柏木由紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

柏木 由紀子(かしわぎ ゆきこ、1947年12月24日 - )は、日本女優タレント。本名、大島 由紀子(おおしま ゆきこ)旧姓、柏木

東京都世田谷区生まれ。坂本九音楽事務所所属。玉川学園短期大学卒業。夫は坂本九、長女は大島花子、次女は元宝塚歌劇団舞坂ゆき子

来歴[編集]

三人姉妹の三女で引っ込み思案だったので、母親の勧めでカナリア児童合唱団に所属していたが、小学生5年生の時に劇団若草に入団。2歳年下の酒井和歌子とは劇団同期で家族ぐるみで親しくしていた。 雑誌『女学生の友』(小学館)などのモデルをつとめる。高校生の時に松竹映画『明日の夢があふれている』(1964年)で映画デビュー。その時に共演した三田明の所属事務所の勧めで、翌1965年に『若い真珠』でレコードデビュー。1966年、玉川学園短期大学教養科を中退。TBS放映「東京の人」のヒロインに登用後、東宝テレビ部に所属し、主にテレビドラマでキャリアを重ねる。1969年、『炎の青春』ではマドンナ教師役に抜擢されるなど期待を集めていたが、1970年の『細うで繁盛記』で人気を博する。

1971年、12月8日に坂本九と結婚。結婚後は女優活動を減らしつつ、夫をサポートする形で福祉活動に貢献。『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』では長らく札幌テレビ放送でパーソナリティーをつとめた。

1985年日本航空123便墜落事故による夫の死去後は女優活動の他に講演活動などを手がけている。2004年に娘2人と家族ユニット「ママエセフィーユ」結成。坂本九の楽曲カヴァーを中心に、坂本九の映像や歌声を使った家族4人の共演が話題となる。全国でコンサート活動中。

エピソード[編集]

  • ガレージには生前坂本が乗っていたベンツがあり、ナンバープレートは坂本に因んで「9」であったが、車内に入る位排気ガスの煙が凄かったたこともあり乗ってはいない。

出演作[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

他多数

CM[編集]

映画[編集]

  • 明日の夢があふれている(1964年12月12日、松竹
  • コント55号 俺は忍者の孫の孫(1969年10月10日、東宝) - 鷲塚亜矢子役
  • ブラボー!若大将(1970年1月1日、東宝) - 昌子役
  • 喜劇 負けてたまるか!(1970年6月13日、東宝)
  • 喜劇 おめでたい奴(1971年2月6日、東宝)
  • 必殺! 主水死す(1996年5月25日、松竹)
  • CUTE(1997年4月26日、エヌ・ケイ・ケイ)
  • The Harimaya Bridge はりまや橋 (2009年6月13日、ティ・ジョイ) - クボ夫人役

レコード[編集]

  • 若い真珠/乙女の願い ビクターSV-332、1965年12月
  • 東京の人(三浦洸一)/恋人のいる道 ビクターSV-405、1966年6月
  • 氷点(和田弘とマヒナスターズ) ビクターSV-412、1966年7月
  • 愛の手紙は幾年月(三田明) ビクターSV-438、1966年8月
  • 知られざる湖/信じているわ ビクターSV-653、1968年1月
  • 恋のかけら/わたしはひとりぼっち ビクターSV-760、1968年11月
  • 愛の真珠/愛のひとこと ビクターSV-840
  • 北国のわたしは幸せ/いっしょにあなたと 東宝AS-1017、1970年
  • ごめんなさい/ひやかせないで 東宝AS-1082、1971年
  • 愛をそえて/あなたへつづく風 ファンハウス07FA-1082、1986年
  • 心のリボン/心のリボン(カラオケ) ファンハウスPRF-1012 1987年(テレビ新広島『クイズクロス5』挿入歌。同局からの委託製作盤)

著書[編集]

  • 『上を向いて歩こう』(扶桑社、1986年)

オーディオコメンタリー[編集]

  • DVD『ブラボー!若大将』(東宝、2006年3月20日発売)
    • 岩内克己監督とともに出演。自身の経歴なども含めて語っている。

柏木由紀子を演じた女優[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社、1980年12月31日)「柏木由紀子」の項目、190頁。


外部リンク[編集]