第25回での復帰後、4回連続出場していた三橋美智也は今回が生涯最後の出場となった(その後も再出場する機会はなく、1996年1月に死去)。
  • 南沙織は翌年に学業を優先させるために引退、1979年写真家篠山紀信と結婚となり、今回で出場が途切れた。それから14年後、第42回に一回限りながら復帰となっている。
  • いしだあゆみは翌年に落選し、今回を最後に初出場以来の連続記録が一旦途切れる(この時期から女優としての活動に重点を移し始めたため)。いしだは12年後の1989年第40回に特別審査員として出演、さらに4年後の1993年第44回に歌手として1回限りながら復帰した。
  • ちあきなおみも翌1978年は出場せず、連続出場記録が途切れている(翌1978年に郷鍈治と結婚し、芸能活動を休業したため)。ちあきは11年後の1988年第39回に1回限りながら再び紅白出場を果たしている。
  • 美空ひばりは例年通り辞退。この年『ビッグショー』に4年ぶりに出演を果たしNHKと雪解けが噂され、番組側はカムバックを熱心に要請したが、ひばりが「他の番組はともかく紅白は卒業した。私が出ると泣く人が2人出る。1人目は次点の落選者、2人目は紅組トリを取る人」として打診を断った[6]。出場した場合、元夫・小林旭とトリ対決をするのでは?との興味本位なマスコミ報道もあった。

主なゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 第4回は淡谷のり子がトリを取ったとされているが、渡辺はま子がトリを取ったという異説もあり、渡辺説を採用すれば、全ての回でコロムビア所属の歌手が紅組トリを務めたことになる。
  3. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』
  4. ^ 『紅白歌合戦の舞台裏』
  5. ^ 朝日新聞』1977年11月25日付東京朝刊、22頁。
  6. ^ 『紅白歌合戦の舞台裏』

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]