音無美紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おとなし みきこ
音無 美紀子
生年月日 1949年12月26日(64歳)
出生地 日本の旗, 東京都
血液型 B
職業 女優
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1966年 - 現在
配偶者 村井国夫
主な作品
テレビドラマ
お登勢
はるちゃん
備考
身長 164cm 体重 48kg

音無 美紀子(おとなし みきこ、1949年12月26日 - )は、日本の女優東京都出身。所属事務所はオフィスのいり

人物・来歴[編集]

服飾業を営む両親の、6人姉妹の四女として生まれる。頌栄女子学院高等学校卒業。在学中に幼なじみの俳優・地井武男の勧めで1966年劇団若草に入団する。

1967年、青春学園シリーズの『これが青春だ』の最終回でテレビドラマデビュー。続けて『でっかい青春』でレギュラーとなる。

1971年TBS連続テレビ小説『お登勢』に主演に抜擢される。以後、ホームドラマ「はじめまして」「ありがとう」「たんぽぽ」「愛」など数多のテレビドラマに出演する。『東芝日曜劇場』で主演した「もの言わぬ愛」「手紙」では、感動を茶の間に与えた。

1975年に俳優の村井国夫と結婚する。おしどり夫婦としても名高い。村井のことは『でっかい青春』の頃に熱を上げているレギュラー女生徒がいて知っていたが、まったく関心を持っていなかったという。村井-音無の間には男女1人ずつ子があり、娘の村井麻友美も女優として活動している。妹も元女優音無真喜子

38歳の時に乳がんを患い、全摘した。その後、うつ病にも悩まされる。生きる意欲を無くして死にたいと思ったことも何度かあったが、失意のどん底にいる時支えてくれたのは家族、そして健康の大切さを知ったという。

趣味はモダンダンス、ギター、料理、茶道、華道。日本舞踊・藤間流の名取で、時代劇や舞台でも活躍する。

2011年12月、東日本大震災支援活動「音無美紀子の歌声喫茶」を立ち上げ、被災地でチャリティ公演などを行っている。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

著書(共著)[編集]

  • 村井国夫・音無美紀子『妻の乳房 -「乳がん」と歩いた二人の十六年』(光文社、2004年5月21日) ISBN 978-4334974497

外部リンク[編集]