早春物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

早春物語』(そうしゅんものがたり)は、赤川次郎の小説。これを原作として1985年に映画が、1986年にTBSでテレビドラマが制作された。

小説[編集]

1985年に角川書店から出版された(カドカワノベルズ、角川文庫)。

映画[編集]

早春物語
監督 澤井信一郎
脚本 那須真知子
原作 赤川次郎
製作 角川春樹
市村一三
出演者 原田知世
林隆三
田中邦衛
音楽 久石譲
石川光
主題歌 原田知世
早春物語
撮影 仙元誠三
編集 西東清明
製作会社 角川春樹事務所
配給 東宝/角川春樹事務所
公開 日本の旗 1985年9月14日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.5億円(配給収入[1]
テンプレートを表示

角川映画10周年記念映画。原作とはかなり違う内容となっている。

ストーリー[編集]

17歳の高校生・沖野瞳は、春休みに写真部の撮影で、ひとり地元の鎌倉を巡るうち、梶川という中年男と出会う。数日後、瞳は東京で、別れ際に教えられた梶川の会社を訪ねる。そして、誘われるままパーティに同伴し、梶川の大人の魅力にほのかな恋心を抱く。しかし、亡き母の命日に、母のアルバムから梶川の写真を発見してしまう。瞳の母はかつて、梶川に捨てられたのだった。瞳の中で、梶川への疑念と恋心が交錯する……。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

受賞[編集]

同時上映[編集]

二代目はクリスチャン

テレビドラマ[編集]

早春物語〜私、大人になります〜』(そうしゅんものがたり わたし、おとなになります)のタイトルで、TBS系列で1986年5月23日 - 7月18日に放送された。

17歳の高校生・沖野瞳は、高校の部活を終えて帰宅した際に、とある男性よりかかってきた電話に出たことからストーリーが始まる。その男性こそ、梶川真二であった。実は梶川は瞳の姉・光子と交際していたのだが、梶川から光子への電話を、母・栄枝への電話と勘違いしたのである。沖野家の平和を守るため、母との交際を辞めさせるべく、梶川と光子とのデートの待ち合わせ現場へと向かう。そこで梶川に出会った瞳は、光子の妹であることを隠してしまう。梶川は大手建設会社のエリートサラリーマン。専務の覚えめでたく敏腕ぶりを随所に発揮していた。多忙を極めていた梶川にとって瞳との出会いは新鮮なものであった。そして瞳に魅かれ始めた梶川は、東京近郊のドライブや沖縄・札幌への仕事に瞳を誘い、瞳も梶川の大人の魅力にいつしかあこがれや恋心を抱くようになる。梶川が瞳に魅かれるようになったことを知った、梶川の前妻・美沙子は瞳の前に現れ、恋路の邪魔を図る。そんな折、瞳は同級生・真知子が、駅伝部の顧問・横谷と不倫の関係にあることを知る。また、梶川も恋人である瞳の姉・光子との交際に区切りをつけようとしていた。瞳は自分の恋心を確認するため、梶川の自分への思いが愛なのかどうかを確認するため、梶川のマンションへと向かう……。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • Dance Beatは夜明けまで」荻野目洋子
  • 挿入歌 - 「ベルベットの悪戯」荻野目洋子、「愛をそえて」柏木由紀子

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. ときめいて17歳
  2. このドアを開ければ…
  3. ファースト・キッス!
  4. あの人に逢いたい!
  5. 抱きしめられて…
  6. わたしを愛して!
  7. あのひとに愛人が!
  8. 私を連れて逃げて!
  9. 愛と青春の旅立ち
TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
大人になるまでガマンする
(1986.4.11 - 1986.5.16)
早春物語
(1986.5.23 - 1986.7.18)
男女7人夏物語
(1986.7.25 - 1986.9.26)

脚注[編集]

  1. ^ 1985年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]