岩谷時子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩谷 時子
誕生 岩谷トキ子
1916年3月28日
京城府朝鮮
兵庫県西宮市
死没 2013年10月25日(満97歳没)
東京都
職業 詩人、作詞家、翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 神戸女学院大学部英文科
活動期間 1951年 - 2013年
ジャンル 作詞、翻訳
代表作 愛の讃歌
サン・トワ・マミー』 他
主な受賞歴 勲四等瑞宝章1993年
文化功労者2009年
パートナー 越路吹雪
公式サイト 岩谷時子音楽文化振興財団
テンプレートを表示

岩谷 時子(いわたに ときこ、1916年大正5年)3月28日 - 2013年平成25年)10月25日)は、日本作詞家詩人、翻訳家。本名:岩谷 トキ子(読み同じ)。歌手・越路吹雪マネージャーを務めたことでも知られる。

略歴[編集]

越路吹雪と歩んだ半生[編集]

1916年京城府(現在のソウル特別市)生まれ。先祖幕末維新に「石見尊徳」と敬われた島根県大田市篤農家・岩谷九十老[1][2]。5歳の頃に兵庫県西宮市に移住。西宮市立浜脇小学校西宮市立安井小学校、西宮市立西宮高等女学校(現・西宮市立西宮高等学校)を経て、神戸女学院大学部に進学。1939年に神戸女学院大学部英文科を卒業後に、宝塚歌劇団出版部に就職。宝塚歌劇団の機関誌である『歌劇』の編集長を務めた。

そうした中、偶然宝塚歌劇団編集部にやってきた当時タカラジェンヌで15歳の越路吹雪と出会う。2人は意気投合し、越路の相談相手となる。越路が宝塚歌劇団を退団して歌手になりたいと相談したとき、岩谷も退職を決意。共に上京し、越路の付き人を務めた。その後、自らが作詞家として成功しても自分の本業を聞かれるたび「越路吹雪のマネージャー」と答えていた。

1951年から1963年までは東宝文芸部に所属。会社員として働く傍ら越路をサポートし、越路が死去するまでの約30年間、マネージャーとして強い信頼関係で支え続けた。しかし、あくまで「越路が好きだから支えていた」という岩谷は、越路が亡くなるまでマネジメント料としての報酬は1円も受け取らなかった(第29回菊田一夫演劇賞授賞式において、岩谷時子を演じた高畑淳子が証言)。

越路吹雪とのエピソード[編集]

時子と越路が初めて接触したのは、当時新人だった越路が自分のサインの見本を書いてほしいと時子に相談を持ちかけたときだった。このとき2人でつくったサインを越路は終生使い続け、越路が忙しくなってからは時子が「代筆」することもよくあったという。

その後、時子は気づけば越路の付き人の役割を担っており、ある日の舞台が終わったあと、越路は不器用ながらも小道具の手入れをする時子を見て、「時子さんもどこか抜けているし、私も抜けている、二人でやっと一人前だよね」と言ったという[3]

宝塚時代から、靴や洋服など欲しいものがあればどんどん買ってしまい、よく給料を前借りしていた越路は、東宝に移籍するときには歌劇団に借金が残っていた。その浪費癖を重々承知していた時子は、1978年、越路がパリへアルバムのレコーディングに赴くにあたり、レコード会社の担当ディレクターに「(所持金が)足りなくなったら使ってほしい」とこっそり現金を託した、という話も残っている。

越路はリサイタルの直前は極度の緊張におそわれたという。そのため、緊張を紛らせるために煙草を燻らせ、コーヒーを飲んで、リサイタルに臨んでいた。ステージに出る際は緊張も極限に達し、マネージャーである時子から背中に指で「トラ」と書いて貰い、「あなたはトラ、何も怖いものは無い」と暗示をかけて貰ってからステージに向かっていた。

越路が胃がんで入院した後も、もう一度舞台に立たせたいと強く願っていた時子は越路から睡眠薬タバコをとりあげることに必死だった。それにもかかわらず、越路の夫の内藤法美は妻である越路が病床でタバコを吸っていても大目に見ていた。「いまの越路吹雪には厳しい愛が必要だ」と考えていた岩谷にとって、これは許しがたいことであり、3度目の入院を前に時子は越路のもとを訪れ「内藤さん、あなたに甘いんじゃないの。あなたもあなたよ。睡眠薬もタバコもやめなけりゃあ、胃の痛みは治らないって、お医者さまもおっしゃったでしょう。もし、あなたが私のいうこと守れなかったら、私はあなたの仕事からいっさい手をひかせてもらうわ」と一対一で話し、その日から越路は睡眠薬をやめたという[4]

作詞家として[編集]

マネージャーとして活動する一方で、1952年に越路が出演していたシャンソンショー「巴里の唄」の劇中歌として『愛の讃歌』で時子にとって自身初めてとなる訳詞・作詞をした[5]。以降、『愛の讃歌』をはじめとする越路が歌うシャンソンの訳詞を手がけたのをきっかけとして作詞家・訳詞家としても歩み始める。ザ・ピーナッツ恋のバカンス』や加山雄三君といつまでも』、ピンキーとキラーズ恋の季節』、園まり逢いたくて逢いたくて』など数多くのヒット曲を生み出してきた。

一方、オリジナルの詞にとらわれず独自の解釈で詞を当てることもある。例としては、エディット・ピアフが歌った『愛の讃歌』は元の歌詞が「愛のためなら盗みでもなんでもする」という背徳的な内容であるのに対し、時子訳詞では一途な愛を貫くという讃歌になっている。美輪明宏が時子にそのことを訊ねたエピソードがNHK人間講座「美輪明宏愛と美の法則(2005年3月21日)」で放映された。

晩年の時子[編集]

  • ミュージカル『ミス・サイゴン』の訳詞を手がけたことがきっかけで、同作品に主演した本田美奈子と親交を深める。本田の才能を「越路の再来」と高く評価し、数多く詞を提供した。偶然にも、本田が死去する直前、足を負傷して本田と同じ病院に入院。ボイスレコーダーを通して、当時無菌室に入っていた本田を激励した。
  • 仕事場として帝国ホテルの一室を利用していた。
  • 1993年 勲四等瑞宝章受章
  • 2008年 「作詞家岩谷時子の世界」放送(NHK)
  • 2009年7月7日 『一般財団法人 岩谷時子音楽文化振興財団』設立
  • 2009年10月、平成21年度文化功労者顕彰
  • 2010年4月、岩谷時子賞創設
  • 2013年10月25日、肺炎のために東京都内の病院にて他界[6]。97歳没。戒名詞玉院超世時空大師(しぎょくいんちょうせいじくうたいし)。

主な作品[編集]

作詞(歌謡曲)[編集]

訳詞[編集]

作詞(合唱曲、校歌、その他)[編集]

著書[編集]

  • 『愛の讃歌 岩谷時子作品集』山梨シルクセンター出版部 1967
  • 『あなたのために』サンリオ山梨シルクセンター出版部 1970
  • 『愛と哀しみのルフラン』講談社 1982 のち文庫
  • 『人生はすぎゆく 自選百詞集』シンコー・ミュージック 1993
  • 『夢の中に君がいる 越路吹雪メモリアル』講談社 1999

翻訳[編集]

  • ジュリー・アンドリュース『偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき』ティビーエス・ブリタニカ 1979
  • ジュリー・アンドリュース『マンディ』ティビーエス・ブリタニカ 1979
  • カーラ・カスキン作 マーク・サイモント絵『オーケストラの105人』ジー・シー 1985
  • カーラ・カスキン作 マーク・サイモント絵『ダラスタイタンの月曜日』ジー・シー・プレス 1987
  • ウォリック・ハットン 構成・絵『アダムとエバ 旧約聖書・創世記より』ジー・シー・プレス 1988
  • ウォリック・ハットン 構成・絵『美女と野獣』ジー・シー・プレス 1988

伝記[編集]

  • 田家秀樹『歌に恋して: 評伝・岩谷時子物語』ランダムハウス講談社 2008

岩谷時子を演じた女優[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石見びと岩谷時子 - 天風録”. 中国新聞 (2013年11月2日). 2013年11月5日閲覧。
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『岩谷九十老』 - コトバンク
  3. ^ 『夢の中に君がいる 越路吹雪メモリアル』(越路吹雪/岩谷時子、1999年講談社
  4. ^ 『聞き書き 越路吹雪 その愛と歌と死』(江森陽弘1981年朝日新聞社
  5. ^ 作詞家・岩谷時子さん死去 「愛の讃歌」「君といつまでも」などのヒット曲ZAKZAK 2013年10月28日
  6. ^ 「君といつまでも」の岩谷時子さん死去 日刊スポーツ 2013年10月28日閲覧

外部リンク[編集]