上を向いて歩こう〜坂本九物語〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上を向いて歩こう〜坂本九物語〜』(うえをむいてあるこう〜さかもときゅうものがたり〜)は、坂本九の一生を描いたテレビ東京制作の単発2時間ドラマである。

放送された2005年8月は、日本航空123便墜落事故(1985年8月12日発生。坂本九も犠牲となる)から20年を経過するため、8月12日に事故のドキュメンタリーと再現ドラマを組み合わせた特別番組TBSフジテレビで放送された(テレビ番組参照。TBSの『ボイスレコーダー』のドラマ部分では事故後、九への追悼として持ち歌が流れるシーンがある)。本作はそれらに続く番組と紹介する新聞やテレビ情報誌があったが、本作は核心の事故部分に関してある程度脚色しているため、注意が必要である。

ビクターエンタテインメント(※坂本九はEMIミュージック・ジャパンを経て、晩年はファンハウス所属)より、DVDソフトが発売されている。

あらすじ[編集]

1941年に川崎で出生した坂本九(当初の本名:さかもとひさし)は、高校生の時にエルヴィス・プレスリーの物真似で人気者となり、その後バンドのメンバーとして芸能界デビューした。1961年に「上を向いて歩こう」の大ヒットで一躍スターダムに躍り出る。1970年代初頭、女優として人気上昇中であった柏木由紀子と出会い結婚。長年取り組み、特に晩年力を入れていた福祉活動、そして1985年の航空機事故で急逝し、柏木が九の亡骸と対面する所までが描かれた。

この作品では劇中、他系列である札幌テレビ日本テレビ系列)の『ふれあい広場・サンデー九』も、同局の資料提供により再現されている。

坂本九の10代後半(青年期)から40代(壮年期)まで山口達也が通して演じた。

坂本の最期の描かれ方[編集]

この作品はおおむね事実を基に描かれているが、一部フィクションを織り交ぜている。その中で特筆するのは坂本の最期についてである。

ドラマでは1985年8月12日朝、坂本は自宅を出てNHKのFM収録後、友人に会うため大阪行きの航空機に搭乗し、航空機事故で亡くなるとなっている。

しかしながら、このドラマでは墜落した航空機の当事者である日本航空の社名(「日本航空」「日航」「JAL」など)を一切台詞劇中劇の台詞も含む)に出さなかった。また、このドラマでは小宮勝広マネージャーの妻が「夫(小宮)は早い便に変えようとしたために一足早く羽田へ行ったのね」と言っていたが、この発言もフィクションである[1]。小宮が一足早く羽田へ行った実際の理由は、坂本が事故の多い日航機から全日空機に搭乗便を替えてほしかったからであり、制作・放映したテレビ東京民放局在京キー局)であるため、スポンサー問題との兼ね合いもあって小宮マネージャーの行動をフィクションにし、航空会社の社名を一切出さなかったものと思われる(ただし、他局の報道・情報番組では当時先述のことが紹介されている。)。なお、一部のニュース映像についてはJALが書かれている主翼を映した映像を除きそのまま流されていた。

ただ、この作品はあくまで事実を基にしたフィクションのドラマであり、ドキュメンタリードラマではない。またこの作品は坂本の生涯が中心で、亡くなった原因となった日本航空123便墜落事故を主眼に置いていないため、この作品ではあえて簡略化したとも考えられる。

キャスト[編集]

  • ナレーション - 赤平大(テレビ東京アナウンサー(当時))

スタッフ[編集]

放送局[編集]

2005年8月21日テレビ東京系列ほかで放送された。

脚注[編集]

  1. ^ 坂本の妻・柏木由紀子はこのドラマの原作本である著書『上を向いて歩こう』(扶桑社)の中で、小宮の妻が「夫は全日空に換えようと駆けずり回っていたんだと思う」と発言していたと記述している。
  2. ^ 劇中の一部に、義野が音楽を担当していたドラマ『相棒』からの流用曲があった。

外部リンク[編集]