第22回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第22回NHK紅白歌合戦
Tokyo Takarazuka Theater in Taisho and Pre-war Showa eras.JPG
会場の東京宝塚劇場(写真は太平洋戦争以前)
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 21:00 - 23:45(165分)
放送期間 1971年12月31日(NHK紅白歌合戦第22回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 水前寺清子(紅組司会)
宮田輝アナウンサー(白組司会)
鈴木文彌アナウンサー(総合司会)他
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第22回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1971年12月31日
放送時間 1971年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第22回NHK紅白歌合戦』(だいにじゅうにかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1971年12月31日東京宝塚劇場で行われた、通算22回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 番組側は当初、紅組司会は前回に引き続き美空ひばりを起用する方針(2年連続での紅組司会兼大トリの可能性もあった)だったが、ひばりが辞退したため、水前寺清子を選出した(ひばりと水前寺は確執が噂されていた)。ひばりはこの年行われた大阪梅田コマ劇場での1ヶ月座長公演初日を前にした記者会見で「もう2度と紅白の司会をやろうと思いませんね。ヒット歌手じゃないと出場資格がないらしいけれど、それなら私も出られないんじゃないの?去年の出場メンバーを見て、びっくりしちゃった。当然入らなきゃいけない人が、あの人もこの人も落ちている・・・こんな人がと思うような歌手が入ってくるでしょう。まともに歌っていられない。こんな紅白には出る気はしません。今年は辞退しようかと思っています」と述べ、続けて隣に座っていたひばりの母親・加藤喜美枝は「ほんとにあれでは紅白も信用ガタ落ちですよ。もし出るとしてもお嬢は今までの実績があるんだから、トリ以外は考えられません。これは絶対の条件にします」と発言した。このひばり側の傲慢さに「自分からトリを条件に出てやるとは何事だ・・・」と非難が集中し、NHK局内からも「いっそ出場させなくていいのでは?」との声が上がった。なお、最終的にひばりは紅組トリおよび大トリ歌手として出演した[1]
  • ひばりの紅組司会辞退が明るみとなった際、各メディアはひばりに続く紅組司会の候補として、『歌のグランドステージ』の司会者・由紀さおり、この年の連続テレビ小説繭子ひとり』の出演者・朝丘雪路、『世界の音楽』の司会者・佐良直美(翌1972年第23回で水前寺に代わって紅組司会を初担当)、『天下御免』のナレーション・水前寺を予想し出し、さらに秋口からは各新聞週刊誌が当時宝塚歌劇団男役トップスターで『歌のグランドステージ』のレギュラー・真帆志ぶきで内定と報じていた(真帆によれば「実は九分九厘、司会は決定だったんですよ。私もやる気がなかったわけじゃないんですが、最終的に宝塚からNGが出たんですよ」と語っている)。最終的には今回の紅組トリの最有力候補とされた水前寺が選ばれた。今回の紅組司会人選はスタッフ内でも意見が分かれ、スタッフが白組司会の宮田輝に「紅組は誰がいいだろうか?」と聞いたところ、宮田がためらわず水前寺を指名し起用が決定したという[2]
  • 1968年第19回以来3年ぶり2回目の紅組司会となった水前寺は、3年前の初紅組司会時から周囲が司会の上手さを認めていたが、水前寺が翌1969年より日本テレビ系列『NTV紅白歌のベストテン』の初代紅組司会に就任(水前寺の起用は第19回での司会の上手さを日本テレビが評価したため)したことで同年の第20回では水前寺の紅組司会続投ができなかった。しかし、この時点で既にそちら番組を降板していたため、起用が可能となったという事情もあった[3]
  • 水前寺の紅組司会起用が決定した段階でひばり落選、水前寺の紅組司会兼トリ並びに小林旭(ひばりの元夫)初出場という構図が固まったと言われた。しかし結局ひばりの出場は決まり(小林は出場せず)、NHKは「ひばりさんのような圧倒的なファンを持つ歌手が紅白に出ないなどということはあり得ません。無論トリで歌って頂きます」と出場歌手発表時にトリも発表という異例の対応をした[3]
  • 同じ日に21時まで開催されたTBS系列『第13回日本レコード大賞』は鮮明なカラーのビデオ映像の完全版VTRが現存しており、この年の紅組出場歌手の『レコード大賞』からの紅白移動組は(五十音順)朝丘雪路・加藤登紀子・小柳ルミ子・渚ゆう子・南沙織。白組の尾崎紀世彦は『レコード大賞』を受賞した後、紅白では白組トップバッターで歌った(下記参照)。
  • 今回頃から従来のスタンドマイクよりもハンドマイクが主流になる。
  • 平尾昌晃(五木ひろしの「よこはまたそがれ」と小柳ルミ子の「わたしの城下町」)や宮川泰(布施明の「愛の終りに」)、猪俣公章(森進一の「おふくろさん」)らが指揮者として出演している。
  • 水前寺が歌手として出演(トリから2番目。紅組トリのひばりの前)する際の代理の曲紹介は佐良直美と和田アキ子が行った。歌唱曲「ああ男なら男なら」の歌詞を「女なら女なら」に替えて歌う場面もあった。
  • 水前寺が大トリのひばりの曲紹介を行わなかったことが波紋を呼び、後に謝罪会見を行った。この会見で水前寺は「私も歌謡界の女王と呼ばれたいものですね。」と発言した。この当時歌謡界の女王の名をほしいままにしていた、ひばりに対する精一杯の反抗であったと言われている。
  • 白組トリの森進一の場面で、宮田は客席からメガホンとマイクを使用し森の曲紹介を行った。ステージ以外からトリを紹介するのは、後にも先にもこの時だけである。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員 [編集]

  • 関東地方
仲代達矢(俳優。翌年の大河ドラマ新・平家物語』の主人公平清盛役)
小野田勇(脚本家。この年の時代劇『男は度胸』の作者)
浪花家辰造(浪曲師)
大場政夫(プロボクサー)
宇田川龍男(ネズミ博士)
堀内寿子(警察犬訓練士)
大山英子(電話交換手)
村山加代子(警察官)
中山きよ子(時計技師)
樫山文枝(女優)
山口果林(女優。この年の連続テレビ小説繭子ひとり』のヒロイン・加野繭子役)
高橋信雄(アマチュアゴルファー)
  • 近畿地方
山下迪子(かるたクイーン)
館弘子(昭和46年度珠算日本一)
  • 中部地方
石田芳夫(棋士)
中山紀子(バドミントン選手)
井沢つま(保健士)
  • 中国地方
森戸辰男(文化功労者)
溝尾正志(蒸気機関士)
花本方美(船頭)
為久優子(1972年度ミス・インターナショナル日本代表)
成田知子(秘書)
桑田たつ子(一級溶接師)
  • 九州地方
村上巳里(関門大橋建設現場責任者)
山下誠(長崎くんち・龍踊保存会)
小川善三郎(博多織職人)
河野久枝(1970年度NHK青年の主張全国コンクール日本一)
桑原永子(剣士)
田川由紀子(マンモスタンカー乗組員)
佐藤太圭子(琉球舞踊家)
  • 東北地方
山田三智穂(リンゴ農家)
大谷豊二(日本鉄道建設公団竜飛基地総号令) ※青函トンネル建設の現場責任者(2000年にはプロジェクトX出演)
高橋優子女性騎手
貴ノ花満(大相撲・関脇)
  • 北海道地方
赤塚洋文(札幌オリンピック騎馬聖火隊)
平内義幸(同上)
富岡雅寛(同上)
  • 四国地方
山崎勲競輪選手・「土佐・希望の家」設立者)
平賀輝子(平賀源内の6代目子孫)
中川時子(タオル工場職員)

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
南沙織(初) 17才 尾崎紀世彦(初) また逢う日まで
ピンキーとキラーズ(4) 何かいいことありそうな にしきのあきら(2) 空に太陽がある限り
和田アキ子(2) 天使になれない 美川憲一(4) 想い出おんな
ちあきなおみ(2) 私という女 坂本九(11) この世のある限り
岸洋子(7) 希望 西郷輝彦(8) 掠奪
加藤登紀子(初) 知床旅情 デューク・エイセス(9) 「にっぽんのうた」より いい湯だな~女ひとり~筑波山麓合唱団
青江三奈(5) 長崎未練 五木ひろし(初) よこはま・たそがれ
小柳ルミ子(初) わたしの城下町 はしだのりひことクライマックス(初) 花嫁
藤圭子(2) みちのく小唄 舟木一夫(9) 初恋
島倉千代子(15) 竜飛岬 北島三郎(9) 北海太鼓
トワ・エ・モワ(2) 虹と雪のバラード ダーク・ダックス(14) 白銀は招くよメドレー
由紀さおり(3) 初恋の丘 菅原洋一(5) 忘れな草をあなたに
朝丘雪路(10) 雨がやんだら フォーリーブス(2) 地球はひとつ
雪村いづみ(9) ヒデとロザンナ(2) 望むものはすべて
伊東ゆかり(9) 誰も知らない アイ・ジョージ(12) 自由通りの午後
いしだあゆみ(3) 砂漠のような東京で 村田英雄(11) 人生劇場
本田路津子(初) 一人の手 フランク永井(15) 羽田発7時50分
ザ・ピーナッツ(13) サンフランシスコの女 堺正章(初) さらば恋人
渚ゆう子(初) 京都慕情 千昌夫(4) わが町は緑なりき
都はるみ(7) 港町 三波春夫(14) 桃中軒雲右ェ門
真帆志ぶき(初) 嘆きのインディアン 橋幸夫(12) 次郎長笠
弘田三枝子(8) バラの革命 布施明(5) 愛の終りに
佐良直美(5) 片道列車 鶴岡雅義と東京ロマンチカ(4) 追憶
水前寺清子(7) ああ男なら男なら 水原弘(8) こんど生まれて来る時は
美空ひばり(16) この道を行く 森進一(4) おふくろさん

選考を巡って[編集]

  • 江利チエミが「旅立つ朝」でヒットを出したこともあり、NHK側はチエミ・美空ひばり・雪村いづみ三人娘を久しぶりに揃って出場させ、コーナー企画でジャズでも歌わせようという企画があった。しかし、チエミが前年に引き続き紅白出演を断ったため、ひばりとも親交のあった真帆志ぶきが代わりになり、ミュージカル「アニーよ銃を取れ」の挿入歌「男にゃ負けない」の替え歌を三人で歌った。アニーはチエミがかつて主演したことのあるミュージカルである。
  • 当初出場が決定していた内山田洋とクール・ファイブのメインボーカルだった前川清が急病でダウンしたことでフォーリーブスに振り替えられた。持ち歌「港の別れ唄」は当時の前川の妻だった藤圭子がメインボーカルを担当し、残りのメンバーがバックコーラスを務める形で歌った。
  • 前年の1970年、膠原病に倒れ前回の紅白を辞退した岸洋子が2年ぶりに復帰。昨年大ヒットした「希望」を歌唱したが、翌年の1972年(第23回)以降は紅白出場を果たせず1992年に亡くなったため、同回が岸の生涯最後の紅白出演となった。
  • 橋幸夫舟木一夫西郷輝彦の「御三家」が揃っての最後の紅白出場となった。舟木は翌年に落選し、初出場以来の連続記録が途切れる(翌年に自殺未遂事件を起こしたため)。舟木は21年後の第43回に一回限りながら復帰している。他に伊東ゆかり、坂本九、アイ・ジョージ、デューク・エイセス、ダーク・ダックスといったベテランも翌年は選から漏れた。

主なゲスト[編集]

エピソード[編集]

大トリ・美空ひばりの紹介に際し、長谷川一夫が美空の「むらさき小唄」を踊りながら女形姿で登場。最初は紅白どちらを応援するか両軍を伺っていたが、「“ウーマン・リブ”の世の中ですから」と紅組応援を明言。そして「私の妹姐・美空ひばりでございます。」と美空の登場を高らかに告げた。

この年の12月に結婚式を挙げた坂本九が「この世のある限り」を歌った際、妻の柏木由紀子がゲスト出演し白組全員に二人が囲まれる形の演出となった(坂本はこの年が生涯最後の出場となった(1985年8月12日日航ジャンボ機墜落事故で逝去))。

西郷輝彦が歌った際、途中で歌が終わったと誤解し、紅組バンドのシャープス&フラッツが次の歌手(岸洋子「希望」)の演奏を始めてしまうというハプニングがあった(すぐに誤りに気付き演奏は停止)。

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』幻冬舎、2004年、74~76頁。
  2. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  3. ^ a b 合田『紅白歌合戦の真実』、77頁。


参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]